砂利敷きにかかる費用と、DIYで行う方法は?

解体工事

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

自宅の庭などに砂利敷きを考えた際に「砂利敷きの方法が分からない」「費用はいくらかかるのだろう」と疑問を抱くのではないでしょうか?砂利敷きの検討をされている人が抱く「費用」「相場」「業者」「DIYの方法」について紹介します。

砂利敷きにかかる費用と、DIYで行う方法は?

目次

  1. 砂利敷きにかかる費用は敷地面積などによって異なる。砂利敷きのDIYは5つの工程を経て行う。

砂利敷きにかかる費用は敷地面積などによって異なる。砂利敷きのDIYは5つの工程を経て行う。

砂利敷きの費用は面積や砂利の量・種類で異なる

砂利敷きといっても砂利を敷く場所はいろいろあります。自宅であれば庭・駐車場・外構など面積も異なるので、金額もまちまちです。

砂利といっても種類は多くあり、砂利敷きに使われる代表的な砂利は「白玉砂利(ホワイト色でどんな庭にも合う)」「白砕石(明るいグレーで幅広い庭に人気)」「大磯砂利(グレー色で庭や水槽にも使われる)」などになります。

砂利のみの値段であれば、1㎡で約3,000~20,000円ほどです。あくまで1㎡であり、使用する場所の広さで金額は異なるので庭の広さによってはかなりの金額になるでしょう。

費用相場①庭の砂利敷き

庭の砂利敷きの相場は1㎡で3,000~4,000円/㎡ほどになります。他の場所よりも自由度が多いので、砂利をお好みのものに選ぶことが可能です。一般的な庭の広さを例にして金額を紹介します。

  • 30㎡の場合:約90,000~120,000円
  • 50㎡の場合:約150,000~200,000円
  • 80㎡の場合:約240,000~320,000円

目安の価格になるので、砂利の種類や庭の形状によっては別途費用が掛かる場合もあります。サンプルなどで実際の見た目などの確認もすると良いでしょう。

費用相場②駐車場の砂利敷き

駐車場の砂利敷きの場合も、相場は庭の価格と変わりません。庭よりも広くはないので、金額は庭ほどかかりません。駐車場なので砂利の飛び跳ねが少ないものを選ぶと良いです。

  • 1台分の駐車場の場合:約39,000~52,000円
  • 3台分の駐車場の場合:約117,000~156,000円
  • 5台分の駐車場の場合:約195,000~260,000円

費用相場③外構のコンクリートの砂利敷き

砂利とコンクリートを使用する外構のコンクリート砂利敷きでは、コンクリートの目地に砂利をデザインとして埋めます。1㎡の相場は約9,000~15,000円/㎡と他よりも高めです。

  • 30㎡の場合:約270,000~450,000円
  • 50㎡の場合:約450,000~750,000円
  • 80㎡の場合:約720,000~1,200,000円

こちらも目安の価格となります。砂利の種類や庭の形状によっては、別途費用などが掛かる場合があることを覚ておきましょう。

砂利敷きのDIYにかかる費用の目安

ホームセンターなどでも砂利石は販売されています。最近は自分で砂利敷きをする人も少なくありません。自分好みに作り上げることも可能なので、自分で砂利敷きをDIY始めてみませんか?砂利敷きに必要な材料は以下の通りです。

  • 砂利
  • 除草シート
  • 粘着シート
  • 固定ピン
  • (その他でメジャー・金槌・シャベル・裁ちばさみなど)

ホームセンターで販売されている砂利などは1㎡の量ではなく、10kg・20kgなどでの販売がほとんどです。砂利の厚さが1cmであれば1㎡に使用することができます。1袋が1㎡と考えると30㎡であれば30袋必要です。

しかし、1cmの厚みで砂利敷きをした場合には、下に敷いている除草シートなどが見える可能性が高いので、3cmほどの厚みが欲しいものです。そう考えると90袋は必要になるでしょう。

砂利は1袋あたりでは単価も低く、平均的な砂利石の値段は398円(1kg)で購入できます。90袋なので金額は35,820円ほどで済みます(その他必要な物を購入する場合には別途費用がかかります)。

砂利の購入は運搬の手間や運賃を考慮する

ホームセンターやネットで購入すれば砂利敷きの費用はかなり安く済みますが、砂利は重さがあるので、かなりの量が必要です。ホームセンターで車などを借りて自分で運ぶのであれば費用もかかりませんが、時間と労力を必要とします。

ネットなどで購入した場合には送料がかかります。容量重量もかなりの量になるので、送料が価格以上となってしまうこともあるのです。DIYで砂利敷きを行う場合には、その点も注意する必要があります。

砂利敷きをDIYで行う方法

一般的なDIYで砂利敷きを行う方法について紹介します。初めてDIYを行う方は、必要な材料と共に確認をして作業を行うようにして下さい。

  1. 砂利敷きをしたい場所の面積を計測する
  2. 雑草などを抜く
  3. 整地をする
  4. 防草シートを敷く
  5. 砂利を敷いて整地する

業者に頼んだ方が良い場合もある

購入から砂利を搬入して一連の作業を行うことは、体力・手間・時間がかかります。1日では済まない作業となるでしょう。費用対策効果を考えるのであれば、砂利敷きはDIYを行うよりも業者に依頼をするほうがよいです。

慣れない作業はケガをすることもありえます。値段につられて身体を壊しては意味がありません。砂利敷きを専門業者に依頼することで重たいもの運ぶ手間や整地や雑草を取るという必要もなく、材料を揃える必要もないというメリットもあります。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました