中間マージンのからくりを詳しく解説!費用が高くなる理由はコレ!

解体費用

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

建設業での中間マージンの意味について紹介します。外壁塗装などの依頼をする際に、中間マージンが発生する原因を詳しく知ることができます。中間マージンの仕組みや、発生の原因などを説明。中間マージンが発生する理由についても解説しているので、ぜひ参考にしましょう。

中間マージンのからくりを詳しく解説!費用が高くなる理由はコレ!

目次

  1. 中間マージンの仕組みや費用が高くなる理由を知りたい!
  2. 中間マージンとは?
  3. 中間マージンで工事費用が高くなる理由
  4. 中間マージンが発生するケース
  5. 外壁塗装の中間マージンにおけるトラブル事例
  6. 解体工事で中間マージンを支払うメリット
  7. 中間マージンを抑える方法
  8. 中間マージンのからくりを理解して費用を上手に抑えよう

中間マージンの仕組みや費用が高くなる理由を知りたい!

中間マージンは、工事費を相場より高くしてしまう要因の一つです。工事自体に膨大な費用が掛かるので、中間マージンはできるだけなくしたいものです。

建設業での中間マージンの仕組みや意味、なぜ費用が高くなるのか理由を詳しく説明していきます。中間マージンは悪い意味でとらえがちですが、良い点もあります。

意味をしっかりした上で、中間マージンを支払うことで、得られるメリットについても紹介していきます。中間マージンの事を学び、相場より高い金額で工事費を払うことなく、適正な金額で適正な工事を依頼しましょう。

中間マージンとは?

中間マージンの言葉の意味

建設業での中間マージンの意味合いは、仲介手数料または紹介料の事を指します。外壁塗装工事などを依頼した際、複数の業者が工事に関係することになります。

工事の契約を獲得をした元請け会社と、実際工事を行う下請け会社が存在することを知っておきましょう。下請け会社に支払うための利益を確保するために、中間マージンが発生します。

中間マージンのからくり

建設業では、中間マージンは工事に関係する下請け業者が多いほど多くなります。中間マージンを支払うのは工事依頼者です。そのため、工事費を抑えるためには、下請け業会社をあまり介さない業者に依頼しましょう。

大手業者に工事依頼をすると、相場よりも費用が高くなる場合が合います。建設業界の大手業者になればなるほど、下請け業者の数が増えるからです。

工事費用を圧迫する原因になる

中間マージンは、工事依頼者が支払うため、相場の工事費用を圧迫することを意味します。同じ支払う金額でも、中間マージンが少なければ、工事に必要な材料をより良いものにすることもできます。

建設業界では、中間マージンの額には明確な規定はありません。そのため見積もりを確認しても、いくらの中間マージンが発生しているかが明確にされない場合もあります。もし中間マージンの金額が知りたいのであれば、工事を依頼する業者に確認するようにしましょう。

中間マージンの説明をせず、見積もりに乗せて工事費用とともにとっている業者も存在します。業者の判断材料ともなるので、契約前に事前に確認することが重要です。

下請け業者には直接依頼できない

中間マージンを取られるのが嫌だからといって、直接下請け業者に依頼したいと思う方もいると思います。しかし、建設業界では直接下請け業者に依頼することはできません。

理由は、大手業者の信頼を裏切ってしまう行為になるからです。いつも仕事を振ってくれている大手業者の利益を考えず、下請け業者の利益だけを考えて仕事を受注するとどうなるか。大手業者から仕事を紹介してもらえなくなってしまう可能性があります。

中間マージンで工事費用が高くなる理由

理由①仲介業者が多い

一つの工事に関係する業者が多ければ多いほど、中間マージンは高くなります。なぜならそれぞれの下請け業者に、元請け会社は支払わなくてはいけないからです。この下請け業者に支払わなければいけない金額を、工事費に含めるため相場より工事費用が高くなります。

工事・契約受注全て一つの業者が行えばよいのではないか、と思われるかもしれません。しかし、職人さんは技術は高くても、営業スキルがないケースがあります。逆に元請け業者は、技術はないが、営業スキルに長けているのです。そのためお互いに利益を生むために、このような仕事の流れになっているのです。

理由②元請けが大手業者

元請け業者が、大手の場合は多くの下請け業者が関係しています。大手業者に依頼した場合、最低でも2,3社の下請け業者が関わっている場合があること知っておきましょう。

大きな業者になれば、その分契約件数が増え、それに対応できる業者も多く存在することになります。大手業者に依頼をする時は、中間マージンが多く発生し、相場より費用が高くなることを理解しておきましょう。

中間マージンが発生するケース

ハウスメーカーの場合

建設業の大手ハウスメーカーや、大手業者の場合は、ほとんど外壁塗装は専門業者に依頼します。ハウスメーカーは、ほとんどが元請け業者となります。

そのため、必ず下請け業者が関係してきます。下請け業者が関われば、中間マージンは必ず発生します。多くの下請け業者への中間マージンが発生するので、工事費用は相場より高くなってしまう可能性があります。

大手が名前や仕組みを貸している業者の場合は?

建設業の大手業者の名前を借りたり、仕組みを借りている業者も存在します。大手業者の知名度などから安心感をお客様に与えることが目的です。

しかし、下請け業者は大手会社に加盟料というかたちで、支払う必要があります。そのため、中間マージンが発生します。加盟料としての中間マージンは、依頼者が支払うので、相場の金額より工事費用が高くなります。

大型工務店の場合

大型工務店は、リフォームやさまざまな建物の改築ができます。しかし、外壁塗装工事に関しては、専門知識が必要の為、大型工務店では施工できない場合があります。

そのため、下請けに仕事を依頼する場合が多いのです。下請け業者に依頼することで、中間マージンが発生します。そのため工事費が、相場より高くなる可能性があります。

家電量販店・ホームセンターの場合

家電量販店は、お客様集客に優れています。しかし、自社では外壁塗装工事など施工をすることができません。

家電量販店やホームセンターなどが、お客様から外壁塗装などの施工まで依頼された場合には、契約している業者に、工事依頼をします。

この際に、下請け業者はお客様を紹介してもらえた紹介料を、家電量販店・ホームセンターに支払う必要があります。この理由から、中間マージンが発生し、相場の工事費より高くなります。

設計事務所・中小規模の工務店の場合

設計事務所は、主に住宅の設計のみを行っています。工事に関しては、自社で行うことができません。そのため建築・外壁塗装など専門工事に関しては、業者に依頼します。依頼する業者を雇っているため、中間マージンが発生します。

中小規模の工務店では、専門的に業務が工務店ごとに分けられています。そのため、専門外の工事内容に関しては、専門の下請け業者に依頼します。下請け業者に依頼すれば、同時に中間マージンが発生してしまいます。

外壁塗装の中間マージンにおけるトラブル事例

トラブル事例①適切な工事ができなくなる

中間マージンが多く発生してしまうと、工事費も高くなります。中間マージンが多く発生してしまうと、高すぎる工事費の場合、契約を貰うことができない可能性があります。契約してもらえるように工事費を安くしてしまうと、下請け業者の利益が少なくなってしまいます。

そのため、費用を抑えた不十分な内容の外壁塗装工事しかできない場合があります。せっかく工事費を払っても、不適切な工事をされてしまう場合があることを覚えておきましょう。

トラブル事例②長持ちしない塗装になる

しっかり工事を行うための費用が足りずに、手抜き・不正が起きてしまう可能性があります。具体的には、塗料を薄めたり、3度塗りのはずが2度塗りで済ましてしまうなどです。さらにはグレードの低い塗料を使用する可能性もあります。

このような手抜きや、不正が行われてしまうと、耐久度が弱くなり、すぐはがれる外壁塗装になる可能性があります。しっかりと工事に費用をかけれているかを知るためにも、中間マージンがどのくらい発生しているか、事前にチェックしていくことが重要です。

トラブル事例③責任の押し付け合いが発生する

中間マージンが発生するのは、下請け業者と元請け業者の関係があるからです。それぞれ役割は違いますが、トラブルの際の責任をどちらか持つかは定められていません。もしトラブルが起きた際に、どちらが責任を取るのかについての問題が起こりやすいです。

工事に関係している下請け業者が多ければ多いほど、どの業者の責任なのかが決まりづらくなります。万が一の施工後のトラブルについても考え、中間マージンが少ない業者に依頼するようにしましょう。

トラブル事例④説明なしに中間マージンを取られてしまう

中間マージンには、正確な規定がないため、必ず見積書に明記する必要もありません。そのため、中間マージンの説明を省き、中間マージンを取る業者も存在します。悪徳業者に関しては、お客様が中間マージンの意味を知らないと思う業者もいます。

業者に依頼する際は、中間マージンの存在をしっかり理解しておきましょう。しっかりと中間マージンについて説明してくれる業者は、安心できる業者と判断できる一つの材料になります。そのことを踏まえて、見積書を確認することで適正な費用で適切な工事ができる業者選びができます。

解体工事で中間マージンを支払うメリット

メリット①業者の窓口が1つで済む

中間マージンを支払うメリットの一つは、自分で業者を探す必要がないということです。古い住宅に新築建築を依頼する際に、解体作業・建設の2種類の工事を依頼しなければいけません。

解体と建築はまったく違う業者の種類の為、1つの業者で全て作業を行うことはできません。しかし、中間マージンを払えば、建築業者に依頼するのと同時に、解体作業も依頼できます。自分で解体業者を探す手間もなく、それぞれの日程のトラブルなども防げます。

中間マージンを支払うことで、依頼者側は1社にお願いするだけで、全て必要な作業を依頼することができます。そのため業者を探す労力や日程などのトラブルも起きません。

メリット②安心感がある

中間マージンを取らない解体業者は、安い解体費ですが低い知名度であったり、会社規模が小さい場合が、多いです。

数ある業者の中から、悪徳業者と信頼できる業者を見極めるのは難しいでしょう。大手の業者が保証してくれている業者であれば、信頼できる判断材料にもなります。そのため、中間マージンを支払うことで、失敗しない業者選びをすることを可能にします。

中間マージンを抑える方法

方法①地元業者に依頼する

仲介業者を挟まなかったり、少ない外壁塗装業者は地元業者です。仲介業者を挟まないため、中間マージンが発生せず、費用を抑えることができます。大手業者の仲介を挟まなくても、地域密着型なので、地域の方からの契約を受け取りやすいからです。

中間マージンが発生しないことにより、予算のほとんどを施工費用にあてることができます。そのため、質の高い工事をすることができるでしょう。また、地元業者は保証もきちんと整えていることが多いので安心です。

地元業者を選ぶ際は業者の規模で選ぶのではなく、信頼できる業者かで判断していきましょう。費用をできるだけ抑え、安心して工事をお願いできる地元業者を見つけるのがポイントです。

方法②職人を抱えている業者に依頼する

規模が大きい地元業者の中には、地元の職人に工事を依頼する場合があります。その場合にも、中間マージンが発生してしまいます。

中間マージンを発生させたくない方は、職人を抱えている業者に依頼することもできます。完全自社施工の業者であれば、中間マージンが発生しません。費用を抑えたい方は、完全自社施工の業者を候補に入れるのもよいでしょう。

中間マージンのからくりを理解して費用を上手に抑えよう

建設業界での中間マージンは、元請け業者が下請け業者に仕事を依頼する際に発生します。意味としては紹介料のことです。中間マージンがあることで、工事費用が高くなり、どのような業者で中間マージンが発生するかを理解しておきましょう。

また、中間マージンを支払うことによってのメリットもあります。自分の予算と施工内容を考えたうえで、どのような業者に依頼するかを決めましょう。

また見積もり確認時は、どのくらいの中間マージンがかかっているかを知ることも重要です。中間マージンの意味や背景を理解して、適正な費用で、適正な工事をしてもらえる業者を見つける必要があります。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました