解体の窓口・編集部

解体工事

立地適正化計画とは?住みにくくなる・家が売れにくくなるリスクと対処すべきこと

立地適正化計画では、中心部の狭いエリアに人が集まって住むことで、人口が減少しても都市機能を維持できるようにします。これによりさまざまな場所へアクセスしやすくなるなどのメリットが生まれます。 一方で「居住誘導区域」外は住みにくくなるの...
解体工事

行政代執行とは?空き家が行政代執行されることによるリスク3つと対策3つ

空き家が古くて倒壊しそうである場合など空き家に問題があると行政から連絡がくることがあります。何度も行政から改善するよう指示されているのに所有者が対応しないと、行政によって強制的に空き家の解体などをされてしまうことがあります。これを「行政代...
解体工事

解体費用の相場を9つの構造別に解説!安くおさえるコツ3つも紹介

▼この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。 解体費用を左右するポイント6つ 解体費用は、建物の構造や広さ、立地条件などによって決まります。ここでは、解体費用を左右するポイント6つを紹介するので、参考に...
解体工事

京都市で始まる「非居住住宅利活用促進税」とは?空き家にかかる税金について

京都市では「非居住住宅利活用促進税」という新たな税金制度が導入されることになりました。京都に空き家や別荘などを所有している人は、今後はこの税金も納税しなければなりません。 しかし京都市に関わらず、空き家を放置すると納める税...
解体工事

コインランドリー経営とは?初期費用や収益性、成功させるポイントを紹介

解体工事後の土地活用の方法として、手間やコストをかけずに始められる「コインランドリー経営」という方法があります。 コインランドリー経営はアパート経営などのような方法と異なり、手間やコストをかけずに始めることができます。 コイン...
解体工事

トランクルーム経営とは?|経営できる土地や始めるまでの流れなどを解説

解体工事後の土地活用の方法として、「トランクルーム経営」という方法が増えています。 トランクルーム経営は、コンテナハウスを設置して、その中のスペースを貸し出して行う事業です。トランクルーム経営は、アパート経営などに向いていない土地で...
解体工事

賃貸併用住宅を建てる際に知っておきたい注意点やメリット・デメリット

解体後の建て替えで、「賃貸併用住宅」を建てたいという人も多いのではないでしょうか。貸併用住宅は自宅と賃貸物件合わさった住宅です。1階を自宅にして2階を賃貸物件にするなどして、その建物に住みながら家賃収入を得ることができます。 この記...
解体工事

店舗兼住宅とは?建てる前に知っておきたいことを解説

「店舗兼住宅」は、店舗と住宅が合わさっている建物で、店舗と住宅を行き来できるようになっている建物です。 解体後の建て替えで、店舗兼用住宅を建てたいと考えている人も多いのではないでしょうか? この記事では、店舗兼住宅を建てる場合...
解体工事

収入源を増やせる遊休地の活用方法22選!始める際のポイントも紹介

遊休地活用によって使われていない土地を活用して収益を得ることができます。遊休地の活用方法は多様です。この記事では遊休地を活用する方法を、土地の特徴ごとに分けてそれぞれご紹介します。遊休地を活用する際に気を付けるべきポイントについてもご説明...
解体工事

相続した不動産を活用する方法10選|流れや初期投資を抑える方法も紹介

相続した不動産の活用方法には、様々な方法があります。土地活用といえばアパート経営やマンション経営が有名ですが、建物を建てる方法だけでも、賃貸併用住宅や、戸建て住宅、高齢者向けの賃貸住宅や施設など、様々な種類があります。 駐車場や資材...
調査方法
インターネット調査
調査期間
2020年11月4日~5日
調査概要
解体工事見積サイト10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
調査対象
全国の20代~50代の男女 1023名
アンケートモニター提供元
ゼネラルリサーチ
タイトルとURLをコピーしました