相見積もりとは?取り方のマナーや断り方は?

解体業者の選び方

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

解体工事の業者選定で、より良い解体業者と出会うための相見積もりついて解説します。相見積もりの説明はもちろん、解体工事の相見積もりを行うにあたって、見積依頼の方法や断り方のマナーについて紹介します。これから解体工事を計画している方はぜひ読んでください。

相見積もりとは?取り方のマナーや断り方は?

目次

  1. 相見積もりとは複数の会社から見積もりを依頼すること。覚えておくべき取り方のマナーは3つ。断る際には誠意ある対応を。

相見積もりとは複数の会社から見積もりを依頼すること。覚えておくべき取り方のマナーは3つ。断る際には誠意ある対応を。

解体を依頼する解体業者を選定する際には、解体工事にどれくらいの費用・期間などがかかるか見積もりを取ります。その際に内容の正確性をチェックするため、複数社から見積もりを入手することが一般的です。

相見積もりはさまざまなメリットがある一方で、各社に対して誠意ある対応が必要となります。解体工事における、相見積もりについて解説していきます。

相見積もりの意味

相見積もりの言葉としての意味は、商品やサービスを購入する際に複数の相手から、見積もりを取ることです。複数の相手から見積もりを取ることで、より良い相手先を見つけることができる手段として、さまざまなシーンで使われています。

内容の信ぴょう性を高めるために、相見積もりを必須としている会社もある意味のある行為となっています。

「あいみつ」などと書かれることもある

相見積もりはしばしば「あいみつ」と言われたり、書かれたりします。これは相見積もりを省略した言葉なので、同じ意味です

同様の言葉として見積もり合わせであったり、合見積もりと書かれる場合もありますが、すべて同じ意味ととらえて問題ありません。

相見積もりはマナー違反ではない

相見積もりの結果、採用されなかった会社は無償で作業することとなります。そのことを重く受け止めすぎて、マナー違反ではないかと考える方がまれにいますが、そのようなことはありません

会社としては相見積もりに参加することで、スキルアップが図れます。仕事が取れなくても、なぜ取れなかったを検証できるメリットがあるので、無駄な作業ではないのです。

相見積もりのメリット①最適なサービスが選択しやすくなる

相見積もりを依頼する際には、依頼内容を整理して条件を提示することが第一歩です。この内容・条件整理には、とても大切な役割があります。

予算や工期などの条件を事前に確認することで、提示された見積内容を比べて、自分に最適なサービスが選択しやすくなるでしょう。

相見積もりのメリット②コスト削減に繋がる

相見積もりを行う理由として、一番多いのがコスト削減になります。複数社に見積依頼をすることで、それぞれの解体業者間で競争原理が働いて、適正金額で発注することができるようになります。

相見積もりのメリット③不適切な取引を防ぐことができる

特にBtoBでの解体工事業者探しを行っている方にとってメリットとなるのが、不適切取引の防止です。顔見知りの業者に依頼することが良い、とされてきた文化はありますが、長年の付き合いは不適切な取引の温床となりやすいということもあります。

各社の条件をしっかりと比較できるという意味で、相見積もりは不適切な取引を防止する役割もあるのです。

相見積もりの取り方のマナー①条件を合わせて依頼を行う

複数の解体業者に相見積もりを依頼するときに気を付けてほしいのは、必ず条件を合わせて依頼をするということです。解体工事は既存の建物や立地条件、時期などによって大きく金額が変わる工事です。

条件がそろわないまま見積依頼をしてしまうと、解体業者は適切な金額を提示することができません。結果として、とても高い見積もりや別途工事ばかりの見積もりなど、比較のできない見積もりが揃ってしまうので注意しましょう。

相見積もりの取り方のマナー②相見積もりである旨を伝える

見積を依頼する解体業者に、相見積もりである旨をきちんと伝えることも大切なマナーです。中には、見積依頼が来た時点で工事に向けて準備を始めてしまう解体業者も存在します

また、最終的に他社に決定した場合に後から相見積もりであったことを知ると、良い気はしません。あとでトラブルにならないように、事前に相見積もりである旨を伝えることは重要な意味があるのです。

相見積もりの取り方のマナー③予算などを明確に伝える

解体工事として出せる費用や、予定している工期が決まっているのであれば、必ず伝えましょう。金額や予定工期によっては、依頼した解体業者がそもそも条件が合わずに受注できないケースが存在します。

お互いの無駄な時間を意味なく消費しないためにも、予算や工期といった条件は最初に提示しておくことが相見積もりのマナーと言えます。

相見積もりの依頼で使える例文

実際に相見積もりを依頼する際にどんな依頼連絡をすれば良いのか分からないという方のために、相見積もりの依頼で使える例文を紹介します。

○○株式会社

△△様

お世話になっております。                             カイタイーノより紹介を受けました××と申します。                   早速ではございますが、現在所有建物の解体工事を検討しています。            つきましては、以下の見積条件を参照の上お見積りいただけないでしょうか。

物件概要:木造2階建て 一軒家                          物件所在地:○○県○○市~                             希望工期:○○年○○月~○○年○○月希望                       予定予算:○○万円程度

お忙しいところ恐縮ですが、〇月〇日までにお見積りをお願いいたします。        尚、今回のお見積り依頼は複数社様に依頼をしております。                         お見積内容を検討したうえで、〇月〇日までに発注有無のご連絡をいたします。      お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

相見積もりを取る時のポイント①金額と内訳

相見積もりを取る際に覚えておきたいポイントの一つとして、金額と内訳の確認作業があります。相見積もりで出てきた見積金額だけで判断してしまわない、ということです。

見積には、必ず内訳という詳細の項目がセットになっています。見積依頼した内容がすべて網羅しているかをチェックすることで、後々トラブルになることを避けることができます。

相見積もりを取る時のポイント②各種条件の詳細

多くの場合、見積の最初や最後のページに各種条件が見積条件として添付されているはずです。この見積条件もしっかりとチェックするようにしましょう

支払い条件であったり、事前に発注者側が行わなければならないことなど、重要なことが書かれています。価格以外の条件も、契約行為には大切なポイントなので、見落とさないようにすることが大切です。

相見積もりを取る時のポイント③見積りの有効期限

見積には有効期限があります。表紙や見積条件に、見積有効期限として記載されていることがほとんどです。

社会情勢の変化によって、価格変動のリスクを避けるために設定されています。一般的には1か月~3か月程度の期限が設定されることが多いです。

特に短く設定されている場合は、見積入手後に準備をスタートすると期限切れの可能性があるので注意しましょう。

相見積もりを取り契約するまでの流れ①発注・選定条件の確認

実際に相見積もりをとる場合、最初に行うことは発注・選定条件の整理確認です。自分がどのような解体工事を依頼するのか、想定予算はどのくらいか、いつまでに解体してほしいのかなどを整理します。

相見積もりを取り契約するまでの流れ②相見積もりを取る

発注・選定条件の確認が済んだら、実際に相見積もりを依頼します。依頼の方法としては、カイタイーノなどのポータルサイトを経由して、複数社に見積依頼をするのが手間が省けてスムーズに進みます。依頼文は、先述の例文を参考に書いてみると良いでしょう。

相見積もりを取り契約するまでの流れ③交渉・評価を経て契約

相見積もりで各社からの見積もりを入手したら、その見積内容を評価します。その後、見積内容をより良いものにするために交渉を行います。

具体的な例を挙げましょう。A社は金額が安いが条件が合わない、B社は少し金額が高いが条件が合う、という場合を想定します。

A社には条件面の交渉、B社には金額面での交渉を行うことになります。交渉の結果、より良い見積内容となった業者と契約を進めていきます。

相見積もりの断り方のマナー①期限内に必ず連絡する

相見積もりの断り方のマナーとして大切なことは、必ず期限内に連絡をするということです。相手側はもしかしたら、発注に備えて準備をしているかもしれませんし、どうなったか気になります。

後々トラブルにならないためにも、必ず期限内に断りの連絡を入れるようにしましょう。その際、なぜ断るのかを明確に伝えると、先方も納得しやすくなるので、断り方のポイントとして押さえておきましょう。

相見積もりの断り方のマナー②感謝の気持ちを伝える

断り方のマナーとして、相見積もりに参加してくれたことに感謝しましょう。相手は忙しい中、作業をしてくれたはずなので、そこに対してはしっかりとお礼の言葉を伝えるべきです。

特にビジネスシーンでは、次回以降もお願いするケースがありますので、断り方のマナーとして覚えておきましょう。

相見積もりを断る時に使える例文

できれば直接連絡するほうが良いですが、断りの連絡をメールで行うという場面もあるでしょう。その際に使える、相見積もりで断る時に使える例文を紹介します。

○○株式会社                                 △△様

お世話になっております。                             先日は解体工事のお見積りをありがとうございました。

内容を慎重に検討いたしました結果、大変申し訳ございませんが、希望予算と離れてしまったため、今回は契約を見送らせていただきます。                       お忙しい中、貴重なお時間を割いていただいたにもかかわらず、このような結果になってしまい大変恐縮に存じます。

またの機会がございましたら、どうぞよろしくお願いいたします。                                  

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました