中古住宅の購入で後悔するのはどんな時?対処法と事前の注意点も紹介

解体工事

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

中古住宅購入の際に後悔しやすい点をまとめました。中古住宅を購入する際に後悔しないための注意点や中古住宅の費用の相場を紹介します。また、新築の購入との違いや中古住宅の耐震性なども掲載しているので、中古住宅を購入する際の参考にしてください。

中古住宅の購入で後悔するのはどんな時?対処法と事前の注意点も紹介

目次

  1. 中古住宅の購入で後悔したくない
  2. 中古住宅を購入するメリット
  3. 中古住宅の購入で後悔しやすい点
  4. 中古住宅の購入で後悔した場合の対処法
  5. 中古住宅の購入で後悔しないためには?
  6. 中古住宅の購入で後悔しないためには事前確認が大切

中古住宅の購入で後悔したくない

中古住宅は、新築の家に比べると安価で購入できる物件が多いです。ですので、費用を抑えるために中古住宅を購入する人も増えています。本記事では、中古住宅を購入する際に後悔しないための注意点をまとめました。

確認するべきポイントや想像と違った場合の対処法を掲載しているので、中古住宅を購入する際の参考にしてください。

中古住宅を購入するメリット

まずは、中古住宅を購入するメリットを紹介します。新築との違いや初めて家屋を購入する時に確認するポイントを掲載しているので、中古物件を探す際の参考にしてください。

新築よりも低価格で購入できる

中古の物件を購入する最大のメリットは、新築に比べると低価格で買える点です。新築と比較した時、半額やそれ以下の費用で購入できる場合もあります。一般的に、築年数が経過すればするほど値段は低下しますが、中にはほとんど新築の状態の物件も存在します。

また、新築の場合、年数が経過するごとに資産価値が下がっていきます。しかし、中古住宅であれば資産価値の下落幅が少ないのもメリットの1つです。

内装や外観をしっかりチェックできる

中古住宅は内装や外観をしっかりとチェックできるメリットもあります。新築とは異なり、中古物件の場合、すでに建てられた状態ですので住居を入念にチェックができます。

また、人が住んでいる時でも内覧できる場合もあるので、生活のイメージもしやすいです。さらに、中古住宅の方が物件数も多いので、自分の住みたい家も見つけやすくなります。

中古住宅の購入で後悔しやすい点

次は、中古住宅の購入で後悔しやすい点について紹介します。購入後に後悔しやすいポイントを掲載しているので、事前に把握して購入する際にチェックしましょう。

耐震性や地盤に問題があった

中古の物件を購入する際は、耐震性や地盤に問題がある可能性があります。築年数が長い場合は耐震性がなく、地震に弱いです。耐震性の低い物件を購入してから、後悔する人も多いです。

購入後に、補助金制度などを利用して工事を行うことも可能ですが、できるだけ購入前に耐震性などを確認しておきましょう。なお、耐震基準によって住宅の耐震性を測ることも可能です。

中古住宅のため、旧耐震基準で設計された場合もあります。購入する際は、しっかりと耐震性の基準を満たしているか確認しましょう。

さらに、地盤の固さは耐震性に直結します。ですので、中古住宅の建てられているエリアの地盤が緩くなっていないかなどの確認も必須です。出典:住宅・建築物の耐震化について(国土交通省)

修繕費用が高くついた

購入しやすいように、低価格帯の物件が多い中古住宅ですが、購入後の修繕費の高さに後悔する人も多いです。安く購入できても、内装の修繕費用やリフォーム費用などで予算よりもオーバーしてしまうこともあります。

また、住み始めてから故障や不具合に気づいて、リノベーションや修繕を行う場合もあります。そのため、中古住宅を購入する際は、しっかりと内装や細かい点をチェックしないと、新築住宅なみの金額になってしまうので注意しましょう。

ライフスタイルとの相性が悪かった

中古住宅の購入後に、ライフスタイルと合わなかったと後悔する人も多いです。例えば、大きな庭付きの中古住宅を購入した際、共働きで子供がいない家庭だとせっかくの庭も活用できません。

また、内見の時には魅力的に感じていた部屋でも、家具を配置してみると生活導線がうまくいかず、生活しづらいと感じてしまう場合もあります。

ですので、中古住宅の購入で後悔しないためにも、住まいに求める優先順位をつけて、普段の生活に合った物件を探すようにしましょう。

周辺環境がイメージと異なった

すでに建てられている中古物件は、間取りや広さ、日当たりなどを事前に確認できるメリットがあります。しかし、家を購入する際は、住居の機能だけでなく、周辺の環境もチェックする必要があります。

実際に住んでみたら、「商業施設が遠い」「子供の学校の送り迎えが大変」「工事の多いエリアだった」と後悔することも多いです。

また、地域のことを調べずに購入してしまうと、近隣住との習慣の違いでトラブルに巻き込まれるケースもあります。家を探すときは、物件に目がいきがちですが、周辺環境の情報もしっかりと把握しておくようにしましょう。

中古住宅の購入で後悔した場合の対処法

次は、中古住宅を購入して後悔してしまった場合の対処法を紹介します。購入後に後悔しても、しっかりと対処すれば住みやすい住宅にすることは可能です。

リフォームを行う

立地や周辺環境には満足しているけど、内装や室内の設備に問題があって後悔している場合はリフォームを行いましょう。

ただし、物件によってはリフォームできない場合もあるので、購入した中古住宅はリフォームできるのかを確認しておきましょう。わざわざ費用を抑えて中古住宅を購入したのに、リフォーム費用で金額が高くなると躊躇する人もいます。

しかし、リフォームをすることで、自分の理想の空間を作れます。中古住宅を購入して後悔している場合は、思い切ってリフォームを行い、自分だけの理想の家を手に入れましょう。

売買契約書を確認する

中古住宅を購入した後に、後悔しているけどリフォーム代や住み替えの費用をかけたくないという人は一度売買契約書を確認してみましょう。不動産売買において、買い手は契約不適合責任と呼ばれる制度で保護されています。

契約不適合責任とは、「売却した不動産が契約内容に適していない場合、買い手に対して売り手は責任を負わなければならない」というものです。

中古住宅を購入した後に、雨漏りやシロアリ被害などが見つかったのに、売買契約書に記載がない場合は損害賠償請求や代金減額請求などが可能です。

そのため、中古住宅の購入を後悔した場合は、一度売買契約書に不備がないか確認するようにしましょう。出典:住宅業界に関連する民法改正の主要ポイント(国土交通省)

新しく住み替える

中古住宅を購入した後に、リフォーム費用などをかけたくない場合や周辺環境を変えたい場合は住み替えることも考えましょう。住宅の住み替えの場合、売却とともに新しい住宅の購入を行います。

しかし、中古住宅は高く売れないことも多く、売却益で住宅ローンを完済できない可能性があります。その際に、おすすめなのが住み替えローンです。

住み替えローンとは、今住んでいる家の住宅ローンの残債分と新居を購入するための資金分を併せて借り入れできるローンとなっています。

住み替えローンは、売却と購入を同時に行うことが原則です。そのため、新居に移るまでの仮住まいの家賃や引っ越し費用などを抑えられます。

住み替えにかかる日数

住み替えを検討している場合は、まず売りたい物件の査定依頼を行います。複数に査定依頼をして、できるだけ高値で売れる不動産を探しましょう。

不動産会社を決めたら、契約に移って売却が完了します。おおよそ3ヶ月程度が売却期間の目安となります。

次に欲しい物件を探し、契約とローンの手続きを行ったら引っ越し作業です。売却から引っ越し、入居までの目安期間はトータルで半年ほどかかることを頭に入れておきましょう。

売却と購入のタイミング

住宅の住み替えを検討している際に、大切となるのが売却と購入のタイミングです。住み替える際の資本は、現在住んでいる家の売却利益となることが多いため、売却と購入の決算は同時にするのがおすすめです。

タイミングがずれてしまうと、ローンなどの無駄な出費に繋がる可能性があります。そのため、住み替えを決めたら、まずはスケジュールを決めておきましょう。

中古住宅の購入で後悔しないためには?

次は、中古住宅の購入で後悔しないためにやるべきことを紹介します。新築の物件よりも安い値段で購入できる中古住宅ですが、購入した後も後悔せず住みやすい環境作りのためにも下調べはきちんと行いましょう。

注意点①中古住宅の状態・情報を隅々まで調べる

中古住宅の購入で後悔しないためにも、事前の状態・情報の確認を怠らないようにしましょう。物件の各種設備の劣化や耐震性のチェック、外観に傷がないかなど、隅々まで調べましょう。

また、室内に家具を置いた際に、充分なスペースが確保できるのか、生活導線が不便にならないかなども事前に確認するのがおすすめです。また、中古住宅購入者のブログなども読んでおくと、購入までの手順がつかみやすくなるでしょう。

注意点②周辺環境は現地で確認する

中古住宅を購入する際には、現地の周辺を実際に確認しておきましょう。建物だけを見て購入してしまうと周辺環境に馴染めなくて後悔する可能性があります。

周辺にある施設や道路などの騒音は、写真だけでは分かりづらいので、雰囲気を確かめるためにも自分の足で歩いてみましょう。

中古住宅の購入で後悔しないためには事前確認が大切

新築の住宅よりも安い費用で購入できる中古住宅ですが、事前確認をしっかりと行わないと後悔してしまう恐れがあります。購入後の生活スタイルの具体化や周辺環境の確認などは、購入前に確認しておきましょう。

また、購入後に後悔するようなポイントがあれば、思い切ってリフォームなどを行い、自分の理想の家に近づけましょう。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました