スケルトン工事の意味や行う理由を解説!坪単価や費用相場についても

解体工事

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

スケルトン工事を行う意味や、内装解体との違いについてまとめました。スケルトン工事を行うメリットとデメリットについて解説。坪単価や費用相場、スケルトン工事を安く抑えるためのポイントについても取り上げているので参考にしてください。

スケルトン工事の意味や行う理由を解説!坪単価や費用相場についても

目次

  1. スケルトン工事の意味や費用相場をチェック!
  2. スケルトン工事の意味とは?
  3. スケルトン工事の費用相場と費用を抑える方法
  4. スケルトン工事を依頼する業者の選び方
  5. スケルトン工事はデザインを自由に設計できる内装解体工事

スケルトン工事の意味や費用相場をチェック!

建物を解体する工事方法のひとつに、スケルトン工事があります。スケルトン工事は、通常の内装工事とどのような違いがあるのでしょうか?本記事では、スケルトン工事を行う意味と、メリットやデメリットについて解説していきます。

内装解体や居抜き物件との違いや、スケルトン工事の坪単価、工事費用の相場についてもまとめています。スケルトン工事費用を抑えるためのポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

スケルトン工事の意味とは?

スケルトン工事という言葉は耳にしたことがあっても、その意味や内装解体との違いがわからない人も多いでしょう。まずはスケルトン工事を行う意味と、メリット、デメリットについて解説していきます。

建物の解体方法の一つ

建物の解体には、さまざまな工法や技術があります。スケルトン工事は解体工法のひとつで、骨組みだけを残して建物を解体するのが特徴です。

スケルトンには骨組みという意味があり、建物を支える梁や柱を残して建物を解体するので、スケルトン工事と呼ばれています。建物全てを解体するのではなく、建物の根幹である構造躯体や、骨組みを残すのがスケルトン工事の基本です。

建物の骨組みは残っていますが、中身は何も無い状態です。さらに、スケルトン工事にも「原状回復」と「スケルトン解体」の2種類あり区別されています。建物や物件を借りる前と同じ状態に戻すことを原状回復、内装も何も残さないことをスケルトン解体といいます。

内装解体との違い

内装解体とスケルトン工事は似ていますが、意味は大きく違います。建物の内装だけを解体するのが内装解体で、部分的に解体する場合でも内装解体と呼ばれます。

内装解体の場合、建物全てを解体するのではなく壁や天井は解体しません。内装のみを解体するので、店舗などでは後付けした椅子やテーブル、照明、空調設備なども解体します。オフィスの場合はフロアの間仕切り、飲食店などの場合は、カウンターや床の撤去も内装解体として行われます。

居抜き物件との違い

スケルトン工事は先ほど説明したように、建物の骨組みだけを残す解体方法です。それに対して居抜き物件は、内装や設備がそのまま残った状態です。

店舗に残った内装や設備をそのまま使用できるので、開業する際の初期費用が安く済むといったメリットがあります。居抜き物件とスケルトン工事は、意味が全く違うので注意しましょう。

スケルトン工事によるメリット

骨組みだけ残して解体するスケルトン工事は、内装やデザインを一から組み立てやすいというメリットがあります。骨組み以外何もないので、貸主との契約範囲内であれば、レイアウトやデザインは思いのままです。

居抜き物件の場合は古い設備をそのまま使用しますが、スケルトン工事の場合は設備や備品を新しく調達するので、トラブルも起こりにくいでしょう。

自由にレイアウトを設計できるということは、従業員や客が利用しやすい店舗を作れるということです。店内の動線や設備を思い描いた通りに配置できるのは、大きなメリットです。

スケルトン工事によるデメリット

多くのメリットがあるスケルトン工事ですが、デメリットもあります。まず一番のデメリットが、初期費用が高額になるという点です。

スケルトン工事後の店舗には何もない状態ですので、内装や設備を全て一から揃えなくてはいけません。そのため、居抜き物件よりも、初期費用がかかります。また、スケルトン工事は日数もかかり、解体費用も高額になります。

新築の物件であれば補修や補強の必要は少ないですが、古い物件の場合、スケルトン工事によって破損部分が見つかることもあります。

スケルトン工事の費用相場と費用を抑える方法

スケルトン工事の費用相場は、どのくらいなのでしょうか?さらに、できるだけスケルトン工事費用を抑えるための、ポイントについても解説していきます。

延床面積による坪単価費用の違い

延床面積解体費用
約11坪12万円
約12坪35万6,000円
約30坪89万円
約70坪42万円
約95坪55万8,000円

スケルトン工事は、延床面積によって解体費用が変わります。さらに、建物の構造や周辺環境によっても、費用が変わるので注意が必要です。延床面積が大きいから費用が高い訳ではないので、詳しい費用は業者に確認をしてみてください。

建物の種類による費用の違い

スケルトン工事の費用は、建物の種類によっても坪単価が変わります。例えば一般住宅の場合、坪単価は1万5,000円から4万5,000円程度が相場です。

アパートの坪単価の相場は1万3,000円〜3万9,000円、マンションの坪単価の相場は1万3,500円〜4万円ほどです。

これらは単価の目安ですので、さまざまな条件で変わります。建物の立地条件や構造の他、アスベストの有無によっても変わるので、見積もりをしっかり確認しましょう。

費用を抑える方法①業者に直接依頼を行う

スケルトン工事の費用を抑えるには、解体業者へ直接依頼しましょう。オフィスや店舗を契約する際に、不動産会社を経由して解体依頼すると、解体工事費に中間マージンが上乗せされます。

スケルトン工事費用を抑えたい場合は、不動産会社を経由せず直接解体業者へ依頼すると、中間マージン分安くなります。自分で解体業者を探す手間はかかりますが、金額を抑えたい場合は直接依頼しましょう。

費用を抑える方法②複数業者で見積もりをする

スケルトン工事費用を安く抑えるには、複数業者に見積もりを依頼することが大切です。これは費用面だけでなく、トラブルを回避するためにも重要です。

もしも1社だけに見積もりを依頼した場合、提示金額が妥当なのか判断することができません。妥当なのか判断できなければ、価格交渉もできなくなります。

また、作業内容が正しいのか比べることもできません。複数社に見積もりを依頼することで、費用相場や工事内容、工程を比較することができます。費用が安いだけでなく、信頼できる解体業者かどうかも比較することで見極めやすくなるでしょう。

費用を抑える方法③不用品は自分自身で処理しておく

オフィスや店舗、一般住宅にも、さまざまな家具や備品が置かれています。それら不用品の処分を業者に頼むと、解体費用に上乗せして残置物処理費がかかります。

そのためスケルトン工事前に、自分たちで不用品は運び出しておきましょう。リサイクルショップに買い取ってもらったり、粗大ゴミとして処分することで費用を安く抑えることができます。

スケルトン工事を依頼する業者の選び方

スケルトン工事を依頼するには、どのような業者を選べば良いのでしょう。業者の選び方のポイントと、注意点について解説します。

選び方①スケルトン工事の実績を確認する

スケルトン工事は騒音が出るため、近隣トラブルになる可能性があります。トラブルにならないためにも、スケルトン工事に慣れている業者を選ぶことが大切です。スケルトン工事に慣れている業者は、作業員のマナーや近隣への対応も配慮できることが多いです

実績がある業者ほど工事もスムーズで、安心してスケルトン工事を任せることができるでしょう。業者選びは金額だけでなく、信頼できるか見極めることが大切です。

選び方②建設許可や産業収集運搬の許可をチェックする

スケルトン工事では多くの廃棄物が出るため、産廃処理を行える業者か確認することも重要です。場合によっては、正規の産廃処理ルートを明確にする「マニフェスト」を発行せず、不法投棄する業者もいます。

業者の不法投棄が発覚した場合、依頼主にも影響が及びます。そのようなトラブルに巻き込まれないためにも、複数社に見積もり依頼することは有効です。相場よりもかなり解体費用が安い場合は、このようなトラブルに巻き込まれる可能性があるので注意しましょう。

選び方③見積もり書の内訳などをきちんと説明できる

見積もり書に記載された工事内容の詳細を、しっかり説明してくれる業者を選びましょう。工事内容は素人に難しいことも多く、見積もり書を見てもわからないこともあるでしょう。

そのような時に、しっかり疑問に答えてくれるかどうかが重要です。わからないことをわからないままにせず、疑問や不安は都度解消していきましょう。

スケルトン工事はデザインを自由に設計できる内装解体工事

スケルトン工事は、骨組みだけを残して全て壊す解体工事です。元々あった設備を全て解体するので、費用がかかるというデメリットはありますが、自由に設備を配置できるというメリットがあります。

スケルトン工事を安く抑えたい場合は、複数社に見積もりを依頼し、信頼できる業者か見極めましょう。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました