建売住宅と注文住宅、自分に向いているのはどっち?それぞれの特徴を徹底比較!

建て替え

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

マイホームを新築しよう、購入しようと考えたとき、「建売住宅、注文住宅、どちらが良いの?」という悩みは永遠のテーマです。そもそもどのような違いがあるかというところから知りたいですよね。

もっとも重要なのは、どちらが良いかではなく、どちらが自分の希望に合っているかということです。それを判断するために、今回は建売住宅・注文住宅の特徴やそれぞれのメリット・デメリットを挙げ、徹底的に比較していきましょう。

建売住宅とは

その名の通り「建てられたものが売られている」住宅です。最大の特徴は「土地と建物がセットになって売られている」ため、土地探しから始めなくてもいいというメリットがある点です。

反面、自分の希望やこだわりを差し挟む自由度がほとんどなく、すでに存在している住宅で気に入った・希望に沿っているものを「選ぶ」という購入の仕方になります。

住宅が完成した状態で販売されている場合と、建築中から販売されている場合の2パターンがありますが、いずれにしても基本的な外装・内装・設計などはあらかじめ決まっていることがほとんどです。

建築中から売られている場合、オプションの変更などで多少の自由度はありますが、やはり限られた範囲内での選択肢となるでしょう。

また、建売住宅はまとまった土地が分譲され、同じような工法・仕様・規格で複数棟(場合によっては数十~数百棟)が並んで販売されるため、見た目のそろった美しい街並みになるという特徴もあります。それもあって、利便性の高い土地に建売住宅がずらっと並ぶということも多いのです。

注文住宅とは

ハウスメーカーや工務店に設計と工事を依頼し、オーダーメイドで一から建てる住宅です。

間取りや外装・内装・設備に相当なこだわりがあり、じっくりと練り上げて建てていく自由度と楽しみがありますが、土地探しから始めなければいけないなど、するべきことが多くなるという特徴があります。

ちなみに、全くの自由というわけではなく、ある程度規格化されたものから選んで細かいことは好みで決めていく、というセミオーダー形式もあります。

建売・注文住宅~費用面での違い~

建売住宅の費用

前述したように、建設会社が土地をまとめて購入し、建売住宅は同じような工法・仕様で複数棟まとめて建てられることが多いため、「土地や建材を一括で購入できる」「工程などの打合せにかける時間が少なくなりその分の人件費が浮く」「工程自体も効率化できるため人件費が削減できる」といった理由から、何事も効率的に進めることができます。

そこから総合的にコストダウンにつなげられるため、一般的には注文住宅よりも安く購入できることが多いのです。

建売住宅が安価なのは「注文住宅よりも品質や設備のグレードが低いからなのではないか」と思われがちですが、実際には上記のような理由が大きくあるため、住宅としての格が低いわけではないのです。

注文住宅の費用

注文住宅には、自分の予算や法令の範囲内であれば、間取り・デザイン・設備のグレードなどを自由に設計できるため、予算が大きければ大きいほど自由度も大きくなります。

しかし言い換えると、住宅一棟としての決まった価格が存在していないため、こだわりを突き詰めれば突き詰めるほど価格は大きくなっていきます。

気がつけば予算オーバー、ということにもなりかねないため、注意が必要です。

しかしここには、建材や設備のグレードなどから自分の意見を反映することができるため、調整しやすいという面もあります。どこに費用をかけるか、どこにはこだわらなくてもいいか、という力を入れる部分を考えてメリハリをつければ、そこまで高価でなくても十分理想の家を実現することは可能といえるでしょう。

もうひとつ、注文住宅の場合は建材も選ぶことができるため、自然素材など一般的な建材よりもメンテナンスがまめに必要なものを採用することが出てきます。そうすると建売住宅よりメンテナンスにかかる費用も、必然的に高くなりがちです。

しかしこちらも逆にいえば、メンテナンスに手がかからないものを選ぶようにすれば、場合によっては建売住宅よりも安上がりで済ませられる、ということも考えられます。

費用面を比較した結論

一般的には建売住宅の方が安く上がりそう、というイメージがあり、たいていの場合そのイメージは間違ってはいないといえますが、注文住宅でも予算をきちんと決めてその範囲内でメリハリをつけた設計にすれば、建売住宅と差が出ない、場合によっては建売よりもコストダウンがはかれることがあります。

よって、どちらが安いとは一概に結論は出ないでしょう。

建売・注文住宅~自由度の違い~

建売住宅の自由度

前述したように、建売住宅はすでに完成した状態もしくは建設中に売られているため、自分の好みやこだわりを反映させるすべはほとんどないといえます。自由度については注文住宅に比べて著しく低い、またはほぼないと考えなければいけないでしょう。

注文住宅の自由度

注文住宅にはフルオーダーだけでなくセミオーダーもありますが、基本的には自分の意見やこだわりを最大限に活かすことができます。間取りや設備・外観・内装に理想があるのなら、とことんまでこだわって理想の家を作ることも不可能ではありません。将来のことも見越しての設計にすれば、老後も大規模な改築を行わなくても快適な生活が続きます。

また、自分の土地を所有してそこに新築するのであれば別ですが、たいていの場合は土地探しから始めるため、立地選択の自由度も高いといえるでしょう。

自分にとって便利な場所に土地を購入し、住みたいと望む家を建てることは、憧れのマイホーム購入の際には欠かせない条件であるという人には、ぴったりといえますね。

自由度を比較した結論

注文住宅の最大のメリットは「自由度が限りなく高い」ということです。建売住宅は、まだ建設中であれば建物の構造に関わりない部分に限り軽微な変更程度は可能ですが、やはり自由度は注文住宅に比べて極度に低いといえるでしょう。

注文住宅の自由度の高さはもちろんメリットと考えられますが、ある程度の希望はあるものの、間取りや設備などにそこまでこだわりがなく、ひとつひとつを自分たちで考えて検討していく手間はかけられないという人には、建売住宅がおすすめといえます。

建売・注文住宅~入居までの段取り・期間の違い~

建売住宅の入居までの段取り

自分の希望する間取りや設備などがある程度形になり、予算まで固まったら、それに合う物件探しをスタートします。

インターネットやチラシなどで情報を収集し、すでに完成しているものであれば現物を、建築中であればモデルハウスなどを実際に見に行って、確認します。

購入を決めたら、売買契約を結んで住宅ローンの審査を受け、問題なく進めば引渡しとなります。引渡し時の立合いの際には「竣工調査」があるので、そのときに不具合などがないかチェックをします。

建物が完成済であれば、1ヶ月ほどで入居までの段取りが進んでしまうこともあります。建売の場合はとにかく入居までの期間が短くて済むため、たとえば転勤や入学などで住宅購入を急ぐ人にとっては大きなメリットとなりえるでしょう。

注文住宅の入居までの段取り

これまで述べてきたように、注文住宅は何もかもが「一から」というものであるため、すべきことや決めることが多く、建売住宅購入に比べると住居完成・入居までかなりの時間を要します。

まず着手することは、「土地探し」と「設計・建築をお願いする施工会社探し」、ここからです。土地と建物がセットになって売られている建売住宅との最大の差異が、スタートから現れていますね。

土地探しにも相当な時間がかかると考えておきましょう。希望に沿う土地が見つかったあとも、施工会社と建築工事請負契約を結んで綿密な打合せを何度も繰り返していくため、施工開始までもかなりの期間になります。

土地探しから始めて、入居まで1年以上かかるケースもあるため、注文住宅購入を考えるのなら早めの着手をおすすめします。

入居までの期間を比較した結論

建売住宅は、ローンの審査さえ通れば1ヶ月ほどで入居できることもあるほど、短期間で購入を実現することができます。まだ建設中の建売住宅であれば数か月かかることもありますが、それでも一から設計や建築を始める注文住宅よりは短く住むことがほとんどです。

長い時間がかけられない場合は、建売住宅を選んだ方がいいケースも多いといえます。

建売住宅のメリット・デメリット

建売住宅のメリット1:建築コストの安さ

ここまで述べてきた通り、一般的には建売住宅の方が注文住宅よりも建築費用を安く抑えられるという点を最大のメリットと感じられる人は多いでしょう。

しかも安いからといって、注文住宅よりも住宅としての品質が劣るということではないのです。そことは別の部分でコスト削減が可能になる要素が存在しているというだけのことです。

ある程度希望に沿った住宅が建売で見つけられるのであれば、非常に有効なメリットといえます。

建売住宅のメリット2:住んだときのイメージがわきやすい

すでに完成している建物を自分の目で確認してから購入できるため、生活動線など実際に生活したときのイメージがわきやすいというメリットもあります。

住んでみてから「こんなはずではなかった」と後悔する可能性は、注文住宅よりも著しく低くなるといえます。

建売住宅のメリット3:立地が良いことが多い

建売住宅が建てられる土地は、建設会社が一括して購入するため、土地の利便性などもあらかじめ考慮されていることがほとんどです。そのため、建売住宅はたいてい便利な立地に並んでいるものです。

住みたい場所にこだわらず、便利でさえあれば満足という場合であれば、労さずして利便性のいい立地で生活ができるため、土地探しの面倒も解消されるでしょう。

建売住宅のデメリット1:工事の途中経過が見えない

建売住宅はすでに完成しているものを購入することがほとんどであるため、施工の途中過程を確認することができません。そのため、もしも手抜き工事などをされることがあったとしても、なかなか気づくことができないというデメリットがあります。

また、途中過程が見えないということは外装・内装・設備など目に見えるところは確認できても、耐震構造など見えない部分はわかりにくいという点も、不安に感じられる人はいるでしょう。

工事途中もそうですが、そもそも建物が建っている土地の状態も見られません。もしも軟弱な土地だった場合は地盤改良が必要ですが、建売の場合はそういうわけにもいかないため、こちらも不安要素のひとつとなる可能性はあるでしょう。

建売住宅のデメリット2:個性を出しづらい

「自由度が低い」という点の延長という点で、周囲の住宅と同じような家になってしまい、没個性的になりがちというところをデメリットと感じる人もいるでしょう。

建売住宅はコストを抑えるために、まとまった土地に同様の工法や仕様で複数棟建てられることが多いものです。その結果、同時に建てられる家の外観にある程度の統一性があらわれます。街並みの調和という点では良くても、個性を出すことは難しいのです。

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅のメリット1:自由度が高い

やはり自分の希望・好み・こだわりをほぼ叶えられるという点が、注文住宅の最大のメリットといえるでしょう。予算と法令の範囲内であれば、理想通りの住宅に近づけることも可能です。じっくりと計画を練り、施工会社と打合せを何度も行って進めていくことが苦ではないどころかそれを求めるような人にはおすすめです。

注文住宅のメリット2:建築の途中経過を確認できる

建売住宅のデメリットの裏返しになりますが、一から住宅づくりに関われるため、工事現場に直接赴いて工事途中の様子も自分の目で確かめられるという安心感があります。

注文住宅のデメリット1:費用が高くつく傾向がある

こだわればこだわるほど購入費用は高くつく、という点についてお話しましたが、他にもオーダーメイドゆえに工期が長くなりがちなため、その分の人件費もどんどんかさむ恐れがあります。

全体的に建売住宅よりも高額になる可能性は多いので、設計段階で十分な検討・計画が必要となるでしょう。

また、建築会社の選び方にもポイントがあります。大手の建築会社は広告を大きく打っており、名前を知っているという安心感はありますが、その分割高であることも多いものです。

知名度よりも実績や適切なコスト削減への取組みまでよく見て、会社を選ぶことが重要です。

注文住宅のデメリット2:立地条件は建売住宅より良くないことが多い

注文住宅の場合、土地探しから自分で行わなければなりませんが、市場に出回っている土地には、実は「もっとも良い立地」のようなところはもうあまり残っていないといわれています。

というのも、建売住宅を販売する建設会社は土地をまとめて購入して、そこに建物を複数棟建築していくと述べましたが、この「土地の仕入れ」というのを大変重要視しているのです。なぜならば、建売住宅をたくさん建ててもすべて売れなければ意味がなく、売るためには立地条件の良さというものがもっとも重要になるからです。

そうすると必然的に「良い立地」の土地は大半をすでに建築会社に購入されていて、市場に出回っているのはそれよりどうしても「劣る土地」になってしまうわけです。だから個人で土地を探そうとすると、建売住宅が立ち並ぶような利便性の良い土地はなかなか見つからないということが起きてしまいがちなのです。

建売住宅・注文住宅、選ぶときのポイント

どちらもメリット・デメリットがあり、やはり選択に迷ってしまう…という場合には、以下のようなポイントも押さえてから考えてみてください。

まずは優先事項をはっきりさせる

メリットとデメリットは裏返しのものであり、こちらのメリットはあちらのデメリット、という考え方から二択になってしまいがちですが、まずは自分にとっての優先順位をはっきりさせることで、より深い視点での選択が可能になるでしょう。

求める条件をしっかり洗い出し、希望をのせてじっくり検討してみるところから始めたいですね。

予算の上限をしっかり決める

予算がぼんやりしていると、理想を追い求めすぎて非常に高額な買い物なってしまったり、必要のないものまでのせてしまったりということにもなりかねません。

優先順位をはっきりさせるという点とかぶりますが、条件と予算の妥協範囲を持たせられるとしても、超えられない上限だけはきちんと決めておくことが大事です。

住みながら理想に近づけるという余裕を持つ

注文住宅は、理想を叶えられるというメリットを過度に重視して、住んでみてから「何かイメージと違う」となることもありえます。また、建売住宅では100%希望に沿うものを見つけて購入するということは難しいでしょう。

要はどちらを選ぶにしても、はじめから完璧なものを求めすぎないという考え方も大事になるのです。住まいとのつきあいは長く続くものなので、生活しながら、何年も過ごしながら、不満を解消し理想に近づけていく、という長期的な視点を持つことで、家づくり・家探しにも心の余裕を持つことができるでしょう。

まとめ:建売住宅・注文住宅、自分はどちらに向いている?

これまでのお話をまとめると、一般的に建売住宅に向いている人は、

・時間や手間をかけたくない

・住まいにそこまでこだわりを持っていない

・ある程度決められた間取りや設備から選ぶ方が安心感を得られる

・すぐに住みたい

・完成品を見てから決めたい

こういった条件にあてはまる人といえるでしょう。

また、同様に注文住宅に向いている人は、

・住まいに対する理想を追い求めたい、強いこだわりがある

・じっくり時間をかけてもいい

・すでに土地を所有している

・ピンポイントで依頼したいハウスメーカーや工務店がある

このような条件にあてはまる人といえるでしょう。

どちらが良い・悪いということではなく、とにかく自分の希望に合った方を選ぶことが最善です。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

執筆者情報

解体の窓口

解体の窓口・編集部です。 解体工事に関することはもちろん、 解体後の土地や建物の処分から法律・税金まで、 あらゆることを、プロの目線で解説していきます。 お気軽にお問い合わせくださいね。

建て替え解体工事
【解体の窓口】
タイトルとURLをコピーしました