9つの構造別解体費用の相場を解説!安くおさえるコツ3つも紹介

解体工事の費用について

解体費用の相場の決まり方6つ

解体費用相場は、建物の種類や広さや立地の条件などにより決定されます。

建物の構造は「木造や鉄骨」、「一般住宅かビルなどの広い建物」、「住宅密集地や道路幅」などの条件になります。

ここでは、解体費用相場の決まり方6つを紹介しますので、費用検討の参考にしてください。

1:建物の構造

解体費用は、建物の構造により大きく異なります。

構造の種類は、木造や鉄骨、RC造、SRC造などがあり、それぞれで解体費用が大きく異なります。木造は従来の日本家屋で、鉄骨は柱などを鉄骨で強化した構造となります。

また、RC造は鉄骨とコンクリートを合わせた構造、SRC造はRC造にさらに鉄鋼を加えた構造となり、主にビルやマンションなどはこの構造で造られています。

2:建物の広さ

解体費用の相場は、建物の広さにより決まります。

解体費用は、広いほど高くなります。建物の広さは建坪で表され、坪数が大きいほど解体費用が高額になります。

相場を確認したい際は、解体したい建物の坪数を事前に把握しておきましょう。

3:重機が通れる立地条件

解体工事のほとんどが重機を使って実施するため、立地条件によっては重機か使えず費用が高くなります。

解体現場の道路の状況によって、工事用の重機が運べなかったりすると、重機以外の方法での工事となり費用が高くなります。また、足場などの資材運搬も同じく費用に影響がでます。

4:住んでいる地域

解体建物の立地事情により、費用相場が変動します。

解体する建物の地域が、「大都市部」か「周辺市町村」により解体費用相場が変動することがあります。都市部と周辺市町村では、人件費や事業所の家賃などが違うために、解体費用に影響が及びます。

5:解体の費用

解体費用は、業者によって価格が違ったり、建物以外の付帯工事費用が発生したり場合があります。建物以外の付帯工事とは、例えば庭木や塀の撤去など周辺工事です。

また、建物の部材にアスベストが使われていると、除去工事が別途発生しますので割高となります。

予期しない費用発生を防ぐために、複数の業者から見積もりを依頼することや詳細な状況を伝えることを心掛けましょう。

6:廃材などの処理費用

解体工事で必ず排出される産業廃棄物の処理費用も、解体工事費用に追加されます。

排出される廃材の処理費用は、廃材の量により変動します。また、産業廃棄物処理も実施している業者もあり、その場合は割安となります。

依頼者が工事前に、廃材を整理してリサイクル業者などへ持ち込むなど廃棄量を減らすことで、産廃処理費用の削減も可能です。

9つの構造別解体費用の相場

解体費用は、建物の構造により異なります。

建物の構造は、木造や鉄骨、鉄骨コンクリートなどがあり、解体工事の手間も違ってきます。解体費用は木造が安く、鉄骨や鉄筋コンクリートは高くなります。また、建物の広さにも関係します。

ここでは、建物の構造別解体費用の相場を詳しく紹介します。

1:木造の場合

木造住宅の解体費用相場は、建物の構造や立地状況で変動しますが、120万円以上かかる可能性があります。

木造住宅の構造は、平屋か2階建てかの違いがあり、2階建ての方が割高となります。また、立地条件ではトラックや重機が入れる敷地がどうかで費用が違ってきます。狭小地などは、トラックも入れず重機も使えない状況になるため、運搬に手間がかかり割高となります。

2:アパートの場合

アパートの解体工事の費用は、建物の大きさや周辺の環境により大きく変動します。

建物の構造、特に建坪や工事車両や重機の駐車スペースの状況により違ってきますが、木造で坪3万~8万程度ぐらいとなっています。一般的に、アパートは路地奥の立地が多く、トラックは入れなかったりすることがあります。

また、隣接する建物との距離や繁華街などの状況にも相場が左右されます。

このように、アパートの場合は周辺の立地条件が大きく相場に影響しますので、見積りの際には現地調査が特に重要となります。

3:ビルの場合

ビルの解体費用相場は、建物の構造や立地条件、周辺環境により変動しますが、RC造のビル構造で坪5万円が相場と言われています。

ビルの構造は、鉄骨や鉄筋コンクリートがほとんどで、一般住宅の解体費用と比べると高額になるでしょう。建物が2階、3階建てまたはそれ以上になると、比例して高額となります。

また、周辺ビルや住宅との距離なども工事に大きく影響します。密集地にあるビルでは、倒壊の恐れがあるため、一気に解体ができず工事期間も長くなります。アスベストの処理費用の発生も予想されるので、見積り時に漏れがないように特に注意しましょう。

4:マンションの場合

マンション解体費用の相場は、構造や大きさ、立地条件により違ってきます。

現在のマンション構造は、RC造やSRC造がほとんどです。解体工事費用は、SRC造の方が高額になるでしょう。また、立地場所や周辺道路状況も費用に大きく影響します。大規模マンションではなく、木造や鉄骨構造の小規模の場合はそれほど高額な費用とはならないようです。

5:工場の場合

工場解体費用の相場は、大規模な解体工事が必要となるので高額となります。

一般住宅とは違って、工場は鉄骨や鉄筋コンクリート構造がほとんどでしょう。そのため、工事に使う重機も大きくなり工事期間も長期となります。また、大型の重機を保有する規模が大きい工事業者への依頼が必要となります。

事前の調査に、時間を要しますので見積りは早めに実施しなければなりません。ほとんどの工場で、アスベストを使っている可能性が高いのでその費用もあらかじめ計画に盛込んでおくことが大切です。

費用の相場としては、10坪未満~70坪台で4万円~2万5千円となっています。

6:お店の場合

店舗解体費用の相場は、店舗の大きさや立地、内装状況などにより費用が異なりますが、小売り店で坪1万~5万円が相場と言われています。

店舗の解体費用は、住宅などの解体と同様に建物の大きさが基準となります。具体的には、延床面積に比例して費用は高くなるでしょう。また、店舗の特徴である内装の状況や2階や3階といった建物の構成により大きく変動します。

特に、アスベストが使われている店舗も別途工事が必要となるので、費用が高くなるでしょう。

7:倉庫の場合

車庫の解体費用相場は、構造とサイズにより変動しますが、ストレート屋根の場合、1平方メートルあたり2千円程度と言われています。

倉庫の場合は、構造が木造や鉄骨、コンクリートなどや建坪の大きさにより違ってきます。大きなサイズの倉庫は、家屋解体と同程度の費用となりますが、家庭用の倉庫などは、自分で解体して、廃材のみ回収を依頼するとほとんど費用は発生しません。

見積り業者には、構造と大きさや道路状況などを詳しく伝えておきましょう。

8:駐車場の場合

駐車場の解体費用相場は、駐車場の構造と場所により費用が変動しますが、トタン式の駐車場であれば、坪1万~10万円程度と言われています。

駐車場の解体や撤去の場合は、アスファルトやコンクリートの解体や清算機や車庫、カーポートなどの解体費用となります。特に、清算機やゲートなどの撤去解体は専門業者で工事を実施しますので、費用も割高となります。

また、アスファルトやコンクリートなどは一般住宅より廃材が大量に排出されるため産業廃棄物処理費用も高額となります。

9:浄化槽がある場合

建物に浄化槽がある場合は、浄化槽の解体と撤去の費用が解体工事とは別に発生しますが、相場的には3万~6万円程度と言われています。

浄化槽の解体と撤去費用は、立地条件や浄化槽の大きさにより異なります。解体工事と一緒に浄化槽の解体まで実施することをおすすめします。別途、浄化槽工事だけを実施すると、割高になるようです。

また、見積り業者に、浄化槽があることをきちんと伝えておくことが大切です。

解体費用を安くおさえるコツ3つ

解体費用をおさえるポイントは3つあります。

具体的には、「各自治体による補助金に申請する」、「見積りを複数業者に依頼する」、「廃材を少なくするために不用品を自分で処分しておく」ことです。

ここからは、解体費用を安くおさえるポイントについて、それぞれ詳しく紹介します。

1:自治体による補助金を利用する

各自治体により制度化されている解体工事補助金の利用をおすすめします。

工事前に、自治体の認定を受ければ解体工事費用の一部を補助してくれます。ただし、認定には一定の要件がありますので、事前に自治体の窓口へ相談しましょう。

出典 :老朽建築物等の除却工事費用の助成 | 東京都台東区役所

2:自分で片付けられるものは自分で処分する

不用品などの廃材を自分で処分すると、解体工事費用を抑えることが可能です。

不用品は、できるだけ自分で処分しましょう。不要な家財道具や植木、塀などは、自治体の処分回収を利用すると便利です。このように、廃材の量を減らすことで産業廃棄物処理費用が安くなり、最終的に解体費用を抑えることが可能となります。

3:複数の解体会社に見積もりをしてもらう

解体費用を抑えるには、複数の解体業者への見積り依頼が重要です。

解体費用は、一定の相場はありますが業者によって実際の金額は様々ですので、複数の業者に見積りを依頼して、比較することが大切です。

また、複数の業者に見積りを依頼することは、価格と工事内容の比較もできるので重要と言えます。

解体費用が高くなっている理由3つ

空き家への対策が進んでいることもあり、ますます解体工事の需要が高まり費用も高くなっています。

解体需要に高まりによって、工事で排出される産業廃棄物の処理も比例して多くなります。処分費用の割合は、解体工事費用のおよそ半分を占めるとも言われています。処分業者の稼動が逼迫すれば、人件費などにより価格も上昇し解体費用にも影響がでます。

以下で、解体費用が高くなっている理由をそれぞれ詳しく紹介します。

1:中国への資源ごみ輸入禁止

中国政府による、固体廃棄物の輸入禁止措置により、解体費用に影響がでる可能性があります。

従来中国政府が輸入していた、廃プラスチックや古紙、廃紡績原料、固体廃棄物などを全面禁止する措置を発表しました。

この措置が実施されると、国内の産業廃棄物の輸出国が中国であるため、国内での廃棄物処理が必要となります。これにより国内の産廃業者の稼動がさらに逼迫され、解体工事廃材処理にも少なからず影響がでる可能性があるようです。

2:廃棄物処理費用の高騰

空き家解体や建替えの需要が増えて、解体による産業廃棄物の処理が圧迫されており、処理費用の高騰が続いています。

産廃業者が需要に反して業者数は増えていないため、ますます需要に追いつかず、処理費用の高騰に拍車をかけています。

業者によっては、解体業者が自社の処理場を保有して処理を自前で実施しているケースもありますが割合としては少なく、ほとんどが産廃業者へ委託しているのが現状のようです。

3:アスベストに対して費用が別にかかる

解体対象の建物の部材にアスベストが使われている場合は、別途費用が必要となります。

現在では禁止されているアスベストですが、以前は建物の部材に多く使われていました。有害なアスベストが使われている建物の解体には、特別な工事が別途必要となり、処理費用も発生します。

一般の解体業者では処理技術がないため、専門業者へ依頼することとなり、工事期間も長くなるでしょう。

建物の解体費用の相場を知っておこう

建物の解体費用は、建物の構造や立地条件により異なってきます。

解体費用の相場は、構造が木造なのか鉄筋や鉄筋コンクリートによるかで大きく異なってきます。木造の場合は、他と比べて安価となり以外の構造は高額となるでしょう。ビルやマンションでは、大規模工事となるのでかなりの高額が予想されます。

また、立地条件も解体費用相場に大きく影響します。都市部や接面道路が狭い場所、狭小地なども割高となるでしょう。建築部材として使われているアスベストの撤去費用なども解体費用への影響が発生します。

今回紹介した解体費用の相場などを参考に、業者への依頼を検討してみてください。

解体工事って何だか難しそう…
色々な業者から営業電話がかかってくるんじゃない?
追加費用を請求されるんじゃない?
解体工事が始めてでも大丈夫かな?

  • 逆オークション制により、解体工事費用がどんどん安くなる!
  • 相場と最安値を比較して、自分で業者を選定できる
  • 現場の立ち合いなしで、詳しい見積もりが出せる
かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました