一軒家の取り壊し費用はいくら?解体費用を抑えるポイントも解説!

解体費用

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

一軒家の取り壊しにかかる費用相場について紹介します。ケース別の値段や、一軒家の解体工事についても詳しく解説。一戸建ての取り壊し費用を抑える方法や工事後の手続きについても説明するので、一戸建てを解体する時の参考にしてみてください。

一軒家の取り壊し費用はいくら?解体費用を抑えるポイントも解説!

目次

  1. 一軒家の取り壊しに必要な費用を知りたい!
  2. 一軒家を取り壊しする際の要素別の費用相場
  3. 一戸建ての取り壊し費用を抑える方法
  4. 一軒家の取り壊しの流れ
  5. 一戸建ての取り壊しをする際の注意点
  6. 一戸建ての取り壊しの相場を覚えておこう!

一軒家の取り壊しに必要な費用を知りたい!

一軒家を取り壊して更地にするには、どのくらいの費用が必要なのでしょうか。ここでは一軒家の費用相場と費用を抑える方法や、取り壊しの流れについて説明します。

取り壊しにかかる費用は建物の条件によって変わるので、当てはまるものがあるかどうか確認してみましょう。また解体工事を行う際の注意点についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

一軒家を取り壊しする際の要素別の費用相場

要素別の費用相場①一戸建ての構造

解体工事にかかる費用は、一戸建ての構造や建物の材質によって変化します。二階建ての場合や、材質が固く壊しにくいものほど値段は高くなります。材質別に掛かる費用の目安を見てみましょう。

木造の一戸建ては、最も解体工事が行われている建築物です。取り壊しやすいことから費用も他の材質に比べて安価になります。相場価格は坪単価で2〜4万円が目安です。

鉄骨造は耐震性や防火性、防音性のある建材です。木造よりも取り壊しにくいことから、費用は3〜5万円が相場になります。

鉄筋コンクリートはさらに優れた耐震性や防火性、防音性を持っていますが、その分取り壊しに労力が必要です。値段も高くなり、坪単価の相場は4〜6万円が相場です。

要素別の費用相場②一戸建ての立地

解体工事にかかる費用は、取り壊し予定の一軒家が建っている場所によって異なります。例えば建物が密集しているような住宅地だと、取り壊しにも時間がかかります。また周囲に建物が少ない田舎でも、重機やトラックが道を通れないと作業の効率が悪くなるため、費用が多くかかる傾向です。

要素別の費用相場③一戸建ての付帯物の撤去作業

一戸建ての解体では建物の取り壊し以外にも、ブロック塀やフェンス、庭木などの撤去が必要です。建物本体ではない部分の工事を、付帯工事といいます。ここでは付帯工事の種類と費用について紹介します。

アスベスト処理にかかる費用

解体する一軒家にアスベストが含まれている場合は、処理する必要があります。アスベストの処理費用は面積や飛散防止対策のレベルによって変化しますが、大体1平方メートル1〜8万5000円が目安です。

処理しにくい場所にあるアスベストほど、かかる値段は高額になります。一軒家の解体工事にかかる費用に加えて、アスベストの処理にも費用がかかることを懸念する人もいるかもしれません。

そこで確認しておきたいのが、補助金の有無です。地方公共団体では、アスベストの含有調査や処理にかかる費用に補助金を出していることがあります。アスベストを処理する際は、適用される補助金がないか調べてみると良いでしょう。出典:アスベスト対策Q&A(国土交通省HP)

廃材処理にかかる費用

一軒家の解体工事後には、大量の廃材が出るため処分に費用がかかります。廃材はすべて業者がトラックに載せ、処理場まで運びます。

値段の目安は4トンダンプ1台分の廃材で、6〜8万円です。費用は廃材の処分と運搬で分けられており、廃材の処分費は1㎡ごとの単位で廃材の種類別に業者が定めています。

付帯工事にかかる費用

庭木やブロック塀、門扉など一軒家の周りの部分を撤去する撤去するための、工事費用を紹介します。まず庭木の撤去は1本あたり、1〜5万円が相場です

またブロック塀の取り壊しは、1㎡あたり2000円ほどになります。門扉の取り壊しは大体1個2万円ほどで可能です。これらはあくまで目安で、取り壊す物の大きさや面積によっても値段は変わってきます。

要素別の費用相場④取り壊しを行う業者

費用をできるだけ抑えるためには、依頼する業者をよく検討することが大切です。一戸建てを取り壊す時、まず思い浮かぶのはハウスメーカーや工務店かもしれません。

これらの場所でも解体工事を依頼できますが、この場合工事を行うのは下請けの業者になります。そのためハウスメーカーや工務店で仲介手数料が発生し、値段が高くなることが多いです。できるだけ取り壊し費用を抑えるためには、解体業者に直接工事の依頼をすることがおすすめです。

一戸建ての取り壊し費用を抑える方法

方法①複数の業者で見積もりを出す

依頼する業者によって、一軒家の取り壊しにかかる費用は異なります。そのため費用をできるだけ抑えるためには、複数の業者に見積もりを出してもらい比較検討することがおすすめです。

また業者のホームページがある場合は、施行例や料金表が掲載されていないかも見てみましょう。掲載されている場合はそれらを参考に、見積もりを依頼する業者を絞り込めます。

方法②付帯工事や廃棄物を少なくする

費用をおさえるポイントは、業者に依頼する工事や作業を少なくすることです。庭木や雑草、不用品の処分は取り壊し前に済ませておくことで、数十万~数百万円の費用が節約できることもあります。

例えば小さな庭木の伐採や雑草の処理は、自分でやることも可能です。大きめの庭木は難しいかもしれませんが、できる範囲で処理しておくことがおすすめです。

また、家の中にある家具や電化製品も、業者に処分を依頼すると費用がかかります。これらも事前に処分しておくと良いでしょう。また処分する以外にも、リサイクルショップに出したり、知人に譲ったりする方法があります。処分に迷ったときは、これらの方法も検討してみてください。

方法③補助金を利用する

地域によっては一軒家を取り壊す際に、補助金を受けられることもあります。これは古い木造建築をそのままにしておくと、火災の被害が拡大したり、地域の景観を損ねたりするからです。

例えば東京都大田区では、耐震性が不十分な木造建築物の取り壊しに補助金が出ます。金額は最大で工事費用の2/3の割合で、75万円までです。また同じように東京都台東区では条件を満たした古い建築物の取り壊しに、工事費の1/3の割合まで、最大50万円が補助金として支給されます。

地域によって補助される金額や建築物の条件は異なりますが、これらを活用すると費用をかなり抑えられます。取り壊し予定の一軒家に適用される補助金がないかどうか、一度確認してみると良いでしょう。

方法④解体ローンを活用する

解体費を一括で払うことが難しい場合は、解体ローンを検討するのもおすすめです。解体ローンは住宅ローンと異なり、金利が低めなことや担保や保証人が不要なことが多いです。

また解体ローンの方が住宅ローンに比べて、費用が安い傾向にあります。そのため比較的、審査が通りやすいようです。解体ローンを検討する際は、金融機関に相談してみると良いでしょう。

一軒家の取り壊しの流れ

解体費用を決める見積もり

実際に、一軒家を取り壊す手順を見ていきましょう。まずは業者に現場を見てもらい、見積もりを出してもらいます。

業者によって作業員の人数や使用する機材は異なるため、かかる費用も変化します。複数の業者に見積もりを出してもらったら、比較検討して依頼する業者を決めましょう。契約を結んだら、解体工事を始めていきます。

取り壊し作業の準備

安全に取り壊しを行うために、まずは工事前の準備が大切です。必要なのは主に、配管配線の撤去と近所のあいさつ周りです。自分たちで電力会社やガス会社に電話して、電気とガスを止めてもらい、配管や配線も撤去してもらいます。

水道は工事中に業者が使用することがあるので、停止せずそのままにしておきます。工事中に使った水道代を負担してもらえるかどうかは、業者によって異なるので前もって確認しておくと良いでしょう。

近所のあいさつ周りでは、工事内容と予定している期間を伝えます。工事中は騒音やほこりが出るため、近隣に住む人への配慮も忘れないようにしましょう。手土産にタオルなどを用意しておくと印象が良くなりやすいです。

一戸建ての取り壊し作業

準備が整ったら、一戸建ての取り壊し工事に移ります。工事では最初に足場を組み、建物を防音シートで覆います。防音シートで覆うことで近隣住宅にほこりが飛んだり、傷を付けたりすることを防げるでしょう。

取り壊しでは、まず内装や備え付け家具などを撤去し、次に柱や屋根などの骨組みを解体していきます。ほこりなどが出る場合は、水をまきながら取り壊しを行います。最後に地盤のコンクリートを撤去して、取り壊し作業は完了です。

廃材の処理と整地

工事後は廃材を、木材や金属、ガラスなどに分別して処分します。分別した廃材はトラックに載せ、運び出します。地面にコンクリートや廃材が残っていないか確認した後、整地して地面を平らにしたら工事はすべて完了です。

一戸建ての取り壊しをする際の注意点

注意点①各種届出を忘れずに提出する

一戸建ての取り壊しでは、いくつかの届け出を提出する必要があります。どの届け出も忘れてはならない大事なものなので、覚えておくと良いでしょう。

建設リサイクル法

建設リサイクル法は解体工事届出ともいわれるもので、解体する建物の面積が80㎡を超える際に出さなければいけない届け出です。一般的には解体工事が始まる7日前までに、依頼主が役所で行います。

しかし場合によっては、解体業者が届け出を提出してくれることもあるようです。代行は依頼主が委任状を渡すことで可能になります。届け出の提出を代行してもらう際は、無償か有料かを確認しておきましょう。出典:建築リサイクル法とは(東京都都市整備局HP)

道路使用許可申請

一戸建ての取り壊し時に、道路に重機やトラックを停める場合は道路許可申請を提出します。この申請は解体業者が行うことが多いようです。提出先は、道路を管轄している警察署になります。管轄している警察署が2か所ある場合は、どちらにも提出する必要があります。

また、申請する際は手数料がかかります。手数料の値段は2000円〜2700円が目安なので、覚えておくと良いでしょう。出典:道路使用許可の概要、申請手続き等(警察庁HP)

ライフラインの停止

解体工事を始める前には、ライフラインの停止を忘れずに行うことが大切です。電気やガスは、電気会社やガス会社に連絡して止めてもらいます。また水道は工事中に解体業者が使用することがあるため、止めないように気をつけましょう。

特定粉塵排出等作業実施の届出

取り壊し予定の一戸建てがアスベストを含んでいる場合は、特定粉塵排出等作業実施の届け出も必要になります。この届け出は依頼主が工事の始まる14日前までに、都道府県に対して提出しなければなりません。

アスベストは基本的に2006年以降の建物には使われていませんが、それ以前の建物には使用されていることがあります。アスベストの調査や撤去は、特殊な技術を持つ作業員が行うことになります。出典:《大気汚染防止法・環境確保条例》特定粉じん排出等作業(アスベスト)に係る届出(東京都環境局HP)

建物滅失登記申請

一戸建ての取り壊しを終えた後に必要な手続きが、建物滅失登記申請です。これは取り壊し後1カ月以内に行う手続きで、法務局で建物の登記簿をなくす申請のことです。

基本的には依頼主が行いますが、事情があり難しい場合は土地家屋調査士に頼むこともできます。その際は3〜5万円の費用がかかるので、必要に応じて検討してみると良いでしょう。出典:不動産登記申請手続(法務局HP)

注意点②売却する場合は解体しない方がいい場合もある

一軒家を取り壊して更地にしてから土地を売ると、土地の値段は高くなります。理由は土地の値段だけでなく、解体工事の費用も売価に含まれるからです。値段の高い土地は安い土地に比べると、どうしても売れにくくなるでしょう。

そのため場合によっては、一軒家は解体しないで売る方が良いこともあります。例えば古民家のリノベーションなどは、近ごろ注目されている傾向にあるようです。古い一軒家でもすぐに更地にせず、買い手を探してみると良いかもしれません。

長年住んでいた家を使い続けてくれる人がいれば、取り壊しの費用が浮き、思い入れのある家を残しておくこともできます。一軒家の売り方に困ったら、不動産に相談してみるのも良いでしょう。

注意点③固定資産税や都市計画税が高くなる

土地に一軒家が建っている状態だと、固定資産税や都市計画税の減税が受けられます。200㎡以下の住宅がある土地は固定資産税が1/6へ、都市計画税が1/3に減税される制度があるためです。一軒家を取り壊すと減税されなくなり、税金が高くなることを意識しておきましょう。出典:固定資産税・都市計画税(東京都主税局)

注意点④再建築ができないケースもある

建築基準法によって再建築不可になっている土地の一軒家を解体すると、新しく建物が建てられなくなることがあります。そのため、建物が再建できる土地かどうかを確認してから取り壊すことが大切です。

都市計画区域と準都市計画区域では、接道義務があります。これは建物が幅4m以上の道路に2m以上接していなければならない、という義務です。消防車や救急車が入れない場所に、建物を建てないようにするための決まりになります。出典:第43条第2項に基づく認定・許可の取扱い(東京都都市整備局)

一戸建ての取り壊しの相場を覚えておこう!

一戸建てを取り壊す際の、費用と手順について紹介しました。費用の相場は、建物の立地や状態によって変わります。取り壊し費用を抑える方法を参考にして、一戸建ての解体を検討してみてください。

また、一戸建てを解体する際の注意点についても紹介しました。それぞれ必要な届出を必ず提出し、安全でスムーズな解体工事を行いましょう。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました