田舎の土地活用には太陽光発電が最適|費用や期間、メリット・デメリットを解説 

解体工事の基本知識

太陽光発電は、土地活用の方法として人気を集めています。いくつかある土地活用の中でも太陽光発電は長期的に安定した収入が得られることが特徴的です。初期費用や維持費用が少なくて済むというメリットもあります。しかしデメリットもあるため始める前に知っておくべきです。

この記事では、太陽光発電という土地活用について、始めるのに必要な費用や期間、メリットやデメリットなどについて詳しく解説します。

太陽光発電とは

太陽光発電とは、パネルなど使って太陽光を電気エネルギーに変える発電です。家の屋根の上に設置したり、土地に架台をつけて設置したりします。太陽光という自然のエネルギーを使うため、火力発電や原子力発電と異なり自然に優しい発電です。

太陽光発電で収入を得る仕組み

太陽光発電で収入を得るためには、経済産業省のFIT制度(固定価格買取制度)を利用します。

FIT制度を利用した太陽光発電では、発電した電気を電力会社に一定期間一定価格で買い取ってもらえることを国が約束しています。システム容量が10kW以上の太陽光発電であれば20年間電気を買い取り続けてもらえます。

電気を買い取ってもらえる価格は、1年に1回くらいの頻度で変更されますが、発電パネルを設置した時に約束した価格は20年間継続されます。

太陽光発電はローリスク・ローリターンの投資になっています。最近は売電価格が下がって利回りが低下していますが、しかし発電システムの性能の向上とコストの低下も進んでいるため、利回りが大きく低下しているわけではありません。

太陽光発電にかかる費用

太陽光発電に取り組む際にかかる費用についてご説明します。太陽光発電には次の費用が必要になります。

発電機器などの購入費用と設置工事費用:数百万円〜数千万円(規模などによって異なる)

系統連系負担金:数万円〜数十万円(規模などによって異なる)

系統連系負担金:数万円〜数十万円(規模などによって異なる)

整地:600円〜2万円/㎡ (土地の状況によって異なる)

メンテナンス費用:年間約15万円

太陽光発電の初期費用は数百万円~数千万円です。設置費用や収入は、発電用地の規模によって異なります。「系統連系負担金」とは、太陽光発電で発電した電気を売るために行う手続きや工事にかかる費用のことです。

メガソーラーという大規模な発電もありますが、これは大量に発電でき収入が多くなる半面、メンテナンスに多くの費用がかかってしまいます。個人の土地活用であれば、まずは10kW以上・50kW未満のシステム容量で検討するのがおすすめです。

太陽光発電を始めるまでの期間

 太陽光発電を始めるまでには、平均で6カ月くらいかかります。

現地調査〜見積り取得:1カ月以内

契約〜施工完了:平均6カ月

太陽光発電で発電した電気を売るためには、国や電力会社と様々な手続きを行う必要があります。手続きがスムーズに進んだ場合は、上記の期間よりも短期間で済むこともあります。

土地によっては追加で工事が必要になることがあります。その場合はさらに施行期間が長引きます。たとえば土地の状況によっては整地のために工事が必要になります。太陽光発電を行う場合は、土地が平らで、日照の妨げになる草木ないことが求められるためです。

地盤が緩い土地であれば、水はけを良くする工事が必要になる可能性があります。しかし発電設備は家よりも軽いため、そこまで大規模な工事は必要ありません。

太陽光発電の見積りを依頼して、費用や工期に納得できたら契約しましょう。

太陽光発電ではどのくらい稼げる?

太陽光発電ではどのくらい稼げるのか、利回りについて見てみましょう。

土地を持っていない場合に、土地と発電システムの購入をして太陽光発電を行う場合の利回りは、約10%になります。すでに土地を所有している場合は、10%を超える高利になる可能性が高いです。

下記に太陽光発電の費用と利回りの一例をご紹介します。価格には10%の消費税が含まれています。

発電容量:42.9kW

売電価格:23円

機器購入費用・工事費用:766万7000円

年間売電収入:1,092,491円/年

表面利回り(年間収入÷システム価格✕100):14.2%

上記に加えてメンテナンス費用がかかるため、実際の利回りはもう少し低くなります。

太陽光発電に向いている土地

太陽光発電には向いている土地と向いていない土地があります。太陽光発電にはどのような土地が向いているのか確認しておきましょう。

日当たりが良い

太陽光発電を行う上で最も大事な条件は、日当たりが良いことです。周りに建物や木などの日照を遮るものがない土地は太陽光発電に向いています。

今土地の周りに高い建物が建っていなくても、将来周りに高い建物が建つこともあるため、その可能性がないか確認しましょう。

郊外

周囲に建物があまりない郊外は太陽光発電に向いています。周囲に建物が多くある市街地は、建物によって日陰になってしまいます。それだけでなく、太陽光パネルの反射光によって近隣に迷惑をかけてトラブルになってしまう可能性があります。

アパートや駐車場のニーズがない郊外の土地であっても、太陽光発電を行うことで土地を有効活用できます。

さらに市街地は固定資産税が高いため太陽光発電を行ってもあまり収入が得られない可能性がありますが、これに対して郊外は税金が安いため収入が得やすいのです。

電柱が近くにある

電柱が近くにあると太陽光発電の工事が安く済みます。太陽光パネルで発電した電気は送電線でつないで送ります。最寄りの電柱までの送電線の工事費用もかかるため、近くに電柱があると工事が安く済むのです。

近くに電柱がない場合は、自費で電柱を立てる必要があるため、高額の費用がかかってしまいます。

地盤が固い

地面に太陽光パネルを設置して太陽光発電を行う場合、地盤が固い土地だと工事の費用が抑えられます。

地盤の弱い土地で行う場合は、場合によっては基礎工事を行うため、工事費用が高額になってしまいます。地盤が弱すぎる場合は、太陽光パネルが設置できないこともあります。

太陽光発電を行うメリット

太陽光発電では、初期費用や維持費用が少なくて済み、長期的に安定した収入が得られるというメリットがあります。太陽光発電を行うメリットについて詳しくご説明します。

初期費用が安い

太陽光発電はアパート経営などの土地活用に比べて初期費用が安く済みます。アパート経営を始める場合は、建物を所有するために多額の費用を投資しなければなりません。それに比べて太陽光発電を始める場合の発電設備への投資は低額の費用で済みます。

規模などによって異なりますが、太陽光発電を始める場合の初期費用は1kWあたり30~40万円前後です。導入することの多い10~50 kW未満の容量であれば、初期費用の総額は数百万円~一千万円台くらいで済みます。

太陽光発電は、あまり大きな出費をしないで土地活用したい場合に、おすすめの方法です。

太陽光発電の事業者に土地を貸す方方法もあり、この方法なら初期費用は業者に負担してもらえるため、初期費用0円で太陽光発電による土地活用を始められます。

ランニングコストはほとんどかからない

太陽光発電のランニングコストはほとんどかかりません。アパート経営などに比べて太陽光発電の維持にかかる費用は少額です。

太陽光発電システムが故障した場合は取り替えなければなりませんが、一般的に太陽光発電システムには10〜25年の保証が付いています。

長期間安定した収入が得られる

太陽光発電によって、長期間にわたって安定した収入が得られるようになります。太陽光発電によって得た電気は20年間にわたって固定価格で買い取ってもらえます。太陽光発電は土地活用の中でもとくに長期安定した収入が見込める活用法です。

太陽光発電による収入は天気によって変動しますが、年間を通して考えれば毎年同じくらいの収入が得られます。

FIT制度や補助金制度を利用できる

太陽光発電は国が推進しているため、FIT制度や補助金制度などがあります。このような制度を利用することで、太陽光発電にかかる費用の負担を軽減できます。制度は太陽光発電用地を設置する地域によって金額などが異なるため、事前に調べておくのがおすすめです。

需要のない土地を有効活用できる

太陽光発電によって、需要のない土地を有効活用できます。たとえば郊外の土地は、アパートや駐車場などの需要があまりありません。このような需要の少ない土地であっても、太陽光発電を行うことで安定した収入を得られます。

また基本的に建物を建てることができない「市街化調整区域」であっても、太陽光発電パネルなら設置できます。このように使い道がない土地であっても太陽光発電を行うことで有効活用できるのです。

太陽光発電を行うデメリット

太陽光発電にはデメリットもあり、高収入を得ることは難しく、災害のリスクもあります。太陽光発電を行うことにあるデメリットについても詳しくご説明します。

高収入を得ることは難しい

太陽光発電ではそこまで高収入を得ることは期待できません。太陽光発電事業はアパート経営ほどの高収入を得ることは困難です。

アパート経営では多くの初期投資が必要になりますが、高収入を期待できます。これに対して太陽光発電では初期投資が少なくて済みますが、アパート経営ほどの高収入は期待できないのです。

災害や盗難のリスクがある

太陽光発電用地が災害によって被害を受けると、電気を得られなくなるため、収入を得られなくなってしまいます。もし太陽光発電を初めてすぐに太陽光発電用地が災害に見舞われて被害を受けたら、初期費用を回収できなくなってしまう可能性があります。そのため災害リスクの低い土地を選ぶことが重要です。

太陽光発電装置のケーブルなどが盗まれてしまう可能性もあります。太陽光発電装置の部品が盗難されるのを防ぐために、防犯対策を実施する必要があります。

災害や盗難等に備えて損害保険に加入しておくとより安心です。

初期費用を回収するまでに時間がかかる

初期費用を回収するまでに時間がかかります。太陽光発電は、短期間ですぐに収入につながるわけではありません。初期費用を回収して、収入のみが入ってくるようになるまでには長い期間が必要です。

太陽光発電は、太陽光発電装置の設置などにかかった初期費用を回収するまでに、10年ほどかかります。そのため短期間の土地活用には向いていないのです。

パネルの反射などでトラブルになることがある

太陽光発電では、太陽光発電パネルの反射などによってトラブルに発展してしまう可能性があります。

設置したパネルの向きによっては、隣地に反射してしまうことがあるのです。とくに土地活用のために設置するような太陽光発電では、設置するパネルの枚数も多くなります。そのためパネルの反射の影響も大きくなります。

場合によってはトラブルに発展してしまう可能性もあるため注意が必要です。実際に太陽光発電パネルが設置された土地の隣地の方が裁判を起こしたケースがあります。

太陽光発電を成功させるためのポイント

最後に太陽光発電を成功させるためのポイントをご紹介します。太陽光発電を始める際は、ここでご紹介するポイントを参考にしながら取り組んでみてください。

事前調査を念入りに行う

太陽光発電用地にしようと考えている土地が太陽光発電に向いているのかどうか、専門の業者に事前調査してもらいましょう。日当たり、地盤、災害の可能性などについて専門家の意見を聞いてみてください。

相見積もりを行う

太陽光発電装置の設置を依頼する業者を選ぶ際は、相見積もりを行いましょう。複数の業者から見積もりをもらって、比較検討することが大切です。

太陽光発電装置の設置を行っている業者はたくさんあります。安さや内容を考慮して最もお得な業者を選びましょう。

合計金額で比較する

それぞれの業者の見積もりを比較する際は、見積りの金額が適正なのかどうかを判断するために、総額で比較しましょう。太陽光パネルの費用だけでなく、設置費用、フェンスの設置費用や造成費用などの諸経費も含めた合計金額で比較することが大切です。

太陽光パネルの安さをアピールしている場合も、設置費用などを含めて合計金額で確認するとお得ではないこともあります。

このことに加えて、補償やアフターフォローなどのサービスについても確認してみてください。

システムの発電効率と価格を考慮する

発電効率の高いシステムを、できるだけ低価格で設置してもらうことで、初期費用を抑えて収入をアップさせることができます。システムの発電効率と価格を考慮して業者を選びましょう。

実績が豊富で信頼できる業者を選ぶ

安さだけでなく、実績が豊富にあり信頼できる業者かどうかについても考えて選びましょう。

初期費用は安い方が良いですが、適切な工事をしてもらわないと、損害につながり思わぬ出費が発生して本末転倒になってしまう可能性もあります。

太陽光発電パネルの設置では、設置場所の地形や地盤の強さに合わせて、適切な基礎工事を行ってもらうことが大切です。

業者が発電量の根拠について説明してくれるか、高すぎる発電量を想定していないかについても確認すると安心です。施工の実績が豊富にあるかどうか確認して、信頼できる業者を選びましょう。

収支のシミュレーションを確認する

初期費用、毎年の維持管理費用、固定資産税などを差し引いた収入はいくらになるのかしっかり確認することが大切です。

地価の高いエリアで、固定資産税や都市計画税の負担が大きい場合は、手元に残る収入が少額になってしまう可能性もあります。このような場合は、太陽光発電だけでなく他の土地活用も視野に入れて、それぞれの土地活用の方法を比較してみるのがおすすめです。

盗難されるのを防ぐための対策を行う

太陽光発電装置の部品が盗難されるのを防ぐためには、防犯対策を行って「人の目が行き届いている」という印象を与えることが大切です。

ソーラーパネルの掃除などのメンテナンスを定期的に行ったり、監視カメラを設置したりすることが防犯対策になります。防犯対策を行い、放置されている印象を与えないようにしましょう。

まとめ

ここまで太陽光発電について、始めるのに必要な費用や期間、メリットやデメリットなどについて解説しました。

太陽光発電は少ない初期費用や維持費用で始めることができ、長期的に安定した収入が得られます。しかしそこまで多くの収入は期待できず、災害などのリスクもあります。

土地活用のために太陽光発電を始めようか検討している方は、ぜひこの記事でご紹介した太陽光発電のメリットやデメリット、成功させるためのポイントを参考にしてみてください。

解体工事の費用っていくらかかる?
見積もりやご相談はお気軽に解体の窓口へ!

  • 物件情報を送るだけで、無料で自動お見積もりができる
  • 追加費用をかけずに、業者を選定することができる
  • 自分で選定するため、しつこい電話営業も一切ない
かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました