【種類別】土地活用の相談先8つ|専門家を選ぶポイントについても紹介

解体工事の基本知識

業者への相談は土地の活用の方向性が決まってからにしよう!

土地活用の方法は豊富にあり、活用方法によってそれぞれの専門知識を持つ業者へ相談することが重要です。

土地活用と言うと不動産会社や建設会社などが思い浮かびますが、土地活用の方向性が決まっていない時点で相談すると、不動産会社や建設会社のメリットが強い土地活用をすすめられる可能性が高いため、おすすめできません。

業者への相談は、土地の活用の方向性が決まってからするようにしましょう。

土地の活用で相談する業者と種類8つ

では、土地活用について相談したい場合にはどのような業者に相談すれば良いのでしょうか。ここでは、すでに土地の活用方法が決まっている人に向けて土地の活用で相談する業者と種類を見ていきます。

  • アパート経営の相談はハウスメーカー
  • 狭小地や変形地の相談は工務店
  • 駐車場やコインランドリー経営の相談は専門業者
  • 土地の売却や借地運用の相談は不動産会社
  • 月極駐車場は不動産会社
  • 太陽光発電システムは不動産会社
  • マンションやビルなどの大型建物はゼネコン
  • 土地を分筆して活用したい場合はゼネコン

1:アパート経営の相談はハウスメーカー

大手のハウスメーカーはアパート経営などの不動産投資で、顧客とハウスメーカー双方が利益を上げるためのノウハウを持っています。

また、系列会社に空室保障や管理業務をまとめて依頼できるところも多く、竣工後のフォローまでサポートしてくれる業者もあります。

2:狭小地や変形地の相談は工務店

工務店は注文住宅のような上物を建てることを得意としているため、設計の構図や外観、コンセプト、外構まで自由な建築を依頼しやすいです。

また、工務店は地域密着であることが多いため、地場の動きに敏感という特徴があります。工務店であれば、活用しにくい特殊な土地にも収益を上げられるプランを提示してくれる可能性もあります。

3:駐車場やコインランドリー経営の相談は専門業者

簡単で手軽な土地活用として考えられるのは、駐車場やコインランドリー経営などです。アパートやマンション程の収益は期待できませんが、少ない初期費用で土地活用を行うことができます。

駐車場やコインランドリー経営では、専門業者が土地を借り上げて地代を受け取るタイプのものと、設備を自分で購入して管理を専門業者に任せるタイプがあります。

4:土地の売却や借地運用の相談は不動産会社

土地を売却すると固定資産税を払う必要がなくなり、まとまった現金を手に入れることができますが、売却した利益に対して譲渡所得税が課されます。

また、土地を貸して地代を受け取る借地は、土地を借りた人が借地上に建物を建てると30年以上土地を自由に使えなくなる可能性があるため注意しましょう。

出典:借地借家法 第三条|e-Gov法令検索

5:月極駐車場は不動産会社

月極駐車場はコンクリートで土地を舗装してタイヤ止めを設置して白線を引くだけのため、初期費用が抑えられます。

駐車場ができれば、後は利用者と賃貸借契約を交わして管理するだけです。

6:太陽光発電システムは不動産会社

不動産会社を介さず直接太陽光発電システムの専門会社に依頼することもできますが、信頼のおける業者を知らなければ悪質な業者に当たる可能性もあります。

不動産会社に仲介してもらうことで、費用に仲介料が含まれる可能性も考えられますので、予算と照らし合わせてよく検討しましょう。

7:マンションやビルなどの大型建物はゼネコン

ゼネコンは大規模事業を手掛けているため、マンションやビルの建築などに関するノウハウを持っています。広い土地を最大限に活用して大型建物を建設したいと考えている場合は、有効に活用する方法を提案してくれるでしょう。

しかし、立地の悪い土地では入居が見込めないためゼネコンが相談に乗ってくれない可能性もあります。

8:土地を分筆して活用したい場合はゼネコン

ゼネコンは上述した通り、数々の大規模事業を手掛けていることが多く、その中には土地を分筆して住宅地を形成するといった事業も含まれます。

大きな土地を分筆して活用したいと考えている場合には、豊富なノウハウを有するゼネコンが有効な活用方法を提案してくれるでしょう。

資金について相談できる専門家3選

他で相談した土地活用プランについて、どれが良いのか、またどれが自分に合っているのかが分からず決められないという場合もあります。

相談費用がかかる場合もありますが、資金について相談できるファイナンシャルプランナーや金融機関、税理士などの専門家に相談してみるのも1つの方法です。

  • 見込み収支の相談はファイナンシャルプランナー
  • 融資の相談は金融機関
  • 土地活用にかかる税金の相談は税理士

1:見込み収支の相談はファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーはお金の収支管理に詳しいお金の専門家ですが、土地活用のプロではありません。そのため、土地活用の相談をするのではなく、この土地活用をした場合にどのくらいの収支が見込めるのかという相談をするようにしましょう。

相談する段階では、土地活用方法を決めておく必要はありません。

2:融資の相談は金融機関

土地活用を行う際には金融機関から融資を受けて取り組むことが多いです。そのため、融資の相談は金融機関にするのが良いでしょう。

金融機関は土地活用を検討している人や、すでに土地活用をしている人に融資相談や融資を行っているため、経験に基づいたアドバイスを受けることができるでしょう。

3:土地活用にかかる税金の相談は税理士

土地活用にかかる税金の相談は税の専門家である税理士にしましょう。太陽光発電やアパートなど土地活用では大きなお金が動くため、それに伴い税金も大きくなります。

税理士に相談する際は、土地活用を1つに想定して相談するとより効果的なアドバイスを受けることができるでしょう。

税理士は税の専門家であり土地の専門家ではありませんが、職業柄、土地活用経験者との関わりも多いため、税理士ならではの視点からのアドバイスを得られる可能性があります。

土地の活用で相談する業者選びのポイント5つ

土地活用を成功させるためには、相談する業者選びが重要なポイントです。ここでは土地の活用で相談する業者選びのポイントをご紹介します。信頼できる業者選びの参考にしてください。

  • 複数の業者の中から選ぶ
  • 長期的に相談しやすい業者を選ぶ
  • 相談先の実績や評判を確認しておく
  • 大手だけでなく地域密着型の業者も考える
  • 土地活用比較サイトで調べてみる

1:複数の業者の中から選ぶ

信頼できる業者を知っている場合はその業者に相談するのが良いですが、信頼できる業者が分からない場合は、複数の業者に相談しその中から選ぶのがおすすめです。

1つの業者にしか相談していないと他と比較することができないため、相場より高い価格で提案されても気付くことができない可能性があります。

複数の業者に資料請求する際は、一括資料請求サービスなどを利用すると便利です。

2:長期的に相談しやすい業者を選ぶ

土地活用は長期の資産運用となるため、長期的に相談しやすい業者を選ぶのがポイントです。土地活用の知識が豊富で、経営手腕にも自信があれば自力で収益を確保できる可能性もありますが、多くの場合自力で収益を確保するのは難しいでしょう。

業者が途中で倒産してしまうと相談できなくなるため、業者の経営状況もチェックして長期的に相談できる業者なのかを確認することが大切です。

3:相談先の実績や評判を確認しておく

相談先の実績や評価も重要なポイントです。税金対策や資金計画などプランを設計する段階で見落としがあると、土地活用が失敗に終わる可能性もあります。

豊富な実績を持つ業者であれば、収益が得られるプランを提案してくれるでしょう。

また、実際にその業者を利用した人の口コミなど、リアルな評判も選ぶ際の参考になります。評判を参考に利用者の満足度が高い業者を選びましょう。

4:大手だけでなく地域密着型の業者も考える

活用したい土地があるエリアに詳しくない業者に相談すると、周辺情報に詳しくないため対応が遅くなってしまう可能性があります。

相談する業者を選ぶ際には大手だけでなく、地域密着型の業者も考えてみましょう。

5:土地活用比較サイトで調べてみる

土地活用比較サイトを利用すると、物件情報など簡単な情報を入力するだけで複数の業者から土地活用プランを取り寄せられます。

手間をかけずに複数業者から資料を受け取り、比較することができるため、効率よく土地活用を進めることができるでしょう。

土地活用の相談で準備しておくべき情報4つ

土地活用を業者に相談する際に、スムーズに話を進めるためにも事前に準備しておきたいことがあります。ここでは、土地活用の相談で準備しておくべき情報について解説します。

  • 土地活用に使える資金の額
  • 土地に関する詳しい情報
  • 連絡手段と連絡先
  • 土地活用の具体的な目標

1:土地活用に使える資金の額

相談される側も資金の額が分からなければ、的確な提案をすることができません。限られた資金でより良い土地の活用方法を提案してもらうことに意味があるため、できるだけ具体的な資金額を決めておきましょう。

2:土地に関する詳しい情報

土地の広さや地形、立地など土地に関する詳しい情報があれば、業者もより具体的で精度の高い土地活用プランを提案できます。

業者の担当者と詳細な内容を決めていくときには登記簿謄本や固定資産税納付書、測量図などの土地を証明する書類があれば話がスムーズに進むでしょう。

3:連絡手段と連絡先

土地活用のプランについて必要な情報がある場合には、業者から連絡が来る場合があります。なかなか電話に出られない場合や、何度も電話がかかって来るのに抵抗がある場合は、メールでの連絡を希望する旨を伝えておきましょう。

4:土地活用の具体的な目標

土地活用の具体的な目標を伝えておくことで、後からイメージと違ったという事態を避けることができます。

できるだけ収益を高めたいのか、土地の維持費を軽くしたいのかなど、人によって土地活用の目標は異なり、目標によって土地活用の選択肢も異なります。

土地の活用は長期になるので多くの業者と相談して後悔しないようにしよう!

土地活用の相談先や相談先を選ぶポイントなどについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

土地活用には専門的な知識が必要になるため、業者に相談するのがおすすめです。また、土地活用は長期の資産運用になるため、この記事を参考に多くの業者と相談して後悔のないようにしましょう。

解体工事の費用っていくらかかる?
見積もりやご相談はお気軽に解体の窓口へ!

  • 物件情報を送るだけで、無料で自動お見積もりができる
  • 追加費用をかけずに、業者を選定することができる
  • 自分で選定するため、しつこい電話営業も一切ない
かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました