「廃材」とはどんなもののことを指すのか?

解体工事

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

解体・工事現場などで「廃材」という言葉をよく聞きますが、具体的にどのようなものを指すのでしょうか?それら廃材は無料で処分、処理できるのか?かかるとすればどれくらいかかるのか?DIYなどで再利用で処理費を浮かせることはできるか?詳しく紹介します。

「廃材」とはどんなもののことを指すのか?

目次

  1. 廃材とは「産業廃棄物」のこと

廃材とは「産業廃棄物」のこと

廃材の定義

廃材の定義は、解体工事現場などで出たコンクリート、木材など、またはそれらが混ざったものなど処分しないといけない産業廃棄物のことを指します。

解体によって出た木材などの廃材は大まかに分別し、業者が中間処理施設へ運びます。それらの廃材がリサイクル可能かどうか更に細かく分別を中間処理施設で行い、業者がリサイクル出来ないものを最終処分場へ運びます。

正しく処理することが不法投棄の防止に繋がる

廃材の処理方法は法律で決まっており、不法投棄すると法で罰せられます。廃材をどう処理すればよいか、正しく理解しておきましょう。

産業廃棄物である廃材を処理する責任は原則、それらを排出した本人や組織(解体業者)にあります。

処理の方法、処理費を調べるには、自分の所属する自治体や解体業者へ相談することがおすすめです。それほど量が多くなければ、自分で一般ごみ、または粗大ごみとして処理できます。

DIY素材などの新たな価値を与える取り組みも

廃材は処分するには処分費がかかりますが、アート製作、工作などDIYのためにそれらを無料で再利用することもできます。

そうすれば処分する手間、処理費などが浮くだけでなく、ゴミも減らせるので環境にも良いです。廃材を再利用し、製作した家具などを販売している人たちもいます。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました