【フリーレントとは】基礎知識と仕組み、メリットとデメリットについて解説

解体工事

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

賃貸物件を探している人であれば、一度は見聞きしている【フリーレント物件】【フリーレント】という言葉ですが、どのような仕組みなのか分からない人も多いようです。

フリーレント物件なんて見たことがないという人も多いはずです。

賃貸物件を探していると見かける【フリーレント】、直訳すると「賃料無料」になり、いって期間の賃料が無料になる物件です。

頻繁に出てくる言葉ではないので、本来の意味を知らない人がほとんどですが、賃貸物件を借りる際、お得に借りることができる【フリーレント】について、仕組みやメリット・デメリットなどの基礎知識を詳しく解説します。

これから賃貸物件を探す人は【フリーレント物件】も検討してみてはいかがでしょうか?お得に賃貸物件を借りることも可能です。

「フリーレント」を知らないと物件探しで損をする?

賃貸物件を利用する際、家賃が一定期間であっても無料になることは誰にとっても嬉しいことです。

賃貸物件に入居するには、いろいろな費用がかかります。

少しでも費用を抑えたいという人に、フリーレント物件は嬉しい情報であり、すぐにでも契約をしたいと思うでしょう。

「タダには気をつけろ」などといわれることもあるように、タダ物件だからと喜ぶことができるのでしょうか?なぜフリーレント物件が存在するのか気になる人もいます。

入居したら問題発生、実際はタダではなかった、そのような事が起きるのではないかと心配する人もいるはずです。

フリーレント物件はお得な物件であるので、頻繁にみることはありません。

フリーレント物件のことを理解して探すことで、お得な物件に入居することが可能なので、フリーレント物件を知らないと物件探しで損をすることになります。

「フリーレント」基礎知識とは

情報量が少ないフリーレントについての基礎知識を覚えましょう。

どのような物件がフリーレント物件に該当し、なぜフリーレント物件を不動産会社や大家さんは出すのか、理由を知ることができます。

一定期間家賃が無料にできる

フリーレントは、先に紹介しましたが「賃料無料」の賃貸物件です。

入居から退去まで賃料が無料ということではなく、一定期間または条件を守ることによって一定期間の賃料が無料になる物件が、フリーレント物件です。

フリーレントになる物件の条件は、物件を所有する大家や不動産を管理する不動産会社によって異なります。

フリーレント物件を見つけた場合、まずは不動産会社に条件等を確認をしましょう。

「フリーレント物件」が存在する理由

フリーレント物件は、借主のメリットが大きいと感じ、貸主側にはメリットがないように見えますが、実際には借主貸主どちらにもメリットやデメリットがあります。

フリーレント物件の理由として多いのが「空き物件」です。

さまざまな理由により空き物件となった部屋に早く入居してもらうため、フリーレントで入居してもらうという考え方です。

引越しなどの人が少なくなる閑散期に設定する場合が多く、繁忙期になるとなくなってしまうこともあります。

レア物件ということもあるので、ネット上ではみつからないこともあります。

「フリーレント物件」の仕組み

フリーレント物件が存在する理由は分かりましたが、どのようにしてフリーレントを決めるのでしょうか?

フリーレント物件の仕組みと共に紹介します。

フリーレントを設定できる理由

フリーレントで一定期間であっても、賃料を無料にしてしまうことで貸主は賃料収入がなくなります。

それでもフリーレントの設定をする理由は「空き部屋を作らない」ためです。

引っ越しシーズンである春先に入居者がいない部屋は、その後も入居者を期待することができません

この時期に入居者が決まらなければ、1年間空室のままになってしまうこともあり得ます。

1年間入居者がいないよりも、家賃収入が少なくなっても入居者がいたほうがいいと考え、フリーレントを設定するのです。

他の部屋の人と不公平にならないのか?

フリーレント設定は入居後数か月であっても賃料や無料になるので、他の部屋の入居者に不公平ではないかと思うかもしれません。

フリーレント以外では、家賃を下げることによって入居者を募集する方法がありますが、毎月の賃料を下げることの方が不公平であり、下げたことが分かり問題になってしまった方が大変です。

家賃を下げたことで物件の価値が下がってしまう可能性もあるので、一時的に家賃をゼロにしてしまう方が、結果的に大家さんにとってデメリットが最小限で済みます。

フリーレントになりやすい物件とは

フリーレント物件を探す場合、空き物件がなければフリーレント物件になることはありません。

空き部屋になってしまう賃貸物件はどのような物件が多いのでしょうか?

投資物件

投資物件として賃貸住宅を購入している大家さんは、空き部屋が発生=収入が減る投資額を回収することができなくなります

1年間の空きを作ってしまうことは問題であるため、フリーレント物件にしてでも入居者に入ってほしいと思います

人気がない物件

駅から遠い・日当たり・築年数など、人気がない物件は引っ越しシーズでなくても入居する人がいないことが多いので、入居してもらうために、フリーレントにして一定期間の入居をしてもらうこともあります。

フリーレントになる場合、閑散期以外にも見つけることができる物件も多いです。

選択肢が少ない

フリーレント物件は基本的に物件数が少ないので、物件自体の比較をすることができません。

フリーレントに関する詳細情報などは比較することができるので、同じ物件を異なる不動産会社に相談したりすることも可能です。

いわくつき・事故物件

フリーレントになる物件は、いわくつき物件や事故物件が多いと思っている人もいるようです。

フリーレントにする物件は、閑散期に入居者が決まらない、立地条件の問題等が多く、いわくつき物件や事故物件などはほとんどありません。

ただし、知られていないだけでそのような物件だったということもあり得るので、気になる方は十分なチェックをしたうえで契約をしてください。

新築物件

新築物件はすぐに入居者が埋まってしまうイメージがありますが、完成時期によっては入居者がつかずに、空き状態になってしまうこともあります。

新築物件では、空き部屋を残さないようにするために、フリーレントをつけることが多いので、新築物件を安く借りることができるチャンスです。

すべての新築物件に該当するわけではないので、注意をしましょう。

交渉も可能?

フリーレント物件ではなくても、フリーレントをつけることもできるケースがあります

交渉時期が重要で、閑散期4月~12月に行うのがおすすめです。

閑散期は契約が取れないことが多いので、不動産会社の営業マンに相談をしてみると条件などもありますが、フリーレントを検討してくれる可能性もあります

交渉しても、フリーレントにならない事の方が多いので、条件が整っていれば交渉をしてみましょう。

フリーレントのメリット・デメリット

フリーレントは借主貸主どちらにとってもメリットがありますが、メリットだけではなくデメリットがあることも忘れてはいけません。

フリーレントのメリットデメリットを紹介します。

メリット

貸主側

貸主側のメリットは、空き物件がなくなることが一番大きいです。

短期間ではありますが収入はないですが、長い目で見れば損をすることがないのがメリットになります。

  • 空き物件がなくなる
  • 家賃の値下げをしなくていい
  • 長期的に損をしない

借主側

借主側の最大のメリットは、初期費用を抑えることが可能になることです。

引越しは費用がかかるので、できるだけ初期費用を抑えたいと思います。

フリーレントの期間は家賃が不要になるので、引越しの際にある二重家賃の問題も解決します。

  • 初期費用または数か月分の費用をが抑えられる
  • 二重家賃が発生しない

デメリット

貸主側

デメリットとして、フリーレントをしても必ず入居者が決まるとは限らないということです。閑散期に多いフリーレント物件は、同じフリーレント物件と比べてマイナス要素が多ければ、見向きをされないこともあります。

フリーレント物件は、いわくつき物件や事故物件ではないかと思われる場合が多く、借り手がつかないこともあるので注意が必要です。

  • フリーレントを設定しても決まらない
  • 怪しまれることがある

借主側

フリーレント物件は「短期違約金」が発生する場合があります。

半年や1年などの短い期間で解約すると違約金が発生する可能性があるという契約です。短期入居の予定がある場合は、フリーレントを利用できない可能性もあるので、契約前に必ず確認してください。

いわくつき物件や事故物件などもフリーレントにすることもあるので、注意が必要です。

  • いわく付き物件
  • 「短期違約金」が発生する可能性がある
  • 選択肢が少ない

<h2>「フリーレント物件」を契約する際の注意点

フリーレント物件を見つけて契約をする場合、どのようなことに注意が必要なのでしょうか?

注意点を確認しましょう。

フリーレント期間

フリーレント物件のフリーレント期間は、大家さんによってまちまちです。

通常フリーレント期間は1ヶ月がほとんどでありますが、2ヶ月無料のフリーレント物件もあります。

不動産会社によっては、大家さんの条件にプラスしてフリーレント期間を延長している不動産会社もあるので、同じフリーレント物件でも条件が異なる場合があるので、いくつかの不動産会社をチェックするようにしましょう。

おとり物件

フリーレント物件は数が少ないので、見つけたらすぐに連絡を取らなければいけないと思って問い合わせたが「既に申し込みが入ってしまった」といわれたことがある人もいるはずです。

まれかもしれませんが、存在しない物件の掲載しておく「おとり物件」の可能性もあります。

集客を増やすため、既に申し込み済みの物件の消し忘れなど理由もありますが、他の物件を無理矢理紹介される可能性があるので注意しましょう。

短期違約金

契約条件によっては、短期間で退去をした場合に短期違約金として違約金を支払うことになるので、契約前に短期違約金についてのチェックが必要です。

まとめ:フリーレント物件はお得な物件!物件の情報・条件をチェックした上で選ぼう!

フリーレント物件について紹介しました。

フリーレント物件は、引っ越し時にかかる初期費用を抑える方法として利用することができます。

しかし、フリーレント物件は物件数が少ないので、出会うチャンスは少ないです。

タイミングが合い、自分の希望する条件に合ったフリーレント物件に出会った時には、契約条件をチェックして契約してみるのもおすすめです。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

執筆者情報

解体の窓口・編集部

解体の窓口・編集部です。 解体工事に関することはもちろん、 解体後の土地や建物の処分から法律・税金まで、 あらゆることを、プロの目線で解説していきます。 お気軽にお問い合わせくださいね。

解体工事
【解体の窓口】
タイトルとURLをコピーしました