井戸を埋めるにはお祓いが必要?かかる費用や解体手順も解説!

解体工事

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

井戸を埋めるための費用や、解体の手順について解説します。また、井戸を埋める際の息抜きなどといった用語の解説や、解体手順、業者に依頼する場合の費用についてもまとめました。実際に井戸を埋める際の注意点やポイントなども記載していますので、ぜひ参考にしてください。

井戸を埋めるにはお祓いが必要?かかる費用や解体手順も解説!

目次

  1. 井戸の解体手順や埋める際にお祓いは必要なのか知りたい!
  2. 井戸を埋めるにはお祓いが必要?
  3. 井戸の解体手順
  4. 井戸を埋める際にかかる費用
  5. 井戸を埋める際の注意点
  6. 井戸を埋めるときはお祓いの必要性について確認しよう!

井戸の解体手順や埋める際にお祓いは必要なのか知りたい!

古くから住み続けている土地などには、井戸が作られていることがあります。昔は水道設備もなかったため、大切な存在でなくてはならないものでした。

現在は水道設備も整っているため、井戸を使う機会も少ないことでしょう。また、管理も難しいため、解体を考える人も多いようです。

井戸は、住宅の解体と同じように埋め戻しを行うため、解体方法や誰に依頼をすれば良いのか分からない場合も。この記事では、井戸の解体方法や、埋め戻し前に必要なお祓いなどの手順を具体的に紹介しています。

井戸を埋めるにはお祓いが必要?

「井戸」をネットで検索すると出てくるワードに、お祓いがあります。一昔前にヒットしたホラー映画で女性が井戸から出てきてとても怖かったですが、そのためのお祓いなのでしょうか?解体することや埋め戻しをする場合にはお祓いが必要だと考えられています。

井戸は「生命の恵み」をもたらす存在

井戸は古くから人々の信仰の対象とされていました。井戸には大きなパワーがあると信じられており、井戸から出てくる水は私たちが生きていくために必要不可欠なものでした。生命の恵みをもたらす存在であり、大切にすることが信仰的なものに繋がっていたようです。

そのため、神聖なものという考え方が根付いていて、井戸を解体する時には、井戸の神様へ感謝をしてから取り壊しを行うことが必要だとされています。

井戸は古くから信仰の対象でもある

地域によっても井戸に対する考え方や信仰的な意味合いも違ってきます。「大きなパワーと聖なる力が宿っているもの」「異界に繋がる門である」「神様が宿っている」と考えられていました。

生きていくために不可欠な水を大切にする思いは、何百年たった現在でも受け継いでいきたいものです。例え不要になって埋めることになっても、感謝の気持ちを持ち丁寧に扱いたいと思うでしょう。

お祓いの必要性は地域の風習による

実際に解体して埋め戻しをする場合には、地域の風習に合わせてどのように解体してきたか確認する必要があります。

お祓いが絶対必要であるという訳でもありません。地域によってはお祓いを行っていない場合もあります。土地や地域によって考え方は異なるため、経験豊富な業者や身近な家族や親族に聞いてみるのも良いでしょう。

身の回りの人に聞いても分からない場合には、解体経験のある業者に確認する、お祓いを実際に行う神主や僧侶に聞くのも選択肢の1つです。

地域のしきたりや、周辺に確認して行うことも重要です。しかし最終的には、施工主であるご自身の意見がお祓いなどを決定することになります。

お祓いは解体工事の前に行われるのが一般的

実際に井戸の埋め戻しをする場合には、解体工事などを行う前にお祓いをするのが一般的な手順です。素人では分からないことが多いため、お祓いをする時は解体工事業者へ任せた方が良いでしょう。

また、地域によって風習やしきたりなどが大事になる場合も。経験したことのない者が異なった方法をするよりも、慣れた人が正しい方法で行う方が間違いありません。

「息抜き」を行うこともある

埋め戻しを行う前には、必ず息抜きを行います。息抜きとは、神様が井戸の外に出られるように行われる儀式です。

風習や儀式としてはこのような意味がありますが、井戸の湿気やガスを外に逃がす役割もあります。息抜きはパイプを付けて行う方法がほとんどです。

井戸内の水が完全になくなるまで行うことで、その後埋める作業が安全にできます。状態によって時間がかかることもあるそうです。

お祓いや息抜きは神主や僧侶に依頼するのがおすすめ

井戸の埋め戻しを行う際に行うお祓いは、風習や習わしを重んじて行うため、神主や僧侶に依頼しましょう。息抜きについては、解体業者にお願いしてしまうのが一番です。

お祓いを依頼する時には、費用が発生しますが、数万円程度の費用となります。この価格は、依頼する神主や僧侶によっても費用は変わってきます。依頼する前に、確認を行うようにしてください。

井戸の解体手順

井戸を埋める作業は、どのような手順で行われるのでしょうか?お祓いから埋め戻し完了までの作業手順を解説していきます。

解体手順①お祓いを行う

先に説明をしておりますが、井戸を埋める場合には、お祓いをしてから作業に入ります。息抜きを始めてから実際に埋めることができるまでに時間がかかかる場合もあるため、スケジュールには余裕を持つようにしましょう。

お祓いでは、息抜きと共に魂抜きも行います。魂抜きとは、井戸に宿る神様に他の者や場所へ移動していただき、井戸を物として扱えるようにするための儀式です。

解体手順②息抜きを行う

風習的な意味と実際の作業を進めるために、息抜きを行います。井戸の水が完全に抜けた状態になるまで、息抜きを行う必要があります。日数は水の量によっても変わってきますので、作業日程には余裕を持ちましょう。

長期間使用していない場合、水が溜まっているだけではなくガスなどが溜まることがあります。確実に行わなくてはいけません。

息抜きの風習的な意味である、神様を井戸から出られるようにする行為も重要になります。感謝と実用的な面があるのが、息抜きであるということなのです。

解体手順③埋め戻しを行う

魂抜き・息抜きを完了させてから、本格的に埋め戻す作業に入ります。解体する場合は、埋め戻しという形で塞ぐ方法が一般的です

埋め戻しは、周囲の地層に合わせて土砂を入れていくのが一番です。しかし地層に合わせていくのは難しいので、埋め戻す際の一般的な考え方を意識しながら埋めていきます。

井戸の底部分の埋め戻し

一般的に底部分には、砂や砂礫といった砂利や砕石を使用します。これまで井戸として使用してきたので井戸の周囲は地下水の水脈があり、この流れを邪魔しないためです。

井戸を埋める場合、中にある土管は取り除いていきます。そのまま放置しておくと、土地が陥没してしまうという問題が発生することもありえます。将来的に売買を予定している、土地の売買が決定してる場合は必ず取り除いてください。

井戸の上部分の埋め戻し

上部分については、地表面からの雨水が入らないように土壌を使って埋め戻していきます。底部分と上部分で変えていくことで、井戸の埋め戻し作業が問題なく進んでいきます。

井戸を埋める際にかかる費用

井戸を埋める費用相場は、埋め戻しを行う時の条件によって異なってきます。井戸のみの作業なのか、住宅の解体がふくまれているのか、それぞれの方法でかかる費用の相場について紹介していきます。

井戸だけを埋める場合の費用相場

建物のない状態の土地や、井戸自体を使用しないために埋め戻しを依頼する際の費用は10万円が相場です。お祓いを行う場合には、この金額にプラスして3万円ほどかかると考えておきましょう。

お祓いの金額は神主や僧侶によっても違ってくるので、事前に確認しておくことをおすすめします。井戸の大きさや使う重機、埋め戻しの材料の価格で変わるので5~20万円の差があるようです。

家の解体と一緒に井戸を埋める場合の費用相場

住宅の解体と同時に井戸の解体が行われることも多いです。解体時に依頼する場合もありますが、住宅の解体時に思いがけず出てくることもあるようです。

どちらも費用は変わりませんが、解体と一緒に井戸を埋める方が費用は安くなります。解体時に出た砕石を、埋め戻しに利用できるからです。稀に使用しない業者もいるので、相場よりも高くなることもあります。

お祓いの費用相場

お祓いの費用は先に紹介したとおり、3万円が相場とされています。これはお祓いのみの費用となり、神主や僧侶の出張費用などが別途かかることもあるので、確認しておきましょう。

井戸を埋める際の注意点

実際に井戸を埋めていく場合に、気をつけることはあるのでしょうか?ある場合には、どのようなことに注意をすれば良いのか確認していきます。

注意点①水質保全を意識する

井戸を埋める時にはいくつか意識しておくべき考え方があります。その1つとして、安易に埋めてしまうのがもったいないというものです。

昔の人々にとって井戸は貴重な水資源であるため、簡単に埋めてしまうのはもったいないという意識があります

最近では災害時の緊急用として見直されてきているので、井戸を埋める時には本当に埋めてしまって良いのか考え直してみることも必要です。

そして適当に埋めてしまい、周辺の井戸水を汚さないようにすることも、必要なのできちんと埋め戻しを行わなくてはいけません。

注意点②地下構造物を確認する

特に注意をすることとして挙げられるのが、地下構造物の確認です。井戸の解体・埋め戻しを進めていく中で、地下構造物や地中埋蔵物がみつかることもあります。

地下構造物などは、周囲の地盤を支える役目となっていることもあるので、解体作業を行う場合には慎重さが求められます。安易に壊すことはしないようにしながら最善の方法を行いましょう

注意点③地中埋設物を確認する

地下構造物と共に注意が必要である地中埋蔵物ですが、こちらは取り除いた後にはきちんと埋め戻しをする必要があります。地層と異なった土砂を試用している場合には、崩れるなどの影響が出ることも考えられます。

地中埋蔵物は売却予定がある場合や決定している場合には、確実に撤去をするべきものです。取り除きモレなどがないようにしてください。

注意点④解体は専門業者に任せる

これまで紹介してきましたが、井戸を埋める作業を自分で行わないようにしてください。簡単な作業と思われるかもしれませんが、特殊な道具や重機を使用するため素人が扱える作業ではありません

土砂を入れてしまえば大丈夫、などと安易な考えで埋め戻しをして地盤をゆるくしてしまう可能性もありえます。これまでに紹介している、周辺の水質を損ねてしまうこともあるのです。

注意点⑤見積もりは複数の業者に依頼する

住宅の解体工事・新築工事などは、見積もりは複数の業者に依頼することが多いです。井戸の場合にも、複数の業者に依頼してみるようにしてください

井戸を埋めるには技術が必要ですが、その技術がない場合もあります。ゴミの不法投棄をするような業者もいるようです。不法投棄が発見された場合には処罰を受け、埋め直しが必要になるので、業者選びは大切です。

注意点⑥業者選びには気を付ける

業者選びのポイントは、井戸を埋める工事の経験があるか、周辺の風習やしきたりに対しての考え方を理解しているなど確認してください。業者が知識がないという場合には、どのようにすれば良いか分からなくなってしまいます。

お祓いは地域・宗教的な部分が強いものですが、行わないことで売買契約に影響する可能性もあるでしょう。

知識のない業者・違法行為を行わない業者を選ぶためにも、複数の業者から納得できる業者を選ぶようにしましょう

注意点⑦お祓いの有無の判断には細心の注意を払う

お祓いはあくまで風習や儀式であり、法律で決められていないため、必ずしも行う必要はありません。最終的にお祓いを行うかの判断は施工主に委ねられますが、気持ちよく井戸を埋めるためにはお祓いをするべきです

時には売買契約に影響することもあるので、有無の判断は細心の注意が必要になります。1人で判断をせず、家族や親類、業者などに相談して決めましょう。

井戸を埋めるときはお祓いの必要性について確認しよう!

古い井戸を埋める場合に必要とされるお祓い、埋め戻しの方法と手順について紹介しました。埋め戻しの方法や費用相場、注意点について解説したので、井戸の解体を考えている場合に参考にしてください。

今はその数も少なく貴重な存在となる井戸ですが、放置されているものもあります。管理の行き届かない井戸は危険なので、紹介した内容を参考にして、安全な解体を行いましょう。

この記事のライター

サトミオリ

?(ハテナ)を!(ワカッタ)にできるような記事で、みなさまの知りたいを満足できる記事作成がモットーです。伝えたいこと、知りたいことがきちんと伝わる内容でご紹介したいと思います。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました