6パターンの減築費用の相場を紹介!減築する利点と注意点も合わせて解説

解体工事の費用について

減築の意味とは?

減築とは、部屋を撤去するなどして、建物の床面積を減らすことです。

例えば、2階建て住居の2階部分を撤去して平屋にする、建物の一部を撤去して庭を作る、2階の床を撤去して吹き抜けにする、といったことがそれにあたります。

減築は、建物の維持管理の負担軽減や、身体的な負担軽減、採光や通風の確保などのために行われます。子どもが独立して高齢者夫婦だけになった世帯が、不要な部屋を減らすために行うことが多いです。

6パターンの減築費用の相場

減築の費用は、一般的に施工面積1平方メートルあたり10万~15万円程度が相場となっています。しかしこれはあくまで目安であり、建物が木造か鉄骨か、施工範囲の広さはどのくらいか、どのような工事内容なのかによって大きく変わります。

次に、減築の費用について6つのパターンに沿って相場を紹介します。

1:平屋の一部だけを取り壊したい場合

はじめに、平屋の建物の一部だけを取り壊す場合の費用です。駐車場や庭を作りたい、隣の家との間隔を広げたい、などの理由で行われます。

解体費と壁の補修費で、1平方メートルあたり約9万円の費用がかかります。取り壊す面積が60平方メートルの場合、約540万円の費用がかかります。

2:2階建てを平屋にしたい場合

2階建ての建物を平屋にする場合の費用です。家族が減り2階を使わなくなった、階段の上り下りがつらくなった、介護生活を楽にしたい、家の耐震性を高めたい、などの理由で行われることが多いです。

この場合、2階の解体費と屋根の設置費などで1平方メートルあたり約10万円の費用がかかります。2階の床面積が100平方メートルの場合、減築費用は約1,000万円になります。

3:2階建ての半分を取り壊したい場合

2階建ての建物の1階と2階の半分を合わせて取り壊す場合の費用です。駐車場や庭を広げたい場合や新たに作りたい場合、隣の家との間隔を広げたい場合などに行われます。

この場合、解体費と屋根の補修費、壁の補修費などで1平方メートルあたり約13万円の費用がかかります。例えば50平方メートルを取り壊す場合、1階と2階合わせて100平方メートルになるため、減築費用は約1,300万円となります。

4:2階建ての2階だけを取り壊したい場合

2階建ての建物の2階部分だけを一部取り壊したい場合です。2階の子ども部屋やトイレなど不要となった部屋を減らし、バルコニーや収納スペースを作ることもあります。

この場合、解体費と屋根の補修費、壁の補修費などで1平方メートルあたり約14万円の費用がかかります。例えば50平方メートルを取り壊す場合には、減築費用は約700万円になります。

5:2階建てに吹き抜けを作りたい場合

2階の床を取り壊し、2階と1階の部屋をつなげて吹き抜けを作る場合の費用です。明るくゆとりのある空間を作り、夏を涼しく過ごすことができます。

この場合は、解体費などで約500万円かかります。

6:庭を作りたい場合

建物の一部を取り壊して庭を作る場合、解体費用や壁の補修費・廃材の処理費などを合わせると、床面積によって変わりますが約300万円〜690万円程度の費用がかかります。

減築する利点5つ

建物の床面積を減らし住居をコンパクトにすることには、様々なメリットがあります。例えば、建物の維持管理がしやすくなる、身体的な負担が減る、冷暖房費などの光熱費や税金が削減できる、防犯性や耐震性の向上が期待できる、などです。

次に、それらのメリットについて具体的に紹介します。

1:掃除や換気の負担を減らせる

減築して家を小さくすることは、家事の負担を減らし家の手入れをしやすくする効果があります。

例えば子どもが独立し高齢者だけの世帯になった場合、使っていない部屋の掃除や換気は段々と負担になってきます。2階建て、3階建て住居の場合、階段の上り下りも大変になってくるでしょう。

減築し使っていない部屋を撤去することで、撤去した部屋の掃除や換気をする必要がなくなり、また生活動線を短くすることによって全体的な家事の負担を減らすことができます。

2:光熱費をおさえられる

家が広いと冷暖房の効きが悪くなるため、電気代が高くなってしまいがちです。減築により不要な部屋を撤去することで冷暖房の効きが良くなり、結果的に光熱費の削減につながります。

また住宅密集地などでは、減築によって庭を広くすることで隣の家との間隔が広くなり、日当たりが良くなることが期待できます。また、風通しも良くなるので、結果的に冷暖房にかかる光熱費をおさえることができるでしょう。

3:防犯性の質の向上が期待できる

明らかに現在使っていない部屋があると、空き巣に狙われる可能性も高くなります。2階やリビングから離れた部屋などは、窓から侵入されても気づきにくいです。

そのような部屋を減築することによって、防犯面での質の向上が期待できます。また、減築して隣の家との間隔をあけることによって、防犯上の死角を無くすなどの効果も期待できます。

4:耐震性の向上が期待できる

2階以上の建物の場合、1階部分には上の階の重さがかかっています。減築によって2階の一部を撤去、または2階全体を撤去することで、1階部分への負担を減らすことができます。

それにより建物全体が軽くなり、建物の劣化を防ぎやすくなる上に、地震の際は揺れの影響を小さくするなど耐震性の向上が期待できます。

5:固定資産税を軽減できる

固定資産税とは、土地や建物を所有している人が負担する税金です。

固定資産税は、土地や建物に固定資産税評価額が付けられ、それをもとに納税金額が決まります。固定資産税評価額は、土地や建物の延べ床面積の合計によって変わります。そのため、使っていない部屋であっても家全体の床面積が広いとその分固定資産税は高くなります。

減築し床面積を減らすことによって固定資産税評価額が下がり、結果的に固定資産税を軽減できます。

出典:No.4602 土地家屋の評価|国税庁

減築する時に注意すること5つ

減築し不要な部屋を減らすことには、家の管理がしやすくなる、光熱費や税金が下がる可能性があるなどいくつものメリットがあります。しかし、減築によるデメリットもいくつかあります。

次に、減築する際に注意すべき点について説明します。減築を考える際には、これらの注意点も理解しておきましょう。

1:予想していたより高くなることがある

減築のためには外壁や屋根、柱などに手を加えます。そのため、工事中にシロアリの被害を発見したり、耐震のための補強材を撤去したために改めて補強工事が必要になったりと、様々なことが起こります。

それらに対応する追加工事を行っていると、当初予想していた額よりも工事費が高くなることがあるので注意しましょう。

費用が膨らむのを防ぐには、工事の前に現場を確認した上で業者とよく打ち合わせを行い、どのような場合に追加の工事や費用が発生するのか、きちんと確認しておくことが大切です。

2:仮の住まいが必要になる

減築のための工事は、工事の規模や内容によって、家に住みながら行う場合と一時的な仮住まいが必要となる場合があります。

仮住まいが必要となる場合には、ホテルや賃貸物件などの宿泊費がかかります。特に、工事が数ヶ月に及ぶ場合などはある程度まとまった費用が必要です。また、リフォーム前と完成後には引っ越し代金も発生します。

リフォーム業者によっては仮住まいの手配や引っ越しのサポートを行うところもあるので、事前に相談しておくと良いでしょう。

3:雨漏りなどが発生することがある

減築工事では屋根や壁を一度解体し、補修を行います。そのため、施工箇所の防水対策が不十分だと雨漏りなどが発生することもあります。

それを防ぐためにも、減築についての知識や実績があり、不安に思う点に対してきちんと説明できる業者に工事を依頼するようにしましょう。

4:収納スペースに困ることがある

減築すると部屋の数が少なくなり、収納スペースも減ります。そのため、家族の荷物がそのままの状態で減築を行うと、収納スペースに困ることがあります。

後で収納スペースに困ることが無いよう、減築工事を行う前には不要な荷物を処分しておくようにしましょう。また、減築工事の際に、同時に押入れなどの収納スペースを増やす工事を行うのもおすすめです。

5:登記申請が必要になる

減築によって住宅の床面積が変わった場合には、法務局での建物の登記簿の変更申請が必要になることがあります。

変更から1ヶ月以内に申請が必要ですが、申請手続きには費用がかかり、また司法書士などに申請の代行を依頼すると数万円の費用が必要となります。

出典:ア 建物の表示に関する登記|大田区

減築費用の相場について知ろう

減築とは、建物の床面積を減らすことです。

減築では、建物の解体の他に減築した部分の屋根や外壁の設置費用、内装の工事費、廃材処理費など、様々な費用がかかります。また、減築する建物が鉄骨か木造か、どの部分を工事するかによっても費用は大きく変わります。

しかし、ライフスタイルの変化に合わせて家を減築することによって、建物の管理がしやすくなったり、日当たりや換気が良くなったりと快適な住環境を手に入れることができます。また、耐震性や防犯性の向上など安全面でも期待ができます。

減築にかかる費用の相場を知り、ライフスタイルに合わせた理想的な住居になるよう、効果的な減築を行いましょう。

解体工事って何だか難しそう…
色々な業者から営業電話がかかってくるんじゃない?
追加費用を請求されるんじゃない?
解体工事が始めてでも大丈夫かな?

  • 逆オークション制により、解体工事費用がどんどん安くなる!
  • 相場と最安値を比較して、自分で業者を選定できる
  • 現場の立ち合いなしで、詳しい見積もりが出せる
かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました