優良?悪徳?解体業者の選び方と騙されない為に確認すべきポイント

解体工事の基本知識

一生に一度あるかないかの解体工事。業者や金額について知り合いに聞こうにも、なかなか経験した人がいなくて不安ですよね。そこで、初めての人でも優良な解体業者を見極める方法をまとめました。

良い解体業者と悪い解体業者について知ろう

そもそも、良い解体業者、悪い解体業者にはどんな特長があるのでしょうか。

優良解体業者

  • 見積もりの時点で坪単価などから割り出した適正価格を提示する
  • 下見後の見積書は「仮設工事費」「廃棄物処理費」など細かな項目で記されている。
  • 現場に防音シートを隙間なく丁寧に張っている。
  • 解体工事後、がれきは完全に撤去しきちんと整地する。

悪徳解体業者

  • 見積もりが極端に高い、または極端に安い(必要な手順が削られている、追加請求の可能性がある)
  • 見積書が「解体工事 一式」など大まかに書かれている
  • 現場に養生をしない、防音シートにすきまがある、シートが少ないなど不備がある
  • 解体工事後更地にがれきが残っている、地中に廃棄物を埋めている

このように、同じ解体業者でも対応には大きく差があります。

ここをチェックして優良業者を見極めよう!

では、良い解体業者を選ぶためにはどうすればいいのでしょうか?実は、見積もりの時点でも確認できる部分がいくつかあります。実際に解体業者とやりとりする際には、次の項目をチェックしておきましょう。

損害賠償保険に入っている?

もし解体工事の作業中に近隣の住宅を壊してしまった場合。
工事者(=解体業者、請負人)が損害賠償は責任を負い、依頼主は責任を負わないと民法709条、716条で定められています。しかし「注文時に無理な日程や予算を組まされた」と請負人が主張した場合は依頼人の過失になることも。最悪の場合は解体業者との間で裁判することにもなりかねません。
万が一の事態を考え、解体業者が損害賠償保険に加入しているかを確認しておきましょう。

騒音やホコリの対策はどうしてる?

家屋を解体するにあたって、周囲への騒音やホコリを完全に遮ることは不可能です。しかし、できるだけ現場内に抑えるよう工夫することはできます。
一般的な方法は、現場全体を防音シートで覆うこと。家全体を隙間なく囲み、騒音や粉塵の飛散を少なくできるのです。

しかし悪徳業者のなかには家屋の一部にだけ防音シートを張る、シートの隙間が空いている、破れてしまっているなど不適切な養生を施している企業も存在します。解体工事の際はどのような対策をするつもりなのか、しっかり聞いておきましょう。

近隣への挨拶は実施する?

解体工事での他の家屋への影響は免れません。そこでご近所さまに理解してもらうことが工事をスムーズに進めるカギとなります。どんなトラブルが生じたとしても、信頼関係を築いていれば謝罪の気持ちが伝わりやすくなります。
そこで、工事に着手する前にご近所さまを回り、挨拶をしてもらえるか解体業者に確かめるのが良いでしょう。できれば業者だけでなく、施主も一緒に行き日程やご近所さまへの影響を正直に伝えるのがベターです。

がれきの廃棄はどうしてる?

解体工事で排出された産業廃棄物は、建設リサイクル法に沿った正しい処理をしなければなりません。ところが不法投棄をする業者もわずかながら存在しています。不法投棄は業者だけの問題ではありません。法律違反となり、解体業者だけでなく依頼主も罰金刑を受けることになっているのです。

そこで、きちんと廃棄処理を済ませたかを確認するために必要なのが「マニフェスト」です。産業廃棄物が中間業者、最終処分業者と正しい順序で処理されたことを把握するための書類で、7枚つづりになっています。この中の「E票」と呼ばれるものは運搬業者のサイン、中間処分業者の印鑑、最終処分業者による処分終了日を書き込み解体業者に返送するルール。つまりE票があれば全ての工程が済んだことを証明できます。コピーをもらうなどしてこのE票をきちんと受け取っているか、確認しておきましょう。

許可証を取得している?

業者が解体工事をするためには、その区域の都道府県知事の登録を受けることが定められています。稀でありますが、許可を得ずに解体工事を施工する業者も存在します。登録を受けていれば都道府県知事が発行した許可番号の通知書を持っているはず。依頼するときに通知を見せてもらいましょう。

良い業者を選ぶには見積もりサービスがおすすめ

ここまで、優良な解体業者を見分けるための方法をお伝えしました。一つひとつの解体業者がチェックリストにあてはまるか、確かめるのは大変ですよね。そんなときには複数の業者から一度に見積もりを取ることができるサービスを利用しましょう。いくつかの見積もりを比べて、解体したい家屋の相場を把握できます。

『解体の窓口』では一度社内で審査した業者をご紹介していますので、安心してお見積りをご依頼いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください!

結局、解体費用っていくらかかるの?
今すぐ簡単60秒シミュレーションしよう!

  • 解体工事の費用が、簡単な情報を入力するだけで即わかる
  • 最後まで完全無料、しつこい電話営業も一切なし
  • 詳しい見積もりも、物件の写真を追加で送るだけで、現場立ち合いの必要なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました