家屋の解体にはどれくらいお金がかかるの?費用を決める5つの要因と流れ

解体工事の費用について

家屋の解体にかかる費用の相場

使用していない古い家屋を所有している方の中には、売却を検討しているという方もいるでしょう。しかし家の解体には100~300万円程の費用がかかると言われています。

そのため、家屋を解体してから土地を売却した方が良いのか、家屋はそのままで売却した方が良いのか迷っているというケースも多いのではないでしょうか。本記事では家屋の解体にかかる費用について紹介していきます。

家がある立地

家屋の立地によっても解体費用は変わります。たとえば、家屋が隣地と近い場所にある場合や、重機が入れないような狭い土地の場合には解体費用も高くなる可能性があります。

このようなケースでは、重機による解体が難しいです。人の手で作業することになるため、人件費が必要になってきます。また、道路の幅が狭い場合にも道路を通る車の交通整備を行う必要があるため、費用が上乗せになるケースがあります。

家の構造

解体する家の構造によっても解体工事費用の相場は異なります。建物の構造には「木造住宅」「鉄骨造住宅」「RC(鉄筋コンクリート)造住宅」などの種類がありますが、この中では木造が安く、RC造が高くなります。

もちろん、家の構造のみで解体費用が決まるわけではありませんが、構造は大きな目安になるでしょう。ここでは家の構造ごとの解体工事費用の相場について紹介していきます。

木造住宅

木造住宅の場合、1坪4~5万円程度が解体工事費用の相場とされています。ただし、木造の場合でも築年数の浅い建物の場合、頑丈な作りになっているケースもあります。そのため、実際には木造でも相場より高い費用がかかる可能性もあるでしょう。

また、家屋の階数によっても費用は異なり、同じ坪数であっても平屋は、建物の基礎の部分が、2階建てや3階建てよりも大きくなるため解体費用は高くなる傾向にあります。

鉄骨造住宅

鉄骨造住宅の場合、1坪6~7万円程度が解体工事費用の相場とされています。また、軽量鉄骨造なのか重量鉄骨造なのかによっても費用の目安は異なります。

たとえば20坪の家屋を解体する場合、軽量鉄骨造の場合は120~130万円程度が相場だと言えるでしょう。また、重量鉄骨造の場合は130~140万円程度が相場となります。

RC造住宅

RC(鉄筋コンクリート)造住宅の場合、1坪6~8万円程度が解体工事費用の相場とされています。家の構造が鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造の場合は頑丈な分建材も壊しにくくなるため、解体費用も高額になります。

ただし、RC造の建物にもさまざまなタイプがあるため、20坪の場合の解体費用の目安は120~160万円程度と他の構造よりも価格帯が幅広くなります。

家屋解体費用の内訳について4つ

一戸建ての家屋の解体工事を行う場合、メインとなる解体工事の他にも特定の調査や付帯工事が行われるため、費用が発生するケースがあります。また、その中でも特に代表的な項目としては、「諸費用」「付帯工事費用」「アスベスト有無の調査と工事」があります。

ここでは家屋解体費用の内訳についてそれぞれ紹介していくため、どのような項目なのか参考にしてみてください。

1:諸費用

諸費用とは近隣へのあいさつにかかる費用や、工事のための各種申請にかかる費用などです。諸経費は工事業者によって内訳が異なるため、どの程度の金額になるのか心配な方もいるでしょう。

また、諸費用には内訳の記載がないため、結局何が諸費用に含まれているのかわかりません。基本的に諸費用は総額の1割程度が目安となるため、金額などを見て疑問があれば確認してみると良いでしょう。

2:解体工事費用

解体工事費用とは家屋の解体工事そのものにかかる費用です。前述のとおり、建物の構造などによって解体工事の費用は変わります。

また、解体業者のホームページなどに掲載されている解体工事費は、基本的に建物本体を解体する解体工事費用のみです。実際には他にも諸費用などがかかるケースが多いため、業者を選ぶ場合には現地を見てもらい、見積もりを行ってから比較するようにしましょう。

3:付帯工事費用

付帯工事費用とは家屋の解体とは別のものを解体、撤去するためにかかる費用です。具体的には、敷地内にある倉庫やブロック塀、庭木、庭石などです。

どうしても家屋の解体に注目しがちですが、このような付帯工事は個別性が非常に高いため解体工事費には含まれていません。家屋自体はほぼ同じ条件でも、付帯工事によって総額が大きく変わってくることもあるため、注意が必要です。

4:アスベスト有無の調査と工事

アスベスト有無の調査については、解体工事の前に行うことが義務付けられているため、別途費用がかかります。

アスベストは、現在は発がん性などの問題から使用禁止になっていますが、古い家屋の場合はアスベストが使用されているケースもあるため、解体工事の前に調査をすることが必要です。

また、実際にアスベストが使用されていることがわかった場合には、さらに除去のための費用がかかります。

出典:石綿障害予防規則|厚生労働省

5:解体業者

ここまで家屋解体費用の内訳について紹介してきましたが、実際には解体業者によって費用は大きく変わります。特に解体業者の繁忙期は12月頃や3月頃となっているため、これらの時期は普段よりも費用が高くなる傾向があります。

また、前述した諸費用のように業者によって請求される費用も変わってくるため、納得できる金額で解体するためには複数の業者に見積もりを出してもらい、比較することが大切です。

家屋の解体の流れ

実際に家屋の解体を検討している場合、どのような流れで解体工事が行われるのかあらかじめ知っておきたいという方は多いでしょう。基本的には、解体業者と契約を行った後は解体のための準備を行い、解体工事を実施し、工事によって出た廃材を撤去する、といった流れになります。

ここでは一般的な一戸建て解体の流れを紹介していきます。参考にしてみてはいかがでしょうか。

1:解体の準備

解体工事を行う場合には、まずは解体の準備として配線や配管の撤去などを行います。これらは依頼主側で電力会社やガス会社に連絡をして、あらかじめ電気やガスを止め、撤去してもらう必要があります。

また、解体工事を行うと埃や騒音などが発生するため、近隣住民へのあいさつなども重要な事前準備となります。なお、水道は解体工事でも使用するケースが多いため、工事で発生する水道代の負担については事前に解体業者に確認しておきましょう。

2:解体工事

準備が完了したら、実際に建物の解体工事に入ります。解体工事ではまずは足場を組み、防音シートを張ります。さらに内装や建具、備え付けられている設備機器や家具などを解体し、次に家屋の骨組み部分や屋根の解体を行います。

最後に建物の土台となっているコンクリートの基礎を撤去して、解体工事は完了です。

3:廃材の撤去

最後に解体工事で出た廃材の撤去作業を行います。建物に使用していた建材や家具、設備などから出た廃材を素材ごとに分別し、運び出す必要があります。

そのため、廃材処理にかかる費用も諸費用に含まれるケースがあります。廃材を撤去した後は、地中に埋没しているものがないかどうかを確認し、最後に整地を行えばすべての工事は完了です。

家屋の解体工事費用にも補助金やローンは利用できる

建物の解体費用は、基本的に一括で支払う必要がありますが、本記事でも紹介してきたとおりかなり高額になるため、補助金やローンなどがあれば利用したいと考える方は多いでしょう。

ここでは最後に、家屋の解体工事に利用できる補助金やローンなどについて紹介します。

家屋解体のための補助金はある?

国では、家屋解体のための助成制度は設けていませんが、多くの自治体では、古い家屋の解体のための助成制度が用意されています。しかし制度を利用するためには、自分で調べて申請を行う必要があります。

そのため、まずは住んでいる自治体に助成制度がないかどうかを確認し、制度があったら適切な時期に自治体に申請するようにしましょう。

解体費用をローンで組める?

家屋の解体費用はローンに組み込むことができます。たとえば解体後に新居を建てる場合は、解体費用をそのまま新居の住宅ローンに組み込めます。また、解体後に土地を売却する場合も空き家解体ローンやフリーローンなどを利用することが可能です。

空き家解体ローンは地方銀行などで取り扱っているため、一度チェックしてみると良いでしょう。

家屋の解体費用を把握して準備しよう

家屋の解体工事の費用は、建物の構造や立地などさまざまな条件によって異なります。

ぜひ、本記事で紹介した家屋の解体にかかる費用の相場や家屋解体費用の内訳、家屋の解体の流れなどを参考にし、事前に解体費用や手順などを十分把握した上で、納得のいく解体業者に解体工事を依頼してみてはいかがでしょうか。

解体工事って何だか難しそう…
色々な業者から営業電話がかかってくるんじゃない?
追加費用を請求されるんじゃない?
解体工事が始めてでも大丈夫かな?

  • 逆オークション制により、解体工事費用がどんどん安くなる!
  • 相場と最安値を比較して、自分で業者を選定できる
  • 現場の立ち合いなしで、詳しい見積もりが出せる
かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました