埼玉県の解体工事事情と業者の選び方!工事単価の相場データも参考にしよう

解体業者の選び方

埼玉県が抱える解体工事事情

東京都に近い埼玉県には、首都圏のベッドタウンになっている町が多く、高度成長期には東京の発展に応じて大量の住宅が建てられました。

高度成長期から半世紀が過ぎようとしている現在、建て替えなどに伴う解体工事のニーズも多くなっていますが、個人ではどのような解体業者に依頼すればよいのか判断できません。

埼玉県で実際に解体工事を依頼する場合、どのような解体業者に依頼すればよいのか、費用の相場やおすすめ業者についてご紹介します。

埼玉県の営業所から工事を請ける範囲圏内の目安

埼玉県で解体工事を依頼する場合、解体工事の場所が解体工事会社の営業所から40kmくらいまでとしている業者が多く、近いほど安くなります。

解体工事の費用には、人件費や輸送費、処理費が含まれますが、解体工事が遠距離になるほど、作業者の現場まで出向くコストや解体工事で出た廃棄物などを処理場まで運ぶ輸送コストが余分にかかります。

何かトラブルがあった場合や相談したいことがあるときに、できれば近い方が相談しやすいというメリットもあります。

埼玉県の解体工事単価の相場データ3つ

埼玉県は地域によって住環境や利便性に大きな違いがあります。また、建物の構造によって解体工事の単価が変動したり、昨今のエコロジーに対する意識の高まりから、産業廃棄物の処理方法についても変わってきています。

埼玉県の解体工事の単価について、時系列の推移、地域による違い、構造による差を見ていきましょう。

1:時系列別から見る推移

ここ数年の埼玉県の解体工事の坪単価を見ると、廃材の処分基準が厳しくなってきているため、全体的な相場は高くなりつつあります。

解体工事において、建物本体の解体費用や諸経費には大きな変動はありませんが、廃材処分のコストはリサイクルについての考え方が変わってきたことから、以前より細かい分別と高コストの廃棄方法が必要になっています。

年次のサイクルで見ると、固定資産税の課税される1月頃から、公共工事にリソースが割かれやすい3月頃を避けて、4月から11月に解体工事をするのがおすすめです。

2:市町村別の単価相場

解体工事は自治体ごとに廃材処分にかかる費用が違うため、市町村によってコストが変わってきます。

隣の家との距離が近い場合は養生などを厳重にしなくてはならず、廃材の運び出しも重機を使えないとコストがかかってしまいます。

これらの理由から、価格を見る場合は同一エリアの相場を参考にしなければなりません。

3:構造別の単価相場

埼玉県に限らず、解体工事は木造、鉄骨造り、鉄筋コンクリート造りなど、建物の構造によって、解体のコストは変わってきます。

延床面積が大きくても基本的な解体作業は変わらないため、広いほど割安になります。廃材の量は増えますが、全体的には狭いほど割高になります。

解体工事の相場として参考にする場合は、同一の構造で規模の同じ建物を見るようにしましょう。

埼玉県の解体工事会社の探し方

解体工事を行う業者は、建設業許可もしくは解体工事登録をして、許可を受けていなければなりません。

建物の解体を行ったり、産業廃棄物を処理したりする際には、適切に行われたかどうかを記載したマニフェスト(産業廃棄物管理票)のE票を発行してもらわなければなりません。

自社で施工をしている業者は、委託しない分コストも低く抑えられ、施工に対する責任感も強くなります。

解体工事を初めて依頼する場合は、上記のような条件を満たしている会社を見極めるのは難しいため、解体工事業者の一括見積サイトを利用するのもおすすめです。

出典:建設業許可│国土交通省
参照:https://www.mlit.go.jp/onestop/137/images/137-001.pdf

埼玉県のおすすめの解体工事会社を比較しよう

埼玉県には多くの解体工事会社があるため、依頼しようとしたときにどの会社を選べばよいか迷ってしまいます。

たくさんある解体工事会社から自分のニーズに合った会社を選び出すためには、埼玉県のおすすめの解体工事会社を比較評価してくれるサイトを利用すると便利です。

解体工事会社の比較サイトで埼玉県の業者を調べて、自分のニーズに合った解体工事をしてくれる会社を選びましょう。

結局、どうやって解体業者を選ぶべき?
最適な解体業者をご紹介いたします!

  • 業者を選ぶまでに、個人情報を伝える必要なし
  • 現場の立ち合いなしで、詳しい見積もりが出せる
  • 損害保険加入の厳選された業者のみ、登録されているから安心

今すぐ簡単30秒シミュレーションしよう!

タイトルとURLをコピーしました