墓じまいが増えた理由と費用を解説!手続きやトラブルを防ぐ方法は?

空き家/相続

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

墓じまいが増えた理由は何であるのか、費用はどのくらいかかるのかを詳しく解説します。また、墓じまいをするための手順や手続き方法なども説明。墓じまいを行う過程で起こりうるトラブルを、回避するための注意点なども、ぜひ参考にしてください。

墓じまいが増えた理由と費用を解説!手続きやトラブルを防ぐ方法は?

目次

  1. 墓じまいの費用やトラブルを防ぐ方法を知ろう
  2. 墓じまいの意味と増加の理由とは?
  3. 墓じまいにかかる費用の種類
  4. 墓じまいの手順や手続きについて
  5. 墓じまいのトラブルを防ぐ方法
  6. 墓じまいにかかる費用や手続きは事前に確認しよう

墓じまいの費用やトラブルを防ぐ方法を知ろう

現代の日本ではお墓を継承していくことが困難で、墓じまいを考える人も多いようです。そもそも、墓じまいとはどういうことであるのか、また費用はどのくらいかかるのかなどを詳しくまとめています。墓じまいを行う手順や手続きなどの重要ポイントも解説するので、ぜひチェックしてみてください。

墓じまいの意味と増加の理由とは?

墓じまいはどのようなことをいうのか、またいつ行えば良いのかなどを説明します。また、墓じまいを行う理由なども詳しく解説していきましょう。

墓じまいとは?

墓じまいとは、お墓を撤去し更地にしてから、墓地の管理者に使用権を返却することをいいます。墓石を撤去して処分するというイメージが強いですが、供養する形を変えるという捉え方で良いでしょう。

墓じまいは決してマイナスの意味合いではなく、むしろ供養する環境を整えることができるという、メリットの方に注目することをおすすめします。

墓じまいの適切な時期は?

墓じまいそのものを行うことには、特に決められた時期はありません。ただし、時期を検討する一番の条件は、親族が集まりやすいタイミングを選ぶことです。候補に挙がりやすいのは、お盆やお正月、年忌法要のときなどです。

また、地域によっては雪が積もりやすい、台風が多いなどの天候状況が原因で、工事が進まない時期もあります。その点も考慮しておいた方が良いでしょう。確実であるのは、墓じまいを依頼する業者に時期を相談するのがおすすめです。

理由①無縁仏を防ぐため

近年、無縁墓が増えていることが問題視されています。無縁仏になるとそのお墓は放置されることになるため、墓石は汚れ雑草は伸び放題で荒れ果ててしまうでしょう。

そのような状態になると、まわりの墓域や管理者にも迷惑をかけてしまいます。将来のことを考慮して、無縁仏になる可能性が高いのであれば墓じまいを考えても良いでしょう。

理由②お墓の継承者問題

先述したように無縁墓になるということは、永代使用の契約でありながら継承者がいないということになります。

管理者が無縁仏の可能性があるお墓を見付けるとします。墓地の誰でも目にする場所に「1年以内に継承者および縁故者は名乗り出てください」と、貼り紙や立て札などで呼びかけます。

1年以上申し出がない場合は、そのお墓は無縁と判断されて、合祀墓で無縁仏として祀られることになるそうです。

理由③価値観の多様化

現代では昔の形式にこだわらず、自分の価値観に沿ったお墓のスタイルを求める傾向にあります。例えば「子孫に負担をかけたくない」「お墓参りをしなくても、時々思い出してくれるだけで良い」など、考え方が多様化しているようです。

また、それらの要望に応じた、さまざまな供養のスタイルを提供している会社も増えています。それに伴い墓じまいも増えつつあるのが現状です。

理由④維持費の問題

お墓を所有すると維持費や管理費、お布施などの費用がかかります。また、お墓が遠方にある場合は、お墓参りに行くための交通費も必要になり、経済的に負担がかかることもあるでしょう。

昔は継承者が当然の義務としてお墓を維持していましたが、現代ではそれを疑問視する考えた方の人も増えてきています。 少子高齢化や核家族化が進んだことも、大きく影響しているかもしれません。

理由⑤身近な場所への改葬

お墓が遠方にあり、なかなか行くことができないという理由で墓じまいをするケースもあります。遠方にある場合は、年をとるにつれてお墓参りやお墓掃除などの負担が大きくなるでしょう。このような場合は、身近な場所へ改葬するケースが多いようです。

墓じまいにかかる費用の種類

墓じまいを完了して改葬するまでに、さまざまな作業や手続き、それらにかかる費用があります。ここでは、どのような内容でいくらくらいの費用がかかるのかを詳しく解説しましょう。

費用①解体や撤去費

墓じまいをするには、お墓を撤去し更地にしてから返却しなければなりません。墓石の解体および撤去費用は、1㎡あたり10万円が費用相場となっています。

この作業は石材店に依頼するのが一般的ですが、墓地や霊園によっては指定の石材店があるので確認が必要です。また、費用はお墓の大きさや墓石の量、墓地の広さなどによって異なります。あらかじめ、石材店に見積もりを依頼しておきましょう。

費用②お布施

お寺や霊園によって金額が異なり、お布施なしというところもあるようです。一般的な相場は3~15万円といわれています。

お寺の格やお付き合いの親密さにもよりますが、最大でも20万円ほどと考えて良いです。通常の法要で渡す時と、同じくらいの金額を目安にすると良いでしょう。

費用③書類の交付費

墓じまいをするためには、 埋葬証明書や改葬許可証などの書類が必要なため、申請をしなければなりません。地域の自治体で金額が異なりますが、数百円~1000円ほどの申請費用がかかると認識しておきましょう。

費用④離檀料

寺院墓地の場合は離壇料を渡すこともあります。通常の法要で渡すお布施の2~3倍の金額が、目安とされています。

離壇料には法による義務はなく、渡さなかったら違法というわけではありません。あくまでも慣例として発生するものです。 後々のトラブルにならないように、住職には離壇する理由などを丁寧に説明しておきましょう。

費用⑤遺骨のメンテナンス費

お墓の中で長期間にわたり納骨されている場合は、遺骨が汚れていたり浸水していたりと状態が良くないことがあるかもしれません。さらなる劣化を防ぐために、遺骨を洗浄したり細かく分けたりする作業をすることがあります。

遺骨は自分で洗うことも可能ですが、できれば専門の業者にメンテナンスをしてもらった方が良いでしょう。業者に依頼する場合の費用相場は、1体分で2万円ほどになります。ちなみに、遺骨を粉骨にする作業の費用相場は1万円程度です。

費用⑥新規墓所費

新しい改葬場所で納骨する時にも費用が必要になります。納骨方法には、お墓、納骨堂、樹木葬などがあり、それぞれ料金が異なります。

はじめから合祀する場合は10万円、納骨堂に数年置いた後に合祀へ移動させる場合は30~50万円が遺骨1体分の費用相場です。また、新しくお墓を設置する場合は、僧侶に依頼する開眼供養のための費用が3~10万円ほどかかります。

墓じまいの手順や手続きについて

墓じまいを行うにあたり、準備段階から解体、改葬までの手順を分かりやすく解説していきましょう。また、墓じまいをするために必要な手続きについても説明します。

手順①親族と相談し同意を得る

墓じまいをするためにまずやらなければいけないことは、親族に同意を得ておくことです。同意なしに行ってしまうと、後々トラブルの原因になるでしょう。

また、墓じまいのための費用負担はどうするか、墓じまいの後の遺骨の供養方法まで親族間で話し合っておくことをおすすめします。

手順②手続きに必要な書類を用意して管理者に連絡する

地域の自治体によって手続き方法が異なるため、まずはお墓が所在する管轄の役所で必要な書類や手続き方法を確認します。役所へ行く時間のない方は、自治体の公式サイトで調べることも可能です。

また、墓じまいに対して補助金制度を設けている自治体もあるので、その点も確認してみましょう。必要な書類が揃ったら、管理者へ墓じまいの意思があることを連絡します。

手順③遺骨の新しい受け入れ先を決める

墓じまいをした後の納骨先を事前に決めておくと、流れがスムーズになります。納骨方法はさまざまですが、近年では永代供養を選ぶ方も多いようです。永代供養とは、一括で寺院などに供養料を支払い、永久的に供養をしてもらう方法なります。

宗派に関わらず、誰でも申し込むことができるのも人気の理由です。また、新しい納骨先が決定し契約を終えたら、永代使用許可書を取得し新しい納骨先に受け入れ証明書を発行してもらいましょう。

手順④改葬許可証を取得する

墓じまいを行うために、役所から改葬許可証を取得します。手順は、まず改葬許可申請書を入手し、必要事項を記入してください。改葬許可証の申請書は役所に郵送してもらったり、自治体の公式サイトで印刷することもできるようです。

改葬許可申請書と受け入れ証明書も合わせて役所へ提出すると、改葬許可証が発行されます。ちなみに、納骨しない場合や散骨をする場合は改葬許可証は必要ありません。

手順⑤遺骨の取り出し

墓じまいをする前に、お墓の魂を抜くための閉眼供養をします。閉眼供養をしてから遺骨を取り出す、という手順になります。閉眼供養は、あらかじめ住職に依頼しておくようにしましょう。

また、遺骨を取り出すのは自分でできるイメージがあるかもしれませんが、実はかなり力のいる作業です。遺骨の取り出しに慣れている石材店にお願いした方が良いでしょう。

手順⑥墓地を更地にして返還する

石材店に、お墓の解体と撤去工事の見積もりを出してもらいます。見積もりを確認したら契約をし、工事の日程を決めましょう。解体完了後は更地にしてから、墓地管理者に返還するのが一般的です。

場合によっては、閉眼供養と解体撤去工事を同じ日に組み合わせることもあります。その点は、住職や石材店と事前に打ち合わせをしておくと良いです。

手順⑦改葬や永代供養にする

  • 一般墓所への改葬
  • 永代供養墓
  • 手元供養
  • 樹木葬
  • 散骨
  • 納骨堂・屋内墓苑

上記は、遺骨の供養方法になります。墓じまいは、解体撤去をしたら完了ではありません。撤去後、お墓から取り出した遺骨をどのような方法で供養するか、検討する必要があります。

また、遺骨は必ずお墓の中に置いておかなければならないという決まりはないので、将来を見越した適切な供養方法を選択しましょう。

墓じまいのトラブルを防ぐ方法

墓じまいで思いがけないトラブルを生じることがあります。トラブルはなるべく避けたいものです。ここでは、トラブルを事前に回避するための注意点や方法を紹介しましょう。

対策①事前に親族間で話し合う

親族に何も相談をせずに墓じまいをすると、親族で費用を負担する時にもめることがあります。その他にも、「供養方法に納得がいかない」など苦言をされたり、後々トラブルになりかねません。

もめごとなく墓じまいをするためにも、自分一人の考えだけで実行せずに親族間で話し合い同意を得ることが大切です。

対策②墓所管理者に事情を説明する

墓じまいをすることは、お布施や寄付金などの収入が減るなど、お寺にとってはデメリットになることが多いです。墓じまいをする前に寺院を訪れ住職に離壇の理由を説明して、お互いわだかまりがないようにしておきましょう。

状況的にお寺を訪れるのが困難な場合は、手紙や電話で事情を伝えるのも良いです。コミュニケーション不足になると、改葬をお願いする時にお寺から高い離檀料を請求されるケースもあります。そのため、しっかり感謝の気持ちと誠意を伝えておくことが大切です。

対策③石材店と見積もりを行う

墓じまいをする際のお墓の解体や撤去は、石材店によって行われます。請求された撤去料が、想像以上に高くて払えないなどいうトラブルも起きているようです。

墓地の入り口が狭く重機を使えず、人件費がかかった共同の土地に複数のお墓が設置されている可能性があります。そのため、撤去に手間がかかったなど、さまざまな理由で高額になる場合があります。

このようなトラブルを回避するためにも、あらかじめ詳細な部分まで見積もりを出してもらうようにしてください。

墓じまいにかかる費用や手続きは事前に確認しよう

墓じまいが増えた理由と費用相場について解説してきました。近年、墓じまいが増えつつある理由はさまざまですが、決してネガティブなことではありません。将来を見据えたプラスになることですので、今後もさらに増えていくことが予想されます。

記事を参考にして、墓じまいの手順や注意点を踏まえながら、トラブルなく行えるように事前準備をしておきましょう。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました