空き家の処分方法やかかる費用は?売却やその他の有効活用を紹介!

解体工事

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

空き家の処分方法やかかる費用について紹介します。相続などで手にした空き家を処分したほうが良い理由を解説!不動産への売却や解体する際の補助金についてもまとめています。空き家の処分方法に迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

空き家の処分方法やかかる費用は?売却やその他の有効活用を紹介!

目次

  1. 空き家を処分するにはどんな方法がある?
  2. 空き家を処分したほうが良い理由
  3. 空き家を処分する方法
  4. 空き家を解体処分する場合の費用
  5. 空き家の処分方法のメリット・デメリットを把握しよう

空き家を処分するにはどんな方法がある?

相続や格安物件で手にした空き家を、結果的に処分することになったとき、どういった方法があるのでしょうか?空き家を処分したほうが良い理由や、その方法についてまとめています。

メリットやデメリットも解説しているので、どの方法で処分するかの判断材料にしてください。かかる費用や補助金なども参考にしながら、空き家の処分を行っていきましょう。

空き家を処分したほうが良い理由

理由①放置していても費用がかかる

相続などで空き家を手にした場合、処分方法が分からずに放置する人も多いです。しかし、空き家は放置していても費用がかかる点に注意しましょう。

空き家は固定資産税がかかります。約10~15万円かかるため、持っているだけも大きな負担になるのです。また、光熱費などを解約していない場合は、基本料金が請求されます。その他では火災保険やメンテナンス費が必要です。

たびたび様子を見に行くなら交通費もかかってくるため、空き家は放置すればするほど無駄な出費になります。また、長期間放置すると「特定空き家」になることがあり、通常よりも多くの固定資産税が請求されるので注意しましょう。

理由②劣化が早まる

人が住んでいる家と空き家では、劣化具合も異なってきます。何気ない掃除や片づけを行っている家と異なり、放置されている空き家は劣化が早まるのです。

特に換気を行わない場合、湿気などが原因で木材が傷みます。また、害虫や害獣によって、目に見えない部分も腐食が進んでいくので注意が必要です。処分するまでの間、定期的に換気だけでもいいので行っておきましょう。

理由③周辺住民とのトラブル

空き家を処分しないまま放置すると、周辺住民とのトラブルにつながります。いつの間にかゴミを投棄されて、ゴミ屋敷になる事例もあり、悪臭問題も気をつけなければなりません

また、倒壊などによって大きな事故になることもあるのです。その他にも、伸びた木や草が隣家に迷惑をかけることも考えなければなりません。持ち主に関係のない浮浪者が住み着くなど、空き家を処分せずに放置するのは危険が多いです。

理由④被災リスクや相続問題

日本は地震や台風などの自然災害が多い国です。空き家を更地などにせず放置すると、被害を受けて売却も難しくなります。自然災害に備えて保険に入ると、保険料が負担になるので、早期に処分するほうが費用を抑えられるので検討してください。

また、処分をためらって放置し続けると、子供に負の遺産を引き継ぐことになります。相続問題を放置せずに、自分の世代で処理するのがおすすめです。

空き家を処分する方法

処分方法①そのまま売却する

空き家の処分方法として、そのまま売却するのがおすすめです。手間がかからず、解体費用がかからないのは、大きなメリットです。デメリットは、古い家は買い手が付かないこともあり、なかなか話がまとまらない点になります。

売却の可能性を高めるために、リフォームすることも検討しましょう。内装がきれいになれば、買い手が付きやすくなります。しかし、リフォームをしても必ずしも買い手が付くわけではありません。

不動産会社に買い取ってもらう形で、売却するのもおすすめです。不動産会社も必ず買い取ってくれるわけではないですが、建物の査定を行ってもらって相場を知りましょう。また、不動産会社から処分したい空き家に対するアドバイスをもらうのもおすすめです。

処分方法②更地にして売却する

土地だけを欲しい、と考えている人も多いです。そのため、空き家を解体して、更地として売却することも検討しましょう。更地のほうが空き家があるよりも早く売却できることがありますが、解体費用は大きな負担となります

土地の中には再建築不可のものもあり、事前に自治体や専門家に確認を取るようにしましょう。もともとある家をリフォームすることは可能ですが、そういった土地では新しく建て直せないことがあるので注意してください。

処分方法②第三者に譲渡する

自分で処分するのが難しいと感じた場合、第三者に譲渡することを検討しましょう。譲渡するメリットは、管理の負担や固定資産税の支払いが無くなる点です。しかし、譲渡する場合は、お金にはあまりならないと考えておきましょう。

思い切って無償譲渡を検討してください。無償であれば引き受けてくれる人が出ることもあり、さまざまな悩みから解放されます。特に遠方の空き家であれば、無償譲渡で処分しておけば、今後のことを考える必要が無くなるのです。

処分方法③別の有効活用法を探す

売却がうまくいかない場合、その他の有効活用法を検討してください。たとえば、賃貸物件にするのもおすすめです。経営するためのノウハウは必要ですが、家賃収入が得られます。

また、立地によっては更地にして、駐車場に作り変えるのもおすすめです。交通量などの情報を集めて、駐車場にして利益が得られるか検討しましょう。維持費用などの問題もあるので、売却がうまくいかなかった場合に検討するのがおすすめです。

空き家バンクの活用も検討する

不動産会社だけでなく、自治体のサービスも活用しましょう。その中でおすすめなのが、空き家バンクです。これは、自治体が主体となって運営している、空き家の情報を提供するサービスになります

デメリットとして、不動産会社による仲介売却と異なり、希望者と自分で交渉する必要があるのです。最低限の知識は自分で得ておく必要があります。自治体に基本的なことを相談し、交渉で必要なことを確認しておきましょう。

自治体の引き取りや相続放棄は可能?

処分の方法として、空き家を自治体に引き取って欲しい、と考える人もいるでしょう。しかし、そういった方法は現状はなく、あくまで個人の責任で売却や更地にするしかありません。

どうしても難しい場合は、所有権を放棄して、相続破棄を検討しましょう。しかし、この場合でも管理義務は残ります。こういった理由からも、早期の処分や売却を行って、費用負担を軽減しましょう。

空き家を解体処分する場合の費用

家財を処分する費用

空き家を解体するために必要な、処分費用を確認しましょう。まず、解体する際に、先に家財道具を一式処分しなければなりません。解体業者はあくまで家の解体がメインであり、家財に関しては手伝ってくれないのが基本です。

家財を業者に処分依頼すると、量にもよりますが20~60万円ほどは必要になります。そのため、事前に自分で処分できる家財は燃えるゴミの日などで片付けておきましょう。普段から使えるものは自宅で引き取り、余計なものは少しずつ片付けていくのがおすすめです。

タンスや電化製品など、リサイクル業者に引き取ってもらうのも検討しましょう。処分費を浮かせて、買取で少し費用が浮かせる可能性もあります。一度にやるのは大変なので、必要な道具や仏壇などの大事なものの片付けを、少しずつ進めていきましょう。

解体するための費用

建物自体を解体する場合、費用は数百万円は覚悟しておきましょう。たとえば、木造の場合は1坪あたり3.1~6.5万円ほどかかります。そのため、100~300万円ほどの費用が必要です

金額は建物の状態や土地によって異なります。重機が入りにくい場所や、建物が大きくなるとさまざまな手間賃がかかってくるのです。業者は相見積もりを取って、相場に適したところを選びましょう。

見積書で分からない項目がある場合は、質問をして納得した上で工事を行ってください。質問に対してあやふやな回答をする業者は、別のところに変えることも検討しましょう。

解体に使える補助金を活用しよう

不動産などに売却する場合ではなく、自分で解体を依頼する際は、補助金を活用してください。空き家の処分は、地方自治体ごとに内容が異なります。補助金の上限額なども違ってくるので、解体したい空き家がある場所の自治体に相談してください。

補助金の金額はさまざまですが、群馬県沼田市であれば上限20万円、埼玉県行田市では上限50万円です。また、兵庫県神戸市であれば上限100万円になっています。補助金をうまく活用して、負担を軽減して解体を行いましょう出典:神戸市老朽空家等解体補助事業(神戸市)

空き家の処分方法のメリット・デメリットを把握しよう

空き家の処分方法について解説しました。自分で売却や不動産会社に買取してもらうことで、その後の負担を大きく軽減できます。また、解体する際は補助金を活用してください。

行政も頭を悩ませる空き家の処分ですが、放置をするのではなく、早い段階で処分することをおすすめします。老朽化して事故などのトラブルになると、取り返しの付かないことになるからです。メリットやデメリットを参考に、自分にあった空き家の処分方法を行ってください。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました