厨子二階(つしにかい)とは?解体工事の際の注意点を解説

解体工事

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

厨子二階について詳しく解説します。厨子二階とは一般的な2階建ての建物とどう違うのか、言葉の意味や特徴を紹介!また、厨子二階の建物を解体する時の注意点も合わせて解説します。該当する建物を保有している人は、ぜひ参考にしてください。

厨子二階とは?

厨子二階とは、天井の低い二階部分がある建築様式のこと。

厨子二階という言葉を聞いたことはありますか?これは「つしにかい」と読む、建築様式の一種です。どのようなものなのか、一緒にみていきましょう。

厨子二階の言葉の意味

厨子二階は、江戸時代から明治後期までに建てられた京町家でよく見られる、2階の天井を低く造った伝統的軸組構造を持つ住宅です。二階厨子(にかいずし)という調度品に、外観が似ていることに由来しています。

2階部分は、主に倉庫や使用人の部屋として使われたとされ、天井も現在の2階建て住宅より低く造られているのが特徴です。また、多くの厨子二階では、虫籠窓(むしこまど)と呼ばれる、漆喰で塗り固めた明かり取りの窓が付いています。

厨子二階の建物の解体工事費用

厨子二階を解体する時の工事費用は、一般的な2階建て住宅と同程度です。これは、2階部分を通常の延べ床面積として計算するためです。

東雲修

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました