土地などの不動産取引に必要な登記簿謄本とは?法務局での申請方法まで解説

解体工事

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

土地や建物などの不動産取引をする時に必要な、登記簿謄本についてまとめました。登記簿謄本の種類や登記事項証明書との違いなども、分かりやすく解説しましょう。併せて、法務局などで申請および取得する方法も解説するので、土地や家屋を売買するときの参考にしてください。

土地などの不動産取引に必要な登記簿謄本とは?

登記簿謄本とは、土地や建物などの不動産に関する登記情報が記された書類のこと。

登記簿謄本の役割

登記簿謄本によって不動産に関わる情報を一般的に公開することで、土地や建物などの不動産取り引きを安全に行えます。分かりやすくいうと、登記簿謄本は土地や建物の身分証明書および信用情報のような役割を果たすのです。

登記簿謄本を取得すれば、どのような土地や建物であるのか、権利関係はどのようになっているのかを明確に知ることができます。

登記事項証明書との違い

登記簿謄本と登記事項証明書は、同じ内容のものを指します。現在、登記所は全て電子化されており、登記簿謄本そのものを取得する人は少なくなりました。登記簿謄本の必要な項目のみを出力して、証明書として発行する方法が多いようです。

その証明書の正式名称を、登記事項証明書といいます。また、登記簿謄本は不動産の管轄である登記所のみでしか取得できません。一方、登記事項証明書は管轄外である法務局からでも、取得することが可能です。

登記簿謄本の種類

現在事項証明書現在の権利状況のみが把握できる証明書
閉鎖事項証明書登記記録が電子化される前の、手書きや縦書きで記録されていた登記簿謄本
全部事項証明書閉鎖登記記録を除いた全ての事項が記載されている証明書
一部事項証明書登記記録の一部が記載されている証明書

登記簿謄本は、上の表のように4種類あります。必要になるシーンや記載内容が、それぞれの種類によって異なります。

登記簿謄本の取得方法①法務局で申請

  1. 住所
  2. 氏名
  3. 請求する不動産の所在および地番
  4. 種別(建物あるいは土地)
  5. 請求通達数
  6. 共同担保目録
  7. 所要事項

法務局および地方法務局の窓口で、交付申請をして取得する方法です。不動産が管轄する登記所あるいは最寄りの登記所で、交付申請書を入手します。

交付申請書に上記7つの必要事項を記入し、手数料額の収入印紙を貼って窓口に提出すれば、申請完了です。

登記簿謄本の取得方法②オンラインで申請

オンライン上で取得する方法は2種類あります。1つ目は「かんたん証明書請求」をする方法です。登記・供託オンライン申請システムのサイトへアクセスして、申請者情報の登録をします。

登録すると、申請者IDとパスワードを作成できるため、次回からはそれらを入力して簡単にログインすることが可能です。

サイト内にある専用入力フォームに必要事項を記入し、請求書を作成してネット上で提出します。受け取り方法は、指定の登記所に取りに行くか郵便で送ってもらうかを選べます。

2つ目は「申請用総合ソフト」を使用する方法です。同じく登記・供託オンライン申請システムのサイトへアクセスし、申請用総合ソフトをダウンロードします。インストールまで完了したら、ソフト内にある登記事項、地図・図面証明書送付請求書に必要事項を入力します。

入力完了したらネット上で提出します。受け取りは、指定の登記所あるいは郵送してもらうことが可能です。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました