解体工事の現地見積と概算見積の違いは何?メリットデメリットを解説

解体工事の基本知識

自分の所持する家屋などの建物を解体したい、と考えたときには、まずその工事を依頼する業者選びから始めることでしょう。

業者を選ぶ際に基準となる要素はいくつかありますが、最初に気になるのは当然「費用」面ではないでしょうか。

となると、まずは見積が必要になってきます。

見積とは「費用や工事期間などを前もってざっと計算する」こと。予算を決める上でも、費用の金額が比較的高額になる解体工事には欠かせないものです。

解体工事の見積の方法には、大きく分けて「現地見積」と「概算見積」の二通りあります。たいていの業者では両方の方法を用意していますが、これらには大きな違いがあるため、それぞれの方法のメリット・デメリットを踏まえて、自分に合う見積方法で依頼することになります。

現地見積とは

解体を依頼する建物がある場所に直接業者が赴き、建物やその付帯物について現地の状況や周辺地域を調査・測量して見積を行うことを「現地見積」といいます。

現地見積もりのメリット

依頼者と業者の双方で実際に現地を確認できるため、正確で細かい見積を行えるということが最大のメリットでしょう。建物の寸法から材質などの状態までしっかり測量・確認することで、その場で両者が納得のいく詳細な調査が可能になります。また、近隣との境界があいまいな場合は、工事範囲をはっきりさせておけるということも大事です。

その調査に沿って、依頼者側の細かい要望や意見なども直接業者に伝えられ、さらにそれに対する業者の対応も見ることができます。誠実で親切な対応かそうでないか…という点も、工事を安心してまかせられる業者なのかどうかという判断をする際に、重要なポイントになりますよね。
現地見積の際、立ち会いは必ずしも必要ではありませんが、この「業者の対応を見る」という点を考えると、しておくに越したことはないでしょう。後々の高額請求や違反工事などといったトラブルの予防にもなります。

また、見積結果を早々に出してもらうことも可能になります。急ぎの場合は、後述するように面倒な用意が必要な概算見積よりも、どんどん話が進む現地見積がオススメです。

さらに、見積前に「建物内部は調査しないで、外観だけで見積してほしい」「業者とわかるような服装で来ないでほしい」などの細かい要望にも対応してもらえる場合があるので、前もって確認しておくとさらに安心ですね。

現地見積もりのデメリット

対して現地見積のデメリットを挙げるならば、まだ見積の段階であるのに業者に現地の場所を知られてしまう、という点です。

また、立ち会いが必要な場合は、依頼主と業者の間でのスケジュール調整もしなければならないでしょう。

逆にいえば、デメリットといえばそれぐらいなので、この点を不都合だと考えないのであれば、すぐにでも現地見積を依頼しても良いくらいです。

概算見積とは

現地見積とは反対に、直接現地に赴くことなく見積を行うことを「概算見積」といいます。

概算見積のデメリット

依頼者側から提供する、解体対象の写真や図面などの情報だけを頼りに見積を行うことになるため、正確さに欠けるという点が最大のネックでありデメリットともいえるでしょう。

また、依頼者側としてもそれらの資料を用意することに手間や時間もかかります。

建物の配置図や平面図などの図面、建物の素材や形状を知るための写真、建物だけではなく物置や塀・庭木など付随物の写真、重機やトラック通行のための周辺状況資料、地中埋設物や建物内の家財の有無、などなど…

業者に提出する資料、情報は多数あるのです。それらをひとつひとつ用意する手間と時間を覚悟しなければいけません。

そもそも実物を確認できないので、正確さに欠けるだけではなく、資料だけでは不明な部分は算出不可能となって見積金額として出すことができません。 そのため、概算見積で算出された金額は、正式な金額と大幅に差が出ることが多くなるので、本契約の前には結局現地見積が必要となるケースがほとんどです。単純に二度手間になってしまうということですね。

概算見積のメリット

概算見積のメリットは、現地見積のデメリットの裏返しです。
業者に依頼主の名前や現地の住所などを知らせなくて済む」「近隣に気づかれずに見積ができる」ということからプライバシーが守られるという点や、「立ち会いが必要でないため資料さえ用意して送付してしまえばあとは見積ができるのを待つだけ」というお手軽なところが良い点といえるでしょう。

また、解体工事にかかる費用は決して安いものではなく、専門知識も必要なので、依頼には不安が伴うものです。

そういった場合「解体工事について全く予備知識などがなく、とにかくまずは費用の相場を知りたい」「解体工事を考えてはいるが、費用の額によっては検討したい。どれくらいかかるものなのか知りたい」「解体を予定しているが今すぐではないため、大体の費用イメージでいいから知りたい」といった場合にも、不安を解消できる手助けになるという意味では、手軽で気軽な概算見積は適しているといえるでしょう。

それでもやはり、最終的には現地見積が必要になります。正確な金額を算出しないことには、工事に着手することはできないからです。
そのため、概算見積はあくまで「大体・おおよそ」の金額算出にとどまり、本気で解体工事を考えている場合はどうあっても現地見積を依頼しなければいけません

では、現地見積のデメリットである「プライバシー保護に不安がある」という点を解消できれば、安心して現地見積を依頼できますよね。

気をつけるべきことは?

その場合、やはり気をつけるべきは悪徳業者です。
「高額料金を請求された」「見積にはなかった、不当な追加料金を請求された」「工期を守らない」「解体対象の近隣とのトラブルを起こした」「地中にゴミを埋めた、不法投棄をした」などなど、さまざまなトラブルが生じた例があります。

そういった悪徳業者に住所や名前を知られるのは心配ですよね。

また、いきなり一社のみに見積を依頼して、悪徳業者を引くのも嫌だな…と「一括見積サービス」を利用すると、たくさんの業者から一気に営業電話が来てしまい、その応対が大変なことに…というケースも

しかも、いざ一社に決めたときに、残りの業者にお断りの連絡をしなければなりません。

一括見積サービスは便利に見えて、実はこういった面倒があるのです。

こういったことを踏まえて、ご紹介したいのが「解体の窓口」です。

独自の基準を満たした優良業者だけを紹介対象としてご用意し、その中から、依頼主の望む条件にもっとも適した業者を「1件だけ」、厳選してご紹介します。

たくさんの業者を相手にする必要もないし、万が一希望に合わなかった場合は業者へのお断り連絡も代行します。

また、見積を依頼した業者や「解体の窓口」からのしつこい営業電話やメールは一切ありません。

気まずさや煩わしさとは無縁で、優良業者の紹介を受けることができるのです。

一括見積サービスを利用した際に発生する、一斉に来る営業電話や面倒な見積比較・お断り連絡などの手間が一切なしで、その上「解体の窓口」の利用は完全無料

ぜひ一度、お気軽にご利用ください。

結局、解体費用っていくらかかるの?
今すぐ簡単60秒シミュレーションしよう!

  • 解体工事の費用が、簡単な情報を入力するだけで即わかる
  • 最後まで完全無料、しつこい電話営業も一切なし
  • 詳しい見積もりも、物件の写真を追加で送るだけで、現場立ち合いの必要なし
タイトルとURLをコピーしました