空き家の解体工事前にネズミ駆除を行う理由|駆除を依頼できる業者や費用も解説

解体工事のよくある疑問

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

空き家はネズミといった害獣や害虫が住み着きやすいため、解体工事を行うと外に逃げ出してしまいます。

そのため、ネズミ駆除を行わずに解体工事を始めることは、近隣住民にとって非常に迷惑をかけてしまうことになるでしょう。

今回は、空き家の解体工事前にネズミ駆除を行う必要性について解説します。

実際にネズミが生息していた場合、どのような業者に依頼すればよいかも紹介しますのでネズミの被害にお悩みの方にも参考になるかと思います。

▼この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

空き家の解体工事前に害虫駆除・害獣退治行う必要性|事前にできる対策と駆除の費用を紹介
空き家の解体工事を行う際に、忘れてはならないのが害虫・害獣の存在。長い間空き家となっている家屋は、人が住んでいる建物と比べると害虫が住み着いている可能性が非常に高くなっています。害虫や害獣が住み着いている状態で解体工事を行...

空き家に住み着いているネズミは解体工事によって移動してしまう

ネズミは解体工事に伴う振動や騒音に驚いて、住処を変えるために移動をすることがわかっています。

また、大規模なマンションや商業施設、駅や高速道路の工事が始まると周辺の数kmの範囲でねずみ駆除の依頼が増える傾向にあるようです。

解体する空き家から逃げ出したネズミは、エサをのある場所を求めて移動します。今までネズミが生息していなかった場所に出没し始め新たなネズミ被害を生み出してしまうことになるのです。

そのため、ネズミが住み着いている空き家を解体工事することは、近隣住民にとって非常に迷惑な行為であるといえます。

自治体によっては解体工事前のネズミの生息調査が義務になっている

解体工事によるネズミの拡散を防ぐ手段として、空き家にネズミが住み着いていないか生息調査を行う方法が有効です。

解体工事前のネズミの生息調査と駆除は、自治体によっては義務とされている場合があるので確認しておきましょう。

生息調査が義務でなかったとしても、できるだけ生息調査は行った方が良いと思われます。

生息調査を行わずに解体工事を行った場合、工事中にネズミが見つかり駆除に時間を取られるなど工期に遅れが生じることがあるかもしれません。

ネズミの生息調査は、契約した解体業者に依頼すれば行ってもらうことができます。解体業者による調査が不可能な場合でも、他の業者に依頼できるため解体業者に相談することをおすすめします。

ネズミが住み着いたことで発生する被害とは

ネズミが家屋に住み着いてしまった場合の被害として、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。

大きく分けると「精神的な苦痛」と「衛生面での危険性」そして「経済的な損失」の3つに分類できます。

精神的な被害として、ネズミが屋根裏を動き回ることで発生する騒音が挙げられます。

夜行性のネズミは人間の就寝時間になると活発になるため、ネズミの足音が気になって眠れずに睡眠障害やノイローゼになってしまう恐れがあるのです。

衛生面での危険性としては、ネズミによって感染症が起きてしまう可能性が挙げられます。

特に危険なものとしては「アナフィラキシーショック」があり、急激な血液低下から意識を失うこともある恐ろしい症状です。

ネズミに噛まれてから全身の腫れや呼吸困難の症状が出た場合は、速やかに病院に行くようにしてください。

経済的な損失としては、ネズミが電気の配線をかじったことによって漏電が起きてしまうことがあります。

漏電したままの配線を放置していると、最悪の場合は火災が発生してしまう場合があるので非常に危険です。

ネズミが住み着いてしまったせいで、最悪の場合は家屋を失ってしまったり死の危険性があるので、たかがネズミとあなどることはやめましょう。

ネズミの住み着きやすさは周囲の環境に左右される

ネズミが住み着きやすい場所は、建物の状態よりも周囲の環境に左右されます。飲食店の多い繁華街や自然の多い地域などはネズミにとって生活しやすい環境といえるでしょう。

飲食店やゴミ収集場のある繁華街では、食べ物の匂いや残飯などにつられてネズミがよってくる傾向があります。ネズミは一度の食事量が多くないため、安定してエサを食べられる場所を好むからです。

森や自然が豊かな公園が近くにある家屋も、ネズミの被害に合いやすいといえます。

森や公園のエサが少なくなってくるとエサを求めて周囲の家屋に進出することがあり、そのまま住処としてとどまることがあるためです。

ネズミはとにかくエサを求めて移動する習性があるため、安定してエサを食べられると感じればそこに住み着く傾向があります。

人の手が入っていない空き家はネズミにとって天国

ネズミは安定してエサが食べられる場所を好んで生息しますが、もう一つネズミにとって住みやすい場所というものがあります。

それはネズミにとって天敵ともいえる人間の手が入っていない場所です。

放置されている空き家はまさにその条件を満たしている場所なので、ネズミは安心して住処にする場合が多いでしょう。

空き家自体にエサがあることはあまりないでしょうが、安心して暮らせる空き家を拠点にして周囲の家屋や飲食店に進出するケースがあります。

空き家の築年数あまり関係無く、古い家屋であっても掃除や換気を行うことでネズミなどの害虫の駆除につながります。

解体工事前のネズミ駆除はプロに任せた方が良い

解体工事前にネズミの生息が確認された場合は、実際にネズミの駆除を行わなくてはなりません。

昨今ではネズミ撃退グッズなどが多数販売されているため、自分で行う方も増えています。

しかし、解体工事前のネズミ駆除に関してはできるだけ専門業者に依頼するほうが良いでしょう。

超音波発生機といったネズミ撃退グッズでネズミを追い出すことができても、近隣の住居にネズミが逃げだしてしまうことになります。その場合は近隣住民に迷惑をかけてしまうので本末転倒です。

そのため、解体工事前のネズミ駆除は建物から追い出さずに駆除を行う必要がありますが、簡単にできることではありません。

解体工事前のネズミ駆除は近隣住民に被害を出さないために行うものです。プロの業者に任せた方が確実に目的を達成できるでしょう。

解体工事前にネズミ駆除を依頼する場合の費用相場

ネズミ駆除の専門業者に依頼した場合の費用相場ですが、施工内容や規模によって大きく異なります。

被害が少ない場合は1~5万円程度で住みますが、被害が大きかったり長期に渡って住み着かれて居た場合は5~20万円と高額になってしまうこともあるのです。

また、ネズミ駆除だけでなく侵入経路を完全にふさいだり、実際に侵入しないか経過観察をする場合は複数回の施工を行う場合もあります。

解体工事前のネズミ駆除に関しては、侵入経路をふさぐ必要はありませんので一度の駆除だけで住む場合がほとんどです。そのため、よほどのネズミの被害が深刻でなければ1~5万円の相場内で施工してもらえるでしょう。

ネズミ駆除業者も、解体業者と同様にインターネット上で複数業者を比較できるサービスがあります。利用することでご自身にあったプランと費用で施工してもらえる業者を探すことができます。

ネズミを空き家に住み着かせないためにできること

ネズミ駆除の方法として専門業者に依頼する方法を紹介しましたが、ネズミに住み着かれる前に対策できることはないのでしょうか?

ここからは、ネズミを空き家に住み着かせないために自分でできることを紹介したいとおもいます。

空き家の掃除や換気を定期的に行う

ネズミが住処として好む場所として、人の手が入っていない場所があることは上記で説明しました。

逆にいえば、古い家屋でも定期的に掃除や換気を行うことでネズミや他の害虫が発生するリスクを抑えることができるといえます。

ネズミのエサになるような食べ物を処分しておくのは当たり前ですが、家屋の中を清潔に保つことでネズミが入ってくる可能性を下げることができます。

また、水道管が干からびてくるとネズミの侵入経路になってしまうので、定期的に水を流すことも重要です。

ネズミ撃退グッズを使用する

ネズミを侵入させないという意味であれば、ネズミ撃退グッズの使用は有効です。

ネズミは聴力や嗅覚が優れているため、忌避材や超音波発生機を利用することでネズミを遠ざけることができます。侵入してくる前に設置すれば「ここに居るのは危険だ」と思わせることができるので、ネズミが住み着く可能性が減るでしょう。

ネズミがいそうな天井裏や床下にLEDストロボライトを使うことも効果的です。

暗い場所を好むネズミは視力がそれほど優れてはいません。LEDストロボライトの強い光を当てることで、警戒心を高めさせることができるので追い出すことができます。

古典的な方法としては粘着シートや捕獲器を使うことも有効な手段といえます。

床下などの侵入経路に設置することで、ネズミの警戒心をあおり侵入を防ぐことが可能です。

罠に捕まったネズミの駆除はもちろんですが、鳴き声を聞いた仲間のネズミが逃げ出す場合もあるため集団全体に警戒心をもたせることもできます。

▼この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

空き家のままにしておく12個のリスク!活用方法についても紹介
空き家は放置していると資産価値が下がり、老朽化による倒壊の危険性が出る、最終的には強制代執行による取り壊しが行われるなどのリスクがあります。そのようなリスクを避けるため、空き家のままにしておくリスクから活用方法まで紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

解体工事前のネズミ駆除も重要だが普段から空き家を管理することも重要

解体工事前になぜネズミ駆除を行う必要があるのかについて解説しました。

空き家にネズミが住み着いていた場合、解体工事によってネズミが拡散してしまうと近隣住民はもちろん自治体にも迷惑をかけてしまいます。

自治体によっては解体工事前のネズミの生息調査は義務となっています、義務でなくともできる限りは生息調査とネズミ駆除を行ってネズミや害虫の拡散を防ぐようにしましょう。

また、空き家を定期的に管理することでネズミやその他の害虫が住みづらい環境を作ることができます。

面倒に感じるかもしれませんが、放置したままだと解体工事前のネズミ駆除に思わぬ費用を払ってしまうかもしれません。

ネズミ以外の害虫や害獣対策にもつながりますし、空き家を清潔に保つことは解体工事費用を抑える重要な手段の一つといえるでしょう。

▼この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

空き家の解体でおさえておくべき点は?ポイントを解説
▼この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。空き家活用とは?今や社会的な課題になっている、空き家の増加問題。人の住まなくなった家屋というのは、驚くほど急激に老朽化が進み、周囲に危険を及ぼし迷惑をかける...

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました