解体業者の大手と中小の違いはある?

解体工事

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

解体業者の大手、中規模、小規模業者の違いについて説明します。大手と中小の主な違いとしては、社員の人数や、請け負う仕事がそれぞれ違います。住宅工事に向いている会社や、それぞれの主な特徴を紹介。希望に合った解体業者を知ることができます。

解体業者の大手と中小の違いはある?

目次

  1. 解体業者の大手と中小には、社員数や請け負う仕事内容などの違いがある。

解体業者の大手と中小には、社員数や請け負う仕事内容などの違いがある。

大手解体業者の特徴

大手解体業者の特徴は、社員は50~300人くらいです。大手業者は主に地方の建設業者の下請けや、地元密着のハウスメーカー工務店の下請けをやっています。

大手業者の場合は、比較的大きな建物専用重機を備え、工場や倉庫などの大きな構造物の解体工事に熟練した職人が多いのが特徴です。中小規模の業者の場合は、戸建て住宅や住宅周りのプチ解体などを多く請け負っている傾向があります。

中規模解体業者との違い

中規模業者は、社員数20~30人くらいで、新興の不動産会社などの下請けなどもしています。大手業者とは違い、創業してから10~20年くらいの若い会社が多いのも特徴です。

個人のお客様の木造住宅の解体に使うサイズの小型重機や、木造住宅の解体に熟練した職人が多い傾向があります。また、個人住宅の小規模解体などは、主にこうした中規模業者が請け負っています。

小規模解体業者との違い

小規模の解体業者の社員数は、1~10人以下です。一般的に、長年の実績のある小規模業者などは解体作業も安心して任せられます。しかし、創業間もない業者の場合は、解体経験が少なく作業ムラが発生する場合もあるかもしれません。

また、大手解体業者は会社組織になっていますが、小規模になると個人事業主として活動しているケースも多く見られます。

うり200

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました