解体の窓口×三井住友海上、日本初!解体工事の“万が一“に備える「Wで安心解体工事請負業者賠償責任保険」を提供開始

「解体の窓口」を運営するバリュークリエーション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:新谷 晃人)は、三井住友海上火災保険株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:船曳 真一郎、以下「三井住友海上」)と提携して、「Wで安心解体工事請負業者賠償責任保険」の提供を開始します。

「Wで安心解体工事請負業者賠償保険」は解体の窓口を通して選んでいただいた工事会社での解体工事において、万が一の事故が起こった場合、一定の支払限度額、免責金額を条件に、第三者賠償を補償する保険です。
施主・解体工事会社ともに無料・無条件でご利用いただけるサービスですので、完工まで安心してご利用いただけます。この取り組みにより、「解体の窓口」を経由して意思決定をいただくユーザーの増加が期待され、加盟いただいている解体工事会社様へ提供できる価値向上にもつながると考えております。

全国で1,000万戸に迫る空き家数の増加は社会問題となっており、SDGsでも「住み続けられるまちづくりを」という目標が掲げられるなど、解体工事のニーズは年々高まっています。
「解体の窓口」に寄せられる解体希望者からのご相談件数も2.2倍に急増しており、「所有する空き家などの解体工事を行いたい」という相談が後を絶ちません。
しかし、解体工事にリスクはつきもの。その不安がぬぐいきれないことにより、具体的な行動に移さず、現状維持とする相談者も少なからず存在します。
また、万が一の事故が起きたとき、解体工事会社の加入している損害賠償保険で通常はカバーできますが、その補償範囲を超える高額な損害が出た場合はどうすることもできない状況です。

そこで、万が一解体工事会社の請負業者賠償責任保険でカバーできないような大きな損害が発生したとき、その補償の上乗せをご用意することで、大切な施主様がより安心して解体工事をご依頼できるような保険を用意しました。

「Wで安心解体工事請負業者賠償責任保険」の概要


解体業者の皆様が加入されている請負業者賠償責任保険の支払限度額を超える高額賠償事故が発生した場合、弊社が加入する保険で1億円を限度に補償いたします。


補償を受け取ることができるケース

なお、「解体の窓口」は空き家問題の解消と解体工事業界の透明化のために、三井住友海上と連携して、解体工事や不動産業界へ新たな価値の創造に取り組んでまいります。

【解体の窓口について】

解体工事の専門家であるコンシェルジュが、客観的な目線でユーザー様の解体工事会社選びをサポート。
解体にまつわるあらゆるご相談を、一貫してご相談いただけます。
解体工事の見積もりに必要な情報を、コンシェルジュが整理したうえで最適な解体工事会社とマッチングするので、最小限の手間でご利用いただくことが可能です。
ユーザー様のご利用料、解体工事会社様のご登録料は無料です。
サービスURL:https://kaitai-mado.jp/
解体業者様の加盟はこちら:https://kaitai-mado.jp/membership-form/
提携希望の法人様はこちら:https://kaitai-mado.jp/contact-corporation/

【バリュークリエーション株式会社(運営会社)について】

所在地:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-21-10 えびすアシスト4階
代表者:代表取締役 新谷 晃人
電話番号:03-5468-6877
FAX:03-5468-6455
設立:2008年4月1日
資本金:34,000,000円
事業内容:マーケティングDX事業、デジタルメディア事業、不動産DX事業
コーポレートサイト:https://value-creation.jp
運営サービス:Mola(https://mo-la.jp/

執筆者情報

解体の窓口

解体の窓口・編集部です。 解体工事に関することはもちろん、 解体後の土地や建物の処分から法律・税金まで、 あらゆることを、プロの目線で解説していきます。 お気軽にお問い合わせくださいね。

解体の窓口
タイトルとURLをコピーしました