なぜ空き家は老朽化してしまうの?原因や維持のための対策も紹介

解体工事の基本知識

なぜ空き家は老朽化が進むの?

家に人が住んでいない空き家などの場合、掃除や修繕を行う機会を失うことにもなるため、建物自体の老朽化が進みやすくなります。

また、空き家をそのままにしてしまうと、雨漏りや害虫、害獣の被害などが進み、近隣住民に迷惑を掛けてしまうことがあるため、人に貸し出したり、自身で定期的な管理を行う必要があります。

本記事では、空き家の老朽化について、その原因や対策方法について詳しく紹介していきます。空き家問題に関心のある方は、ぜひ参考にしてください。

  • 1:メンテナンスされないため
  • 2:掃除されないため
  • 3:換気されないため

1:メンテナンスされないため

空き家の老朽化が進んでしまう理由の1つ目にメンテナンスする機会がないことが挙げられます。

空き家を所有していても、人が住んでいる家のようにメンテナンスする必要性や機会がなくなることから、空き家自体の老朽化を進めてしまうことになります。

また、掃除が行われないことで修繕しなければならない箇所を見落としてしまうため、家の劣化が急速に進み大幅なメンテナンスが必要になる場合があります。

2:掃除されないため

空き家の劣化が進んでしまう理由の2つ目に、定期的な掃除が行われないことが挙げられます。空き家は人が住んでいない物件ということもあり、必然的に掃除をする機会は減ってしまいます。

換気を行ったり、家のカビや汚れなどを取り除いたりすることがなくなってしまうため、家の劣化を早めてしまう原因となります。

3:換気されないため

空き家の劣化が進んでしまう理由の3つ目に、室内の換気が行われないことが挙げられます。

空き家の室内の空気を入れ替える機会がなくなると、家の中の空気を循環させられなくなり、湿気がこもってカビを発生させ、木で作られている箇所の劣化を早めてしまいます。

つまり、空き家を長持ちさせるためには、定期的な換気や掃除といったメンテナンスが必要になります。

保有する空き家を維持するための3つのポイント

前述のように、空き家は人が誰も住んでいないことで掃除をする機会が減り、劣化が進むことが多くなります。

そのようなことを防ぐために、人に貸し出して住んでもらったり、管理会社に管理業務を委託したりということが必要になります。

ここからは、保有している空き家を維持させるために必要となる対策について紹介していきます。

他人に貸し出すことや、自身で管理していくことで空き家を長く維持させていきましょう。

  • 1:定期的な管理をする
  • 2:人に貸し出す
  • 3:管理会社に委託する

1:定期的な管理をする

保有している空き家を維持させるためのポイントとして、定期的な管理を行うことが挙げられます。

週に一度、空き家に訪問して掃除や換気を行うようにすれば、カビの繁殖や木材の老朽を抑えることに繋がり、大きな劣化を避けることができるでしょう。

また、部屋の床を掃き掃除したり、雑巾掛けしたりすることでも家の劣化を防ぐことができます。

2:人に貸し出す

保有している空き家を維持させるためのポイントとして、他人に貸し出して部屋を使ってもらう方法が挙げられます。

他人に空き家を貸し出して住居として使ってもらうことができれば、換気や掃除が定期的に行われることになるため、大幅な建物の劣化を避けることができます。

また、人に賃貸物件として貸し出せれば、家賃収入を得られるようにもなるでしょう。

3:管理会社に委託する

保有している空き家を維持させるためのポイントとして、管理会社に管理業務を委託することが挙げられます。

さまざまな理由があって空き家に訪れることが難しい場合には、管理会社に管理業務を委託して空き家を維持させることができます。

この場合、管理業務の実績があり、信頼して管理を任せられる委託会社に業務をお願いすることがポイントです。

空き家が老朽化することで起こる4つのデメリット

空き家の老朽化が急速に進んでしまうと、雨漏りや害虫などの被害を大きくしてしまうことに繋がるため、建物自体が倒壊する恐れがあります。

また、不審火や害獣などの被害があると、近隣住民とのトラブルに発展することもあるでしょう。さらに、経済的な負担を生じさせないためにも、空き家の老朽化を進めないための管理が必要となります。

ここでは、空き家が老朽化してしまうことで生じるデメリットについて紹介していきます。

  • 1:近隣に迷惑を掛ける
  • 2:老化が加速する
  • 3:倒壊の可能性が高まる
  • 4:大幅な増税の可能性がある

1:近隣に迷惑を掛ける

空き家の老朽化が進むことで生じるデメリットの1つ目として、近隣住民に迷惑を掛けてしまうことが挙げられます。

空き家を定期的に管理できないことで、庭木が隣の敷地内に入ってしまったり、ハチの巣などができてしまったりすれば、近隣の人に迷惑を掛けることになります。

また、不審者などが侵入した場合、防犯の面で迷惑を掛けてしまうこともあるでしょう。

2:劣化が加速する

空き家の老朽化が進むことで生じるデメリットの2つ目として、劣化が加速してしまう点が挙げられます。

空き家の掃除や換気などがされないと、室内の空気を循環させられず、カビを発生させ湿気を室内に溜め込んでしまうため、主屋の劣化を急速に進めてしまうことになります。

老朽化が進んでしまえば建物としての資産価値が下がり、安い値段で売却をしなければならなくなったり、家の状態によっては解体も必要になったりする場合があります。

3:倒壊の可能性が高まる

空き家の劣化が進むことで生じるデメリットの3つ目として、倒壊の可能性が高まることが挙げられます。

掃除や換気が長い期間行われないことによる湿気やカビにより、木材の劣化が進んで雨漏りをしやすくなり、建物が大きく破損する原因となります。

また、木の腐食が進んで家の一部が露出してしまうと、雨水が室内に入ることで急速に建物が傷み、倒壊する可能性が高くなってしまいます。

4:大幅な増税の可能性がある

空き家が老朽化することで生じるデメリットの4つ目として、大幅に税金を支払わなければならない可能性があることが挙げられます。

人が住居として使っている家であれば、住宅用地の特例措置を受けることができます。しかし、「空き家」と認定されてしまうと、固定資産税や都市計画税を今よりも多く支払う必要が出てきてしまうため、税の負担が増えることになります。

出典:空家対策|総務省

老朽化した空き家への4つの対策

空き家が老朽化してしまった場合、売却や解体、リフォームや寄付といった方法で対処することができます。

老朽化が進んでしまった空き家は人が住むことができない状態になってしまうため、家の解体を検討したり、売却したりすることで老朽化した空き家問題を解決することができます。

また、老朽の頻度を見てリフォームを検討したり、家族などに寄付し再利用してもらったりすることでも、空き家を有効活用できるでしょう。

  • 1:解体する
  • 2:売却する
  • 3:リフォームする
  • 4:寄付する

1:解体する

老朽化が進んでしまった空き家の対策の1つ目に、建物を解体する方法があります。

空き家を解体する際は費用が掛かることになりますが、更地として売り出すことができるため、売却する相手を早く見つけることができるでしょう。

2:売却する

老朽化が進んでしまった空き家の対策の2つ目に空き家を売却する方法があります。

不動産会社の仲介を活用して売却先を見つけられれば、空き家に関する問題を解決できるでしょう。

不動産を通じて売却する際は多くの人が利用しているため、実績のある不動産会社を選んで空き家の売却を依頼するようにしましょう。

3:リフォームする

老朽化が進んでしまった空き家の対策の3つ目に、リフォームという方法があります。

空き家にリフォームやリノベーションを施し、再び人が住めるようにできれば、賃貸物件として貸し出したり、売却したりすることも可能になります。

改装に掛かる費用を物件と照らし合わせながら、リフォームすべきか検討するようにしましょう。

4:寄付する

老朽化が進んでしまった空き家の対策の4つ目に、建物を寄付するという方法があります。

ただし、自治体に寄付を申し出ても「固定資産税を徴収できない」などの理由で寄付自体を断られる傾向があります。

親戚や知人などに寄付を申し出て受けてくれるようならば、空き家を譲渡することも検討しておきましょう。

なお、不動産の寄付を受けた側は、土地の価値に基づいて贈与税を納める必要があることを把握しておきましょう。

出典:財務省理財局 引き取り手のない不動産への対応について

空き家になる前にできることとは?

家を劣化させ、空き家となってしまう前に、あらかじめ家の処遇を考えておくことは重要なことです。

空き家となってしまうと、その後さまざまなリスクが生じることになるため、賃貸物件として貸し出すことを早めに決めておいたり、主屋の傷みが進んでいないうちに売り出したりなどの配慮が必要となります。

空き家となり、家族の負担となってしまわないためにも、住んでいない家の処遇を早めに決めておくようにしましょう。

原因と対策を知って空き家の老朽化を防ごう

本記事では、空き家の老朽化が進んでしまう理由や人が住まなくなってしまった住居を長く維持するためのコツなどについて紹介してきました。

知識を身に付けてから空き家の対処を行うことと、全く空き家の学習をせずに対策を練ることとでは大きな違いが出てきます。

家が空き家になることで生じるリスクを把握し、どのような方法が最適か考えながら売却やリフォームを検討していくことが大切です。

解体工事の費用っていくらかかる?
見積もりやご相談はお気軽に解体の窓口へ!

  • 物件情報を送るだけで、無料で自動お見積もりができる
  • 追加費用をかけずに、業者を選定することができる
  • 自分で選定するため、しつこい電話営業も一切ない
かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました