工場・プラント施設の解体工事の相場と費用を抑えられる業者の選び方を解説!

工場プラント施設の解体 解体工事の費用について

工場を運営している方で、施設の老朽化や建て替えのために解体工事を検討する場合があると思います。解体工事を行う場合、費用が気になる方はどうしても多いでしょう。

また、工場内にプラント施設がある場合の解体方法や追加の費用を知りたい方もいると思います。

今回は工場・プラント施設の解体費用の相場と、費用を抑えることのできる解体業者の選び方を解説したいと思います。また自分たちで行うことで、費用が抑えられることがあることも紹介します。

プラント施設の解体方法も併せて紹介するので、工場内にプラント施設がある経営者の方も業者選びの参考になると思います。

工場の解体費用の相場

最初に、工場解体工事の一般的な相場を紹介します。

坪数坪あたりの単価
10坪未満4.5~5万
0~20坪程度3万前後
20~40坪程度2.5万前後
40~50坪程度2.8万円前後
50~70坪未満3.3~5.5万/坪
70坪以上2.3万~/

建物構造やアスベストの有無で変動するため、この相場はあくまでも目安と把握してください。

70坪以上では割安に見えますが、解体する工場が大きいと作業人数や養生と足場の費用などがかかるので、70坪未満の工場よりも費用は高くなります。

また工場周辺の環境によっては、重機を待機させるための駐車場代なども発生するため、解体業者との見積時にはどのような費用が発生するのか確認を取るようにしましょう。

プラント施設の解体費用の相場はアスベストの有無で大幅に変動

プラント資設の解体相場は、坪単価3~5万円が相場が目安です。作業環境や解体業者によって変動しますが、一般的にはこの範囲が相場となっています。

しかし、プラント資設にアスベストが含まれている場合は解体費用は高騰します。アスベストが使用されている場合の処理費用の相場は以下の通りです。

面積1平方メートルあたりの単価
300平方メートル以下2万~8.5万円/1平方メートル
301~1,000平方メートル以下1.5~4.5万円/1平方メートル
1,000平方メートル以上1~3万円/1平方メートル

面積が広ければ広いほど割安になる傾向がありますが、最終的な費用は解体業者に確認を取りましょう。

工場・プラントの解体工事は解体業者次第で費用が大きく変わる

工場の解体工事は一般的な解体業者でも行えますが、これから紹介するポイントに合致した業者を選ぶ事で費用を抑える事ができます。

経験が豊富な業者に依頼する事で工期が短縮出来る

解体工事前には工場の図面と各種資料を参考に解体手順を構築します。解体工事の経験が豊富な業者であれば、資料から構造を読み取る能力が高いので、そこから正確な見積もりを出す事ができます。

資料だけではわからない部分は、現地調査である程度把握することは可能です。しかし、実際に解体工事を開始しないとわからない問題も発生します。経験が豊富な業者であれば、不測の事態が発生する予測も含めた見積もりを出してくれるはずです。

また、大型重機の取扱いに慣れているかも重要です。もし慣れていない業者に依頼した場合、思わぬ事故が発生して工期が大幅に伸びるどころか責任問題にも発展しかねません。

工場の解体実績のある解体業者を選ぶのが、安全面も含めて重要です。

下請けやリース会社に頼らない会社はコストを抑えられる

解体工事の際に自分たちが行わない部分を、下請け業者に依頼する解体業者も少なくはありません。下請けに頼らない業者に依頼することで中間マージン分の費用を抑えることができます。

また、工場やプラント施設の解体にはロングピース車といった大型の重機が必要です。解体業者が所有していない場合は、レンタル業者を頼ることになるのでレンタル料が発生します。しかし自前で重機を利用できる業者であればレンタル料の分の追加費用を抑えることが可能です。

一般的な家屋の解体工事では大型の重機は出番がありません。大型の重機を自前で所持できているという事は、大きな現場を主に施工しているという証拠でもあるので安心して任せられる解体業者であるといえますね。

有害物質の取扱いに慣れている業者に依頼する

アスベストやダイオキシンといった有害物質を取扱うので、有害物質の処理に慣れている業者に依頼しましょう。慣れていない業者に依頼して事故や近隣への被害が発生した場合、責任問題になって工事費用どころの話ではなくなってしまいます。

また解体業者では対応が不可能な部分を、有害物質処理の専門業者と協力できるかどうかも重要になってきます。専門業者との繋がりの有無でも見積料金に差がでるので、確認しておきたいところです。

リスク管理の意味も含めて有害物質の処理の理解がある解体業者に依頼しましょう。

早めの見積もりで費用の高騰を抑える

解体業者が余裕のある時期に見積もり交渉をすることで、工事費用を抑えることができます。

工場・プラント施設を全て自分たちでまかなえる解体業者は数が限られ、受注が殺到するため忙しいです。特に、12月から3月の繁忙期はより顕著で、繁忙期に依頼も費用が高くなるどころか受注すら出来ない可能性があります。

また繁忙期に依頼できたとしても、現地調査が不十分なまま解体が行われたり大型重機の数が減ったりするなど工期が伸びる要因が増えるので注意が必要です。

廃棄物・不用品の処理を自分たちで行えばさらに費用は抑えられる

解体工事の費用のうち、廃棄物や不用品の処理費が占める割合は大きいです。そのため、解体工事の前に自分たちで廃棄できる物は処分しておけば費用を浮かせることができます。

解体業者に廃棄をお願いすることも可能ですし、まとめて廃棄するので単価は抑えらえることもあります。しかし、自分たちで粗大ゴミや不用品を処分した方が全体的な費用は大幅に抑えられるでしょう。

また工場で使用していた機械や家電を専門業者に買い取ってもらい、収入にすることができます。

事前に自分たちで不用品の処理をできるスケジュールを組むことが、解体費用を抑えることにつながります。

プラント施設の解体は工場解体の手順とさほど変わらない

プラント施設がある場合でも、解体工事の手順は基本的には変わりませんし特別な許可も必要ありません。しかしプラント施設解体のために必要な重機が増えたり、工期自体は長くなり工事費用は当然高くなります。

また、危険物の除去の必要もあり、リスクもあるため工場解体以上に解体業者の経験が重要になってきます。

プラント施設の解体経験がある業者に依頼する事でスムーズな工事が可能になる

プラント施設は構造が複雑なため、適切な手順で解体しないと工期が大幅に伸びる可能性があります。経験が豊富な業者であれば、構造を把握した上で適切な工法を提示してくれるでしょう。

また有害物質や汚染物質の廃棄や洗浄も行われるため、適切な処理をしなかった場合大きな事故が発生する恐れがあります。ダイオキシン類などの化学物質、廃油といった有害物質を処理しなければならないため、理解や経験がないと適切な手順での処理が困難となるからです。

プラント資設の解体経験がある業者に依頼することで、安全かつ無理のない工期で工事が進められます。結果としてスムーズな工期で解体が完了できて、費用を抑えることができるのです。

まとめ

工場やプラント資設の解体は一般的な解体業者でも可能です。しかし以下のポイントを抑えた業者選びをすることで、相場から費用を抑えることができます。

・工場・プラント資設の解体実績が豊富

・下請けに頼らず重機を自前で持っている

・有害物質の処理の経験がある

また、解体業者に依頼する前に以下の二つを行う事でも費用を抑えられます。

・見積もり依頼は早めに行い余裕のあるスケジュールを作る

・廃棄物・不用品の処理を自分たちで行う

工場・プラント資設の解体経験が豊富な業者を選び、自分たちでできることを前もって行うことで余裕のある工期で解体作業をするめる事ができ、結果として費用も抑える事ができます。

そのためにしっかりとした見積もりを行う事が重要となります。全てを兼ね備えた解体業者を見つけることは困難ですが、見積時に気になった点を確認し、できるだけ条件に近い解体業者を見つけましょう。

解体工事って何だか難しそう…
色々な業者から営業電話がかかってくるんじゃない?
追加費用を請求されるんじゃない?
解体工事が始めてでも大丈夫かな?

  • 逆オークション制により、解体工事費用がどんどん安くなる!
  • 相場と最安値を比較して、自分で業者を選定できる
  • 現場の立ち合いなしで、詳しい見積もりが出せる
かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました