解体工事の助成金をもらうには?条件や申請方法を解説

解体工事の基本知識

解体工事にかかる費用は高く付きます。

「空き家を取り壊したいけれど、お金がかかるから手を付けにくい……」なんて方も多く、最近は空き家がどんどん増えています。

実は、この空き家増加問題は国や自治体でも問題視していて、解決策として空き家の解体工事の負担を減らすための助成金制度があるんです。

まだあまり一般的とは言えないこの制度、知らずに解体工事をしてしまうと損してしまうかもしれません。

そこで、今回は解体工事の助成金について解説します。

どうして解体工事に補助金が出るの?

そもそも解体工事に補助金を出してくれるのはなぜでしょうか。

これは、空き家があると問題が発生するからです。

問題の内容は様々ですが、パッと思いつくところだと

  • 人がいないので放火など犯罪が発生しやすい
  • 老朽化した建物は事故が起きる可能性が高い
  • 街の景観を損ねる
  • 不法投棄されやすい

といったところです。

こういった悪影響を避けるために、空き家の解体や有効活用を促進する補助金を出してくれるというわけです。

家屋解体費用の補助金はどこから出るの?

家を取り壊すための費用は、誰が補助してくれるのでしょうか。

答えは自治体です。 解体の補助金について調べると国土交通省が行っている「空き家再生等推進事業」 に行き着く方もいるでしょう。

空き家などを除去、活用して地域活性化を促進しようという内容です。

一見これで補助がもらえるようにも見えるのですが、これは国から自治体に対する補助です。

個人が行う解体工事の費用を補助してくれるのは地方自治体で、その補助金に対する助成金が国から自治体に出ているため、ややこしい構図になっています。

言ってしまえば補助をするための補助という位置づけです。

ということで、個人で建物を解体するための費用は各市町村が助成金を出してくれます。

しかし、解体工事であればどんな場合も補助金がもらえるわけではなく、条件があります。 その条件について、解説していきましょう。

解体の補助金が出るのは主に空き家

建物の取り壊しで補助金が出る条件は自治体ごとに違います。

なので、あなたが取り壊そうと思っている建物が補助の対象となるかは一概には言えません。

国土交通省は電気やガスの使用がなく、人の出入りもない状態が1年位続いた家屋を空き家とみなすようですが、この条件に当てはまるからといって補助金がもらえるというわけではありません。

個人に解体費用を直接補助するのは自治体のため、それぞれの地域によってどんな家屋を空き家とみなすのか異なるからです。

自治体ごとにどんな家屋の解体に補助金を出しているのかは最後にまとめているので、詳しくはそちらをご覧ください。

一般的には、1年以上使用されていない家屋で、老朽化しているものや倒壊の恐れがある場合は補助金をもらえる可能性が高いです。

空き家以外に補助対象となる工事

解体工事に補助金を出してもらえるのは主に空き家ですが、自治体によっては空き家以外にも解体工事で補助金を出しています

例えば埼玉県所沢市の「所沢市危険ブロック塀等撤去改善事業」では、ブロック塀の解体工事の費用を補助しています。

こういったブロック塀の解体への補助金を行っている自治体は結構多く、そのほとんどは街の安全性の向上や危険ブロック塀の撤去を目的としている物が多いです。

対象のブロック塀が危険と判断されるかがポイントになりますが、ブロック塀の解体を考えているなら積極的に活用したいですね。

解体工事で補助金がもらえる条件

空き家取り壊しの補助金が貰える条件は自治体によって違いますが、多くの市町村で共通する点もあります。

物件の条件

  • 一定期間(自治体によって異なる)使用されていない空き家であること
  • 対象の市町村内にあること
  • 倒壊や悪影響を及ぼす危険性があるもの

などです。

倒壊の危険性などについては自治体が審査するので、まだ十分住めると判断される場合もあります。

また、これ以外にも新耐震基準を満たしているかどうかなど、細かい条件が加わることがあります。

申請者の条件

  • 空き家の所有者であること(複数人いる場合は全員の同意を得ていること)
  • 市税の滞納がないこと

などが一般的です。

そのほか、以前に同じ補助金を受け取っていないことなどが加わるケースがあります。

工事の条件

  • 空き家の全部を解体すること
  • 対象の市町村内の業者に発注すること

などが主な条件です。

基本的には工事着工前に申請しなくてはいけないので、着工済みの工事も対象外になります。

建物解体の補助で貰える金額は?

解体工事の補助額も、自治体によって異なります。

基本的には「取り壊し工事費の○分の1、上限○万円」といった形で工事費用に応じて金額が変わります

自分の住んでいる地域の補助額は、ホームページに乗っていることが多いので調べてみましょう。

実際にいくつかの市町村の例を上げてみましょう。

市町村補助金額上限
北海道札幌市工事費用の3分の150万円
群馬県高崎市工事費用の5分の4100万円
愛知県名古屋市工事費用の2分の160万円
兵庫県神戸市工事費用または補助対象基準額の低い方の3分の1100万円
福岡県福岡市一律20万円20万円

補助金額も上限も地域によってバラバラなので、相場はいくらくらいと言い切るのは難しいです。

しかし、解体工事の費用は元々の金額が大きいので、3分の1も補助してもらえたら負担はかなり軽減されます。本当に助かりますよね。

解体工事費用のサポートを受ける注意点

解体工事の費用を補助してもらうにあたり、注意する点をいくつかご紹介しておきます。

申請は工事着手前に

家屋取り壊し工事補助の申請は、基本的に工事が始まる前に行います。

うっかり申請を忘れてた、なんてことになると数十万円余計に支払うことになってしまうので、十分注意しましょう。

審査には時間がかかる

空き家の取り壊しへの補助金は、申請から審査が完了するまで時間がかかります。

どのくらい老朽化しているか、倒壊の危険性はどのくらいかというチェックを行うため、1ヶ月ほどかかる場合もあります

解体工事の直前に申請しても間に合わないので、補助金の申請や相談は早めに行いましょう

対象物件は自治体ごとに異なる

取り壊す建物が補助の対象となるかどうかは、市町村ごとに判断が異なります

補助を受けることを前提に解体工事の話を進めずに、まずは各自治体の窓口で相談するところから始めましょう。

補助金を受け取れるのは工事終了後

見落としがちな注意点は、補助金や助成金が出るのは工事が終わってからという点です。

工事が終わってから領収書、証明書などを提出し、最終的にかかった費用をもとに補助額を算出します。

つまり、最終的には補助金で負担が軽くなりますが、最初に解体業者に支払う金額は補助を受けることができません。

最初は全額自分で払うと認識した上で、解体工事の依頼をしましょう。

補助を行っている自治体まとめ

空き家などの解体工事で補助を行っている自治体をまとめました。

お住いの地域の情報を確認してみましょう。

北海道

赤平市 厚真町 石狩市 岩見沢市 歌志内市 浦臼町 恵庭市 江別市 小樽市 帯広市 小平町 上川町 北広島市 北見市 釧路市 栗山町 札幌市 士別市 島牧村 清水町  知内町  新十津川町 せたな町 滝川市 伊達市 千歳市 砂川市 鷹栖町 月形町 苫小牧市 長沼町 七飯町 名寄市 根室市 登別市 函館市 比布町 美唄市 深川市 福島町 富良野市 別海町 松前町 三笠市 室蘭市 森町 紋別市 八雲町 夕張市 余市町 留萌市

青森県

田舎館村 五所川原市 西目屋村 野辺地町 平川市 弘前市 三沢市

岩手県

岩泉町 奥州市 大槌町 大船渡市 金ケ崎町 釜石市 二戸市 花巻市 洋野町

宮城県

石巻市 岩沼市 大河原町 大崎市 女川町 角田市 気仙沼市 栗原市 蔵王町 色麻町 柴田町 白石市 仙台市 多賀城市 富谷町 名取市 東松島市 松島町 南三陸町 村田町 利府町 亘理町

秋田県

秋田市 大館市 男鹿市 鹿角市 北秋田市 小坂町 仙北市 にかほ市 能代市 湯沢市 横手市

山形県

朝日町 大江町 尾花沢市 川西町 寒河江市 庄内町 高畠町 鶴岡市 天童市 中山町 南陽市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市

福島県

いわき市 大玉村 川俣町 喜多方市 北塩原村 桑折町 郡山市 白河市 楢葉町 福島市 南会津町 南相馬市 三春町 柳津町

茨城県

阿見町 石岡市 笠間市 神栖市 高萩市 つくば市 土浦市 取手市 ひたちなか市 水戸市 龍ケ崎市

栃木県

足利市 市貝町 宇都宮市 大田原市 小山市 鹿沼市 上三川町 さくら市 佐野市 塩谷町 下野市 高根沢町 栃木市 那珂川町 那須町 那須烏山市 那須塩原市 日光市 芳賀町 真岡市 益子町 壬生町 矢板市

群馬県

伊勢崎市 大泉町 太田市 桐生市 渋川市 下仁田町 榛東村 高崎市 館林市 玉村町 嬬恋村 富岡市 中之条町 沼田市 東吾妻町 藤岡市 前橋市 みどり市 みなかみ町 吉岡町

埼玉県

上尾市 朝霞市 飯能市 上里町 小鹿野町 北本市 行田市 熊谷市 鴻巣市 さいたま市 坂戸市 志木市 ときがわ町 所沢市 戸田市  新座市  東松山市   日高市 富士見市  本庄市 三郷市 八潮市 横瀬町 寄居町 和光市 蕨市

千葉県

我孫子市 いすみ市 市川市 市原市 浦安市 柏市 鎌ケ谷市 栄町 佐倉市  山武市  四街道市 酒々井町 芝山町 白井市 白子町 袖ケ浦市 富里市 長生村 流山市 習志野市 成田市 野田市 富津市 船橋市 松戸市 茂原市 八千代市

東京都

あきる野市 足立区 荒川区 板橋区 稲城市 江戸川区  青梅市  大田区 小平市 葛飾区 北区 国立市 江東区 国分寺市 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 調布市 台東区 立川市 多摩市 中央区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区 八王子市 東久留米市 日野市 府中市 福生市 文京区 町田市 瑞穂町 港区 武蔵野市 目黒区

神奈川県

愛川町 厚木市 綾瀬市 伊勢原市 海老名市 小田原市 鎌倉市 川崎市 清川村 相模原市 座間市 寒川町 逗子市 茅ヶ崎市 中井町 二宮町 箱根町 秦野市 葉山町 平塚市 藤沢市 松田町 山北町 大和市 横須賀市 横浜市

新潟県

出雲崎町 糸魚川市 魚沼市 上越市 新発田市 聖籠町 胎内市 津南町 燕市 長岡市 新潟市 見附市

富山県

射水市 小矢部市 上市町 黒部市 立山町 富山市 滑川市 南砺市 氷見市

石川県

穴水町 加賀市 金沢市 かほく市 小松市 白山市 珠洲市 津幡町 中能登町 七尾市 能登町 能美市 羽咋市 輪島市

福井県

永平寺町 越前町 大野市 勝山市 敦賀市 福井市 

山梨県

市川三郷町 大月市 甲斐市 甲府市 中央市 都留市 鳴沢村 西桂町  笛吹市  富士吉田市 山梨市

長野県

朝日村 安曇野市 飯島町 飯田市 飯山市 生坂村 池田町 伊那市 上田市 岡谷市 木祖村 小海町 駒ヶ根市 坂城町 佐久市 下條村 下諏訪町 須坂市 諏訪市 喬木村 辰野町 立科町 千曲市  茅野市 東御市 豊丘村 長野市 原村 富士見町 南箕輪村 箕輪町 松川町 御代田町 山形村

岐阜県

恵那市 大垣市 大野町 海津市 各務原市 笠松町 可児市 川辺町 北方町 岐南町 岐阜市 下呂市 坂祝町 関市 関ヶ原町 高山市 多治見市 土岐市 中津川市 東白川村 飛騨市 御嵩町 美濃加茂市 本巣市 八百津町 山県市 養老町

静岡県

伊豆の国市 伊東市 磐田市 御前崎市 小山町 掛川市 函南町 菊川市 湖西市 島田市 御殿場市 河津町 静岡市 清水町 下田市 裾野市 長泉町 西伊豆町 沼津市 浜松市 東伊豆町 袋井市 富士市 富士宮市 藤枝市 牧之原市 松崎町 三島市 南伊豆町 焼津市 吉田町

愛知県

愛西市 阿久比町 あま市 安城市 一宮市 稲沢市 犬山市 岩倉市 大口町 大府市 岡崎市 尾張旭市 春日井市 蟹江町 蒲郡市 刈谷市 北名古屋市 清須市 幸田町 江南市 小牧市 新城市 瀬戸市 田原市 知多市 知立市 津島市 東海市 東郷町 常滑市 飛島村 豊明市 豊川市 豊田市 豊橋市 豊山町 長久手市 名古屋市 西尾市 日進市 半田市 東浦町 扶桑町 碧南市 みよし市 弥富市

三重県

朝日町 伊賀市 伊勢市 いなべ市 御浜町 亀山市 川越町 紀北町 熊野市 桑名市 菰野町 志摩市 鈴鹿市 玉城町 津市 東員町 名張市 松阪市 南伊勢町 明和町 四日市市

滋賀県

近江八幡市 草津市 甲賀市 湖南市 多賀町 高島市 長浜市 東近江市 彦根市 日野市 米原市 守山市 野洲市 栗東市 竜王町

京都府

綾部市 井手町 伊根町 宇治市 宇治田原町 大山崎町 木津川市 京田辺市 京丹後市 京都市 久御山町 城陽市 長岡京市 南丹市 八幡市 福知山市 舞鶴市 宮津市 向日市 与謝野町 和束町

大阪府

池田市 和泉市 泉佐野市 茨木市 大阪市 大阪狭山市 貝塚市 柏原市 交野市 門真市 河内長野市 河南町 岸和田市 堺市 四條畷市 島本町  吹田市 摂津市 泉南市 大東市 高石市 高槻市 千早赤阪村 豊中市 富田林市 寝屋川市 能勢町 羽曳野市 阪南市 東大阪市 藤井寺市 枚方市 松原市 岬町 箕面市 守口市 八尾市

兵庫県

相生市 明石市 赤穂市 芦屋市 淡路市 猪名川町 稲美町 加古川市 加西市 加東市 香美町 川西市 神戸市 宍粟市 新温泉町 太子町 多可町 高砂市 宝塚市 たつの市 丹波市 豊岡市 播磨町 姫路市 福崎町 三木市 南あわじ市 養父市

奈良県

安堵町 斑鳩町 生駒市 宇陀市 王寺町 橿原市 黒滝村 香芝市 広陵町 五條市 御所市 桜井市  三郷町  田原本町 天理市 奈良市 平群町 三宅町 大和郡山市 大和高田市 吉野町

和歌山県

有田市 有田川町 岩出市 印南町 海南市 上富田町 串本町 九度山町 高野町 御坊市 白浜町 田辺市 日高町 日高川町 広川町 みなべ町 湯浅町 由良町 和歌山市

鳥取県

倉吉市 江府町 境港市 鳥取市 南部町 日南町 日吉津村 北栄町 伯耆町 三朝町 米子市 若桜町

島根県

出雲市 雲南市 大田市 江津市 浜田市 益田市 松江市 安来市

岡山県

浅口市 岡山市 笠岡市 久米南町 倉敷市 高梁市 玉野市 津山市 早島町 備前市 真庭市 美咲町

広島県

安芸太田町 安芸高田市 江田島市 大崎上島町 大竹市 尾道市 海田町 北広島町 呉市 坂町 庄原市 神石高原町 世羅町 廿日市市 東広島市 広島市 福山市 府中市 府中町 三次市

山口県

岩国市 宇部市 山陽小野田市 下関市 長門市 萩市 光市 防府市 柳井市 山口市

徳島県

藍住町 阿南市 阿波市 石井町 板野町 海陽町 勝浦町 上板町 神山町 北島町 小松島市 佐那河内村 つるぎ町 徳島市 那賀町 東みよし町 松茂町 美馬市 三好市 牟岐町 吉野川市

香川県

綾川町 宇多津町 観音寺市 琴平町 坂出市 さぬき市 小豆島町 善通寺市 高松市 多度津町 土庄町 直島町 東かがわ市 丸亀市 まんのう町 三木町 三豊市

愛媛県

今治市 伊予市 内子町 大洲市 上島町 久万高原町 西条市 四国中央市 西予市 東温市 砥部町 新居浜市 松前町 松山市 八幡浜市

高知県

いの町 大月町 越知町 香美市 北川村 黒潮町 芸西村 須崎市 高知市 香南市 佐川町 四万十市 四万十町 宿毛市 田野町 東洋町 土佐市 土佐町 土佐清水市 中土佐町 奈半利町 南国市 日高村

福岡県

朝倉市 飯塚市 糸島市 糸田町 うきは市 宇美町 大木町 大野城市 大牟田市 小郡市 遠賀町 春日市 粕屋町 嘉麻市 苅田町 香春町 北九州市 鞍手町 久留米市 桂川町 上毛町 古賀市 小竹町 篠栗町 志免町 須恵町 田川市 太宰府市 大刀洗町 筑後市 筑紫野市 築上町 豊前市 那珂川市 中間市 直方市 広川町 福岡市 福智町 福津市 水巻町 宮若市 みやま市 宗像市 柳川市 八女市 行橋市 吉富町

佐賀県

上峰町 玄海町 佐賀市 多久市 武雄市 鳥栖市 みやき町

長崎県

壱岐市 雲仙市 西海市 佐世保市 島原市 新上五島町 長崎市 松浦市 南島原市

熊本県

天草市 荒尾市 宇城市 宇土市 大津町 嘉島町 菊池市 菊陽町 球磨村 熊本市 甲佐町 合志市 玉名市 長洲町 錦町 氷川町 益城町 美里町 南阿蘇村 南小国町 御船町 八代市 山江村 山鹿市 山都町 湯前町

大分県

宇佐市 臼杵市 大分市 杵築市 国東市 九重町 佐伯市 津久見市 中津市 日出町 日田市 豊後大野市 豊後高田市 別府市

宮崎県

河南町 西都市 高千穂町 日南市 延岡市 日向市 宮崎市

鹿児島県

姶良市 阿久根市 天城町 伊佐市 出水市 鹿児島市 鹿屋市 肝付町 霧島市 さつま町 薩摩川内市 瀬戸内町 曽於市 垂水市 南大隅町 南九州市 南さつま市 与論町

※リンク切れの際にはご一報ください

まとめ:解体工事の補助金

自治体ごとに条件などは異なりますが、もし利用できれば費用をぐんと抑えることができます。

解体工事を考えている方は、まず一度窓口で補助を受けられるか確認してみましょう。

審査には時間がかかることもあるので、できるだけお早めに。

補助を受ける場合は、必ず工事着手前に必要な書類を提出して申請するように注意しましょう。

補助金をもらう手順は難しいことはないので、建物を解体する際にはぜひ利用ください。

完全無料!面倒な見積もり比較ナシ!
あなたにとって1番良い解体業者のみご紹介!

解体の窓口利用のメリット

  • ご要望に最も合う1社のみをご紹介!
  • 不当な追加料金は一切ナシ。
  • 登録している業者はすべて損害賠償保険に加入済み。
  • 丁寧な整地。
タイトルとURLをコピーしました