家の解体費用の決まり方とは?3つの構造別から見る平均相場を解説

解体工事の基本知識

そもそも家を解体する目的とは?

家を解体するのは、誰も住んでいない家が老朽化し倒壊の恐れがある場合や建て替えを実施するためや、更地にして土地売却するためなどの目的があります。

解体費用や業者選びの問題、手続きの方法など必要な情報がたくさんあるため、しっかりと理解を深めることが大切でしょう。

一軒家の解体の流れ

一軒屋の解体の流れは、自分でやらなくてはならないことと業者に依頼する事項を整理することから始まります。

次に、解体費用と業者選びに取りかかります。知り合いに相談したり、ホームページで業者や費用を調べるなど方法はさまざまです。

自治体によっては「補助金」などの制度があるため、自治体に連絡してみるというのも1つの方法です。その際、固定資産税についても相談しておくと良いでしょう。

業者が決まったら、家の解体工事に入ります。解体工事が終わると、減失登記を工事完了後1ヶ月以内に行わなければなりません。最後に解体費用を支払って、家の解体が完了しま
す。

出典:不動産登記法(平成十六年法律第百二十三号)

家の解体費用の決まり方6つ

家の解体費用は、建物の大きさや立地場所、産業廃棄物の運搬、処理などの条件でほとんどが決まります。

ここでは、解体費用に影響するさまざまな条件について紹介していきます。

1:立地条件による

家の解体費用は、建物がある土地の立地条件によって大幅に変わってきます。隣接道路が広く、大型のトラックが横付けできるような土地であれば問題はありません。

仮に、狭い道路でトラックなどが入れない状況だと、建物を壊す重機が使えなかったり廃棄物の運搬が数回に分けての作業になるため、解体費用は割高になります。また、近隣住宅と密接している場合は、防塵ネットなどの追加工事の必要があるため、費用に加算されます。

2:広さに比例して解体費用が上がる

家の解体費用は、建物の広さが大きくなるにつれて高くなります。建物の広さとは建坪の大小を指すため、建坪数が大きければ大きいほど解体費用が高額になります。

3:構造で変わる

家の解体費用は、木造や鉄骨、RC造、SRC造など建物の構造で大きく変わってきます。

木造建築とは、戸建てや小規模なアパートといった従来の一般住宅のことです。解体費用相場のベースとなっています。

鉄骨建築とは、建物の柱などを鉄骨で強化した建て方です。重量鉄骨造と軽量鉄骨造という2種類に分かれており、重量鉄骨造は高層マンションなどに用いられ、軽量鉄骨造は一般住宅などで使用されています。木造建築より解体費用がやや高くなる傾向にあります。

RC造建築とは、鉄骨とコンクリートを合わせて柱などに使用している建物で、鉄骨建築より強度を増した構造です。その分、解体費用は木造などに比べると割高になります。

SRC造建築とは、RC造建築に鉄骨を加えた建物で、さらに頑丈で耐久性にもすぐれた構造です。特に高層マンションやビルに使用されています。この構造は、一般住宅にはあまり使用されません。

4:地上階や地下階によって変わる

家の解体費用は、平屋や2階建てのような地上階と地下階がある場合でも変わってきます。

地上階の場合は、重機などで解体し運搬する工程となりますが、地下階は特に頑丈な造りになっていたり、廃材の運び出しにも手間がかかるため費用が割高となります。

5:廃材がどのくらい多いか

家の解体費用は、解体工事で出る廃材(産業廃棄物)の量により変わってきます。

廃材は分別して再利用することが多く、リサイクル業者へ持ち込むと買い取ってくれる物もあるため、持ち込める場合は解体費用の足しにすることも可能です。

6:職人以外の人的コストも影響される

家の解体費用には、屋内に残されている家財道具の処分や撤去後の土地返還時の除草作業など、解体工事以外の作業のコストも加わってきます。

こういった解体工事以外の作業費は個人差が大きいため、見積書をよく確認しておきましょう。

3つの構造別から見る解体費用の平均相場

解体費用は建物の構造によって価格が異なりますが、それぞれにおおよその価格相場が存在します。

ここでは、構造別の解体費用の相場を紹介します。解体時の目安として確認しておきましょう。

1:鉄骨造の場合

鉄骨造の場合、解体費用は1坪あたり平均4万円から6万円が相場です。

30坪なら120万円から180万円、50坪なら200万から300万円が平均相場となっています。解体業者や立地などの条件に左右されるため、状況によってはさらに費用がかかることもあります。

2:RC造の場合

RC造の場合、解体費用は1坪あたり平均6万円から8万円が相場です。

30坪なら180万から240万円、50坪なら300万から400万円が平均相場となっています。解体業者や立地などの条件に左右されるため、状況によってはさらに費用がかかることもあります。

3:木造の場合

RC造の場合、解体費用は1坪あたり6万円から8万円が相場です。

30坪なら90万から150万円、50坪なら150万から250万円が平均相場となっています。他の構造の相場と比べて割安ですが、解体業者や立地などの条件に左右されるため、状況によってはさらに費用がかかることもあります。

解体費用以外にかかる4つの平均費用

家を解体する場合は、解体業者へ支払う解体費用やさまざまな申請手続き費用、解体以外に発生した工事費用、撤去後の整地費用などが発生します。

ここでは、その他の費用について詳しく紹介します。

1:各種工事に必要な申請費用の場合

解体費用以外に、各自治体や監督官庁に届出が必要となり、その費用も別途支払いが発生します。

監督官庁や自治体への届出費用は「リサイクル関連届出」、「諸手続き」のほか「道路使用許可届出」などがあります。詳しい費用は各自治体の窓口で確認できます。

2:アスベスト調査費用の場合

家を解体する場合、建材にアスベストが使用されている疑いがある場合は事前に調査が義務付けられています。調査はアスベスト除去専門の業者へ依頼しますが、事前調査と除去工事費用に平均相場があります。

1平方メートルで平均1万円から9万円ですが、アスベスト除去の面積により異なるため、場合によっては数百万かかることもあります。

3:別途で解体・撤去する工事費用の場合

家の解体工事とは別に解体や撤去する工事が発生する場合は、本体解体費用に加算して請求されます。植木除去、ブロック塀解体などがこの費用に含まれます。

工事や規模によって異なりますが、植木除去は1本1万円から5万円、ブロック塀は1平方メートル2千円、その他の付帯物は1個2万円からという相場になっています。

4:整地費用の場合

家の解体工事の撤去が完了した後に土地を整地する必要がある場合は、その工事費用は解体外として別途請求されます。

整地と更地では、費用がまったく違います。「更地」は建物を除去しただけで、土地が平らではなく石などがそのままである状態を指します。この場合、費用は発生しません。

「整地」の場合は、重機などを使って土地を平らにして、踏み固める工事が必要です。費用の相場は、地下に埋設物などがない状況で1平方メートルあたり3百円から6百円程度です。

家の解体業者の探し方

解体業者を探す場合は、最近では「インターネット」や「タウンページ」、「マッチングサイト」、「知り合いなどの紹介」などがあるでしょう。

インターネットを利用する場合、条件をキーワード検索して解体業者を探します。地域や費用、評判なども提示しているサイトもあるため活用すると良いでしょう。

タウンページを利用する場合、地域版のタウンページで建物がある場所の近辺の業者をピンポイントで探せるため、検索が効率的になります。

マッチングサイトを利用する場合、インターネット検索と同じようにサイトに直接アクセスし、予算などの条件にマッチする業者を探せます。

解体業者と知り合いであったり、業者を利用したことがある知り合いがいる場合は、業者を紹介してもらうことも1つの選択肢でしょう。

解体費用を抑えるポイント5つ

家の解体費用を節約するためには、解体業者へ支払う解体費用以外の付加工事や処理を極力減らすことが大切です。

ここでは、費用を節約するためにやっておくと良い解体本工事以外の作業を紹介します。

1:雑草や庭木を処理する

植木除去や雑草を刈る工事を解体業者に依頼すると、付加工事費用として別途請求されます。

解体工事の前に自分で植木や雑草を除去しておくことで、費用を節約することができます。

2:家具家財関係を処分する

解体する建物に家具やさまざまな家財道具が残っている場合、解体業者にその処分を依頼すると付加工事費用として加算されます。

あらかじめ自分で家具などを処分しておくことで、費用を節約することができます。

3:信頼できる業者に依頼する

家の解体工事を業者に依頼する場合、費用面だけでなく信頼できる業者に依頼することが大切です。

中には安い見積価格を提示してきて、工事完了時に別途の多額費用を要求する悪質な業者も存在します。見積相談などで業者と対面した時に、何となく調子が良かったり信用できないような雰囲気を感じた場合は悪質な業者である可能性があります。

また、業者の事務所などに自治体より交付される「解体工事許可証」の提示があるかを確認することも重要です。提示がない場合「無許可営業」の業者ということになるため、依頼は控えた方が良いでしょう。

4:補助金があれば活用する

家の解体工事に適用される補助金や助成金は各地方自治体によりさまざまですが、申請することで貰える場合もあります。

補助金や助成金の制度は、各自治体のホームページや公報に提示されているため参考にしましょう。

5:ローンを組む

家の解体費用を支払う際に、ローンを組める場合があります。

銀行や解体業者が提携している会社で組めることもあるため、解体費用が高額である場合などにはローンでの支払いも検討すると良いでしょう。

家の解体費用を把握しておこう

家の解体費用は、建物の「立地条件」や「建坪の大きさ」、「構造」、「地上階と地下階があるか」といった条件によって増減します。

解体工事費用も決して安くはないため、節約できる部分はできるだけ節約した方が良いでしょう。

この記事では、家の解体工事の概要や費用、節約のため実施するポイントなどを紹介しました。家の解体を検討している方は、ぜひこれらのポイントを解体の計画を立てる際の参考にしてください。

解体工事の費用っていくらかかる?
見積もりやご相談はお気軽に解体の窓口へ!

  • 物件情報を送るだけで、無料で自動お見積もりができる
  • 追加費用をかけずに、業者を選定することができる
  • 自分で選定するため、しつこい電話営業も一切ない
かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました