セットバックの費用はいくら?必要な土地面積やメリット・デメリットも

解体費用

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

セットバックの費用について紹介します。セットバックの工事を行う際に必要となる費用はいくらなのか、負担額の相場をまとめました。また、セットバックが必要となるケースや土地面積についても掲載しています。ぜひ、家を建て替える時などの参考にしてください。

セットバックの費用はいくら?必要な土地面積やメリット・デメリットも

目次

  1. セットバックの費用やメリット・デメリットについて解説!
  2. セットバックが必要なケース
  3. セットバックにかかる費用
  4. セットバックが必要な土地面積
  5. セットバックのメリット
  6. セットバックのデメリット
  7. 土地を買う前にセットバックの有無について確認しよう!

セットバックの費用やメリット・デメリットについて解説!

本記事では、セットバックの費用について紹介します。セットバックには、いくら費用がかかるのか、土地面積はどのくらい必要なのか、などをまとめました。

また、土地を購入する際に、セットバックの知識を身につけていないと、後悔してしまう可能性があります。セットバックの知識の他に、メリットやデメリットも掲載しているので、参考にしてください。

セットバックが必要なケース

まずは、セットバックが必要なケースを紹介します。セットバックが必要となる面積はいくらなのか、また、高さ制限はあるのかなど、詳しく見ていきましょう。

家の敷地に面した道路が狭い場合

セットバックは家の敷地と道路が狭い場合、必要になることがあります。建築基準法第42条2項では、建物を建てる敷際の地は、幅が4m以上の道路に2m以上接している必要があります。

その理由は、火災や地震が起きた際に消防車や救急車が通れる幅にするためです。しかし、1950年より前は、2.7~3.6mで作られていました。

そのため、幅が4mに満たない道路でも、特定行政庁が指定した場所であれば道路として扱われます。そして、将来的に幅を確保することが決まっている場合は、4m未満でも、道路とみなすことが可能です。出典:建築基準法(e-GOV法令検索)

建て替え時にも適用される

セットバックは建て替え時でも適用される場合があります。しかし、建て替える時は、工事後の土地に合わせて家を建てることが多いです。

また、容積率や建ぺい率などもセットバック後の敷地として計算されるので、自分の希望に合わせた建物を作る際は、必ず確認しましょう。

建物の高さ制限を緩和する場合

セットバックは、建物の高さを緩和する場合にも使われます。建物を建てる際は、家の中の風通しや日当たりを確保するために、隣の家や道路の境界線の距離によって高さを制限します。

道路斜線制限によると、道路の境界線から斜線を伸ばし、それよりも高く建物を建ててはいけません。そのため、建物全体や2階部分のみをセットバックすることで、道路斜線制限に引っかからずに建設できます。

セットバックにかかる費用

次は、セットバックの費用はいくらかかるのかを見てみましょう。費用の相場についてもまとめました。また、セットバックの負担額をいくらか軽減できる助成金についても掲載しています。

セットバック費用の相場

セットバックにかかる費用には、土地測量費(境界確定測量・現況測量)、宅地と道路用地の分筆登記費用、道路用地部分の仮整備費用があります。それらの費用を合わせた相場は、30~80万円です。

しかし、隣地との境界が確定している場合は、現況測量だけで済むため、分筆登記費用と合わせて20~30万円程度で済みます。そして、工事した部分を道路として利用できるように整備が求められます。

整備に使う舗装費用はセットバックした敷地面積によって異なり、1平方メートルあたり約5,000円です。なお、重機を使う場合は搬入運搬費用などもかかるため、いくらか高くなるので注意しましょう。

助成金がもらえる場合もある

セットバックを行う場合は、基本的に費用は自己負担ですが、自治体によっては助成金を受けられることもあります。そもそも、セットバックは火災や急病人が出た際に、緊急車両が通れるように工事することです。

自分のためではなく、地域社会に対する工事ですので、全額負担に納得できない人も多いです。そのため、自治体によっては、一部の費用を自治体が負担したり、助成金を自治体が支給したりすることもあります。

ただし、自治体によって対応は異なるので、事前に確認しておきましょう。特に、工作物撤去にかかる費用の助成金は、解体前に自治体の役所側が現地で確認する必要があります。

セットバックが必要な土地面積

セットバックをすると、土地の一部が道路に変わるため、敷地が減ることになります。敷地が狭くなると、建て替えの際に容積率や建ぺい率の計算に影響が出ます。そのため、どれだけ後退させる必要があるのか、事前に計算しておきましょう。

道路の両脇に家がある場合

道路の両脇に家がある場合は、原則として道路を挟む両脇の敷地が費用を負担します。セットバックする面積を計算する場合、先に距離を計算する必要があります。

距離の計算方法は、(建築基準法で定められた規定の幅員-実際の幅員)×1/2です。建築基準法で定められた規定の幅員は通常4mです。そして、土地面積はセットバックする距離×間口で計算されます。出典:建築関係法の概要(国土交通省)

反対側の敷地がセットバック済の場合

道路の両脇に敷地がある場合は、反対側の敷地の所有者がすでにセットバックしているかどうかを事前に確認しましょう。

反対側の敷地がすでにセットバックしていた場合、計算式は(建築基準法で定められた規定の幅員-実際の幅員)×1/2-(反対側の敷地がセットバックする前の道路中心線から自分の敷地の境界線までの距離)です。

計算が間違っていると、建て替えの際に建築確認申請が通らないので注意しましょう。なお、反対側の敷地が工事しているかどうかは、役所で確認できます。出典:建築関係法の概要(国土交通省)

片側に崖や水路がある場合

道路を挟んだ片側に崖や水路がある場合は、自分の敷地のみをセットバックする必要があります。その際は、1/2で計算する必要はなく、(建築基準法で定められた規定の幅員-実際の幅員)×間口で算出されます。出典:建築関係法の概要(国土交通省)

セットバックのメリット

次は、セットバックを行うメリットについて紹介します。基本的に費用は自己負担になることが多い工事ですが、その分メリットもあります。メリットを把握して工事する必要性を理解しましょう。

土地の売値が安い

セットバックを行っていることで、敷地が通常よりも狭くなっています。そのため、通常の物件よりも安い値段で売り出されていることが多いです。

また、今後セットバックが必要となる物件は、道幅が狭くなる前提で住むことになるため、あまり人気がありません。ですので、安くても一戸建てや持ち家が欲しいという場合は、工事の有無を確認してみましょう。

防災や防犯に役立つ

セットバックは、緊急車両が通れるように道路の幅を広げる工事です。そのため、緊急時の防災などの手助けになるメリットがあります。また、通行の利便性や視認性も良くなるため、普段の生活でも安全性や防犯性を高めることにも繋がります。

土地の資産価値が高まる

建物の前面道路の幅員は資産価値を上げることにも繋がります。そのため、セットバックを行うことによって、将来的に土地の資産価値向上が期待できます。

道路の舗装などの費用は自己負担となることも多いのですが、土地の資産価値は経年的に変化しないため、工事を行えるタイミングで上げておくのもおすすめです。

固定資産税は非課税

一般的に所有する土地には、固定資産税や都市計画税などの税金がかかってきます。しかし、セットバックを行った場合、対象の面積部分の固定資産税は非課税となります。

ただし、非課税としたい場合は、役所で地目変更申請を行わなければいけません。地目変更を怠った場合には、工事後も固定資産税を払い続ける必要があります。

特定部分の面積の固定資産税が非課税対象となるだけですので、極端に税金が軽減されるわけではありません。それでも、申請を行えば余分な税金を払う必要はなくなります。

セットバックのデメリット

次は、セットバックのデメリットについて紹介します。敷地を狭める工事となるため、その分デメリットも存在します。しっかりとデメリット部分を理解して対応しましょう。

工事費用が自己負担

セットバックの相場は、30~80万円ほどですが、敷地の広さによって変動します。さらに、基本的に工事は自己負担となるケースが多いため、余分な出費が出ます。

自治体によっては、助成金を受けられる場合もあります。少しでもデメリットを減らすためにも、事前に確認しておきましょう。

建てられる住宅サイズが小さくなる

セットバックを行うことによって、敷地が狭まります。そのため、建てられる建設物も必然的に小さくなってしまいます。

中古物件を購入する時や、所持している土地で建て替えを考えている場合は、注意が必要です。想像しているよりも、建物のサイズが小さくなってしまう恐れがあるので、しっかりと確認しましょう。

セットバック部分は活用不可

工事を行った部分は、所有物ではなく、道路として扱われます。そのため、自由に活用できなくなる点には注意しましょう。今まで家の一部として塀や門を設置していた場合は、取り壊しとなるので、事前に確認しておきましょう。

土地を買う前にセットバックの有無について確認しよう!

セットバックを行うことで、敷地が狭くなり、従来活用できていた部分がなくなります。そのため、土地や中古物件を購入する場合は、工事の必要性を事前に確認しておくのがおすすめです。

もちろん、セットバックを行うメリットもあります。しっかりと工事後の状況を想定することで、有効に活用できるでしょう。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました