相続放棄とは?した方がいい場合しない方がいい場合!手続きの期間に注意!

解体工事のよくある疑問

「相続トラブルで揉めたくない」

「相続する財産が借金などの負債ばかりだから相続したくない」

「そもそも相続を放棄したほうが良いのかしない方が良いのか分からない」

人生の中でも相続に関する問題に直面することは多くはありませんが、いざ直面した時にどうすればいいのか分からないという人も多いはず。

この記事では、相続を放棄するとどういう状態になるのか、相続を放棄をしないほうが良いケースやするべきケースを注意点とあわせて紹介します。

相続問題はなるべくトラブルなくスムーズに進めたいものです。ご自身の状況に合わせた最適な選択肢を選ぶ参考にぜひご覧ください。

相続放棄とは?

相続放棄とは被相続人の財産をすべて相続しないことです。自分に相続する権利はなくなり、他の相続人同士で分け合うことになります。

財産と聞くと預貯金や不動産など利益のある財産を思い浮かべますが、借金など負債となるものも「財産」です。そのため、相続をする場合には利益のある財産だけではなく借金の返済義務なども引き継がれます。

迷いがちなケースとして、プラスの財産はあるけどマイナスの財産もあるケース、そもそも相続財産がどの程度あるのか分からないといったケース。

相続放棄は一度承認されれば撤回はできないため慎重に検討しなければなりません。相続財産はしっかりと調査するべきですが、前提として相続放棄ができる期間についても考慮しておきましょう。

相続放棄できる期間は3ヶ月

相続放棄をできる期間は、原則として「相続の開始があった時(被相続人が亡くなり自分が相続人と知った時)」から3ヶ月以内と定められています。

3ヶ月を過ぎても相続放棄の手続きをしなかった場合には、借金などの負債も相続することを認めたことになります。3ヶ月というのはほっておくとすぐに過ぎてしまう期間なので、相続放棄を検討している人は早急に手続きをしてください。

・被相続人の相続する財産を調査して把握する

・手続きに必要な書類を揃える

・家庭裁判所へ必要書類、相続放棄申請書を提出

上記が相続放棄の大まかな流れです。必要書類を揃え、手続きを終わらせるまでに手間がかかることを考慮して早めに行動をした方が良いでしょう。

相続放棄をした方が良い場合

「財産の相続を放棄するという選択をしていいのか分からない」と悩んでしまう人も多いでしょう。まず、最初にするべきこととしては相続財産の調査をして、プラス財産もマイナス財産も含めどのような財産があるのか把握してください。

その上で、ここからは客観的に見ても相続放棄を選択したほうが良いとされるケースの紹介をしていきます。

被相続人の負債が多すぎるケース

被相続人のプラス財産よりも、借金などマイナス財産のほうが明らかに多い場合には相続放棄を選択したほうが良いでしょう。プラスの財産があったとしてもマイナス分が上回っている場合には借金だけが残ってしまいます。

仮に、少額の借金だけだとしても、プラスの財産が全く無い場合にはただ借金だけを背負うことになります。

上記のような場合には相続放棄をすることにより、借金を返済する義務がなくなります。相続放棄を検討するべき代表的なケースだと言えるでしょう。

相続トラブルに関わりたくないケース

財産を相続する際には、相続人全員で遺産を分割するための協議をしなければいけません。もちろん、自分が相続人であれば協議に出席する必要があります。

お金が絡む財産の話は親族同士であっても気が重いと感じる人の方が多いのではないでしょうか。特に、普段から親族同士の付き合いが薄かった場合ではなおさらわずらわしく感じてしまいますね。

相続放棄の手続きは自分一人で進めていくため、他の相続人の了承を得たり、協議に参加したりといった場面が必要ありません。財産を相続する権利は失いますが、不要なトラブルやわすらわしさを感じたくないケースには相続放棄を検討するべきでしょう。

今にも壊れそうな家を相続するケース

残された資産がいつ倒壊してもおかしくないような家である場合にも放棄を検討したほうが良いでしょう。「残された家だから」「とりあえず引き継いでおく」と継いでしまうとさまざまなリスクが発生します。

まず、不動産は所有しているだけで固定資産税を納めなければいけません。さらに、管理する手間や時間がかけられず放置してしまったことから「特定空き家」に指定されると税金の優遇を受けることができず、大きな金額を支払うことになります。

また、空き家を放置していると窓ガラスが割れたり壁が倒壊したりと周囲への外観を悪くするばかりか、いたずらや不審者に住み着かれるといったリスクも発生します。

周囲へ悪影響を与えた際には、損害賠償を請求される可能性もあるので、管理ができない古い家を相続する際にはよく検討をしてください。

相続放棄をしない方が良い場合

相続資産が大きい場合や相続した不動産をきちんと管理できる場合には、相続をして運用していくほうが良いでしょう。悩みがちなケースとして考えられるのが借金などの負債が多い場合やプラスかマイナスどちらの方が多いのか分からないケース。

そのような場合には「相続放棄」を選ばずに「限定承認」という選択肢があることを押さえておきましょう。ここからは、限定承認とはどういったものか紹介していきます。

限定承認が有効なケース

限定承認とは相続する資産の範囲内の分だけ負債分を相続することです。負債分をプラス資産で返済し、それでも資産が残る場合には相続することが可能になります。

限定承認が有効なケースとして相続資産がどれくらいあるのか分からない場合です。プラス資産よりもマイナスの負債が明らかに上回っている場合には相続放棄をしたほうが良いでしょう。

プラスもマイナスも含めて資産がどのくらいあるのか分からない場合には限定承認が有効です。

ただし、限定承認は相続人全員の同意が必要になり、手続きも非常に複雑なもの。さらに、相続放棄と同様に手続きできる期間が3ヶ月と決まっているのでなるべく早く手続きをしなければいけません。

相続放棄をしても土地の管理責任は残る

相続放棄を選択すれば不動産などの資産に関する権利を失い、相続することができなくなります。であれば、管理する必要も完全に無くなると思いがちですが、実は管理責任が残ってしまう場合もあります。

例えば、相続人が自分1人だけで他に相続人がいない場合には相続放棄をしても資産を管理する義務が残ってしまいます。また、他の相続人が全員相続放棄をして、自分が最後の相続人になる場合には資産を管理しなければなりません。

必ずしも土地の管理責任が無くなるわけではなく、場合によっては管理責任が残ることに注意してください。自分に管理責任が残り、管理をしたくない場合には相続財産管理人を専任する必要があります。

まとめ

今回は相続放棄を選択したほうが良いケース、しない方が良いケースについて紹介しました。人生の中でも直面することの少ない相続問題ですが、決定できる期間は3ヶ月と意外にも短いので、慎重に検討しなければいけません。

相続放棄をしたほうが良いケースとして考えられるのは以下に当てはまるケース。

・被相続人の負債が多すぎるケース

・相続トラブルに関わりたくないケース

・今にも壊れそうな家を相続するケース

また、相続資産がどれくらいあるのか分からない場合には相続放棄をするよりも「限定承認」を選んだほうが得をする可能性があります。

ご自身の状況に当てはめて、最適な選択肢を選んでください。

解体工事の費用っていくらかかる?
見積もりやご相談はお気軽に解体の窓口へ!

  • 物件情報を送るだけで、無料で自動お見積もりができる
  • 追加費用をかけずに、業者を選定することができる
  • 自分で選定するため、しつこい電話営業も一切ない
かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました