業者選びの失敗しないポイント!注意してみるべきところはココ!

解体工事

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

失敗しない業者選びに必要な注意すべきポイントを紹介します。「住宅リフォーム・リノベーション」「不動産売却」「家屋などの解体」の業者選びを、それぞれ3つにまとめましたので、大切なマイホームを安心して業者に依頼するための業者選びの参考にしてください。

業者選びの失敗しないポイント!注意してみるべきところはココ!

目次

  1. 業者選びのポイントを紹介!
  2. 業者選びの失敗しないポイント【リフォーム・リノベーション】
  3. 業者選びの失敗しないポイント【不動産売却】
  4. 業者選びの失敗しないポイント【家屋や建物の解体】
  5. 業者選びのポイントを覚えておこう!

業者選びのポイントを紹介!

業者と会話する図

失敗しない業者選びのポイントは、信頼できる業者かを見極めることです。現在では住宅メーカーから身近なホームセンターなど、さまざまな業者が存在しています。

マイホームを安心して業者に依頼するために、「リフォーム・リノベーション」「不動産売却」「家屋・建物の解体」においての業者選びのポイントを紹介していきます。

業者選びの失敗しないポイント【リフォーム・リノベーション】

資格の有無や業界団体への加入状況

住宅リフォームを行う業者

リノベーションなどの業者選びの最初のポイントは、資格・業界団体への加入の有無を確認しましょう住宅リフォームの中には外構工事や内装工事など、さまざまなジャンルがあり、資格を必要としない工事もあります。

マイホームを無資格者にリノベーションしてもらうのは不安です。できるだけ多くの資格を持っていれば、その分信頼できるといえ、業者選びの際の判断材料になります。

次に、業界団体への加入状況も確認をしましょう。活動していない団体なども存在するので、どのような団体なのかも調べていくことが必要です。

豊富な施工事例や実績の有無

リフォーム時に使われる家の間取り図

資格や業界団体に加入していても、実績が少なければ信頼できる業者とは言えません。そのため業者選びのポイントとして、住宅リフォームの施工実績を確認することも必要です。

業者のホームページなどで施工実績や実績数などを掲載していることが多いためチェックしましょう。また、実績を見ることで、その業者がどのような住宅リフォームを多く手掛けているかわかります。

数多くの経験がある業者は、その分野を得意としていえるでしょう。マイホームを素敵にリノベーションをしてくれる、業者選びができます。

アフターサービスが充実している

建物の前で握手している図

業者選びの際は、アフターフォローもしっかり確認しておきましょう。リノベーションでの家づくり、耐震工事など大規模な工事直後に、数日後に不具合を発覚することがあります。

アフターフォローがない業者選びをしてしまうと、マイホームをリノベーションしたのち、再度工事費用が発生する可能性もあります。そのため、年間保証や保証内容を同時に確認していくことが重要となります。

業者選びの失敗しないポイント【不動産売却】

不動産売買を専門にしている

家の間取り図が2枚

不動産売却の業者選びでは、媒介業務を取り扱う業者を選びましょう。媒介業者は不動産売却の業務を得意としています。

媒介業務でも数種類のタイプに分類されるため、売却の業務内容や実績を調べることも重要です。不動産売買は高い専門知識が必要となり、うまく契約をまとめるためには、十分な経験と実績が必要になるからです。

そのため媒介業務を取り扱う業者で、専門知識がある業者を見つけることが業者選びのポイントとなります。

宅地建物取引業の免許番号を確認

不動産売買の案内をする担当者

信頼できる不動産業者の業者選びは、宅建業免許証の()の番号でも判断できます。免許書番号が大きいほど、不動産仲介業を長くやっている証拠になるからです。

()の番号は免許更新の回数を表しています。免許更新の周期としては、5年に1回の頻度で行われています。更新回数が多い業者は仲介業で長く経験しており、同時にノウハウが豊富な業者ということになります。更新回数が多い経験豊富な業者選びも大切です。

売買仲介の経験が長い担当者の存在

担当者が売買の電話をしている図

失敗しない業者選びには、担当者の見極めも重要となります。売買を進めていくのは担当者となりますので、スムーズな取引を行うためには必要な存在です。

信頼できる担当者とは、3年以上不動産売買仲介に携わっているかを基準に判断できます。仲介経験が豊富であれば、買主に物件を魅力的に伝えることができ、さまざまな交渉術を持っているからです。

せっかくのマイホームをより高価に売買するためにも、ベテラン担当者のいる業者選びをすることが重要です。

業者選びの失敗しないポイント【家屋や建物の解体】

自社施工を行っている

自社施工を行う業者の図

解体業者の中には自社施工ではなく、解体受注のみで、作業を外注業者に依頼するケースもあります。外注依頼の業者だと、外注費などの仲介料が発生しより費用が高騰する恐れがあります。

また、受注業者が施工する業者に対して、内容の伝達ミスが生じてしまう可能性もあります。そのため、依頼した内容どおりの施工が行われないケースも考えられます。

余分な費用をださず安心して工事を依頼するためにも、自社施工をしている業者選びをしていきましょう。

相見積もりを行い金額や工期を比較

不動産売買の見積もり

解体業者の業者選びでは、見積もりも判断材料となります。最低でも2社以上の業者に見積もり依頼すべきです。1つの見積もりだと、その金額が正当な金額なのかを判断しにくくなります。また金額だけでなく、スケジュールや内容など詳細部分の比較もできなくなります。

相見積もりをして業者に嫌がられるのではないか?と思われるかもしれませんが、業者としても慣れているので気にする必要はありません。自分が納得いく内容と金額の業者選びをしていきましょう。

安すぎる見積もり提示には要注意

見積書とペンの図

複数の見積もりの中で、極端に安価な見積もりには気をつけましょう。あまりにも安価だと、適切な廃棄物の処理をせず、不当投棄を行う業者も存在します。最悪の場合、違法な手段で作業を行う可能性もあります。

安価な見積もりを提示した業者に依頼した結果、最終的に被害を被る可能性もあります。金額だけで業者選びをすると、失敗する可能性があります。

業者選びのポイントを覚えておこう!

胸に手をあてる業者

安心してマイホームを業者に依頼するためには、信頼できる業者の見極めが必要です。リフォーム業者選びのポイントは資格・加入団体を確認し、実績やアフターサービスまでチェックしましょう。

不動産売却の業者の場合は、長期で媒介業務を取り扱っているベテラン担当者がいる業者かどうかを確認。最後の解体業者については、相見積もりをし、極端な安価な見積もりをしない自社施工を行う業者を選びましょう。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました