住宅ローンは何歳まで借りられる?年齢別の借入期間の目安と注意点を解説

解体工事

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

住宅ローンは返済期間が35年など、長期にわたって毎月返済を続けなければいけません。将来にも影響するものなので、申込者の年齢は判断基準として大切です。

この記事では、住宅ローンの年齢制限や年齢別に借入期間の目安・注意点を紹介します。

住宅ローンは何歳でも借りられる?

住宅ローンの年齢制限は、一般的に20歳以上70歳未満の方を対象にされることが多いです。また、完済年齢は75〜80歳に設定される金融機関がほとんどです。

しかし、金融機関によっては条件が異なるので注意が必要です。住宅ローンの年齢制限は申込時の年齢と完済時の年齢で設定されます。この基準は金融機関によって異なります。

契約を検討している金融機関の基準を調べておきましょう。

何歳までに完済するのが理想?

完済年齢は65歳までが理想です。理由は、一般的な企業で働ける上限が65歳だからです。

完済年齢が80歳まで設定できるから80歳にしてしまうと、老後の生活資金に不安を抱えてしまう可能性もあります。年金収入から住宅ローンを返済し続けると、生活費が確保できない場合もあります。

退職金で返済にあてる計画でいても老後の生活に不安が残ります。返済に行き詰まって家計が破綻する可能性もあるので、65歳までの完済を目安にすると少し余裕ができます。

40歳までに申し込みするのがおすすめ

申し込みをする年齢の目安は40歳が理想です。40歳以降に借り入れをする場合は、完済時に75歳以上になる可能性があります。

つまり、65歳まで働くとして、退職後10年以上も返済を続ける必要がありますので、老後資金など生活費の負担が大きくなってしまいます。

35年ローンで借り入れを検討しているなら、65歳以降の返済期間ができるだけ短くなるように40歳まで契約するのがベストです。

教育費や老後資金など、今後に必要な資金を把握して、しっかりと返済計画を立てましょう。

年齢制限以下でも注意が必要

住宅ローンを申し込むにあたって、金融機関が対象としている年齢に当てはまっていても、注意が必要な場合があります。

健康状態が問題があると借入できない場合がある

健康状態に問題がある場合は借り入れできないことがあります。これは、ほとんどの金融機関が住宅ローンの審査時に健康状態を1つの基準としているからです。

健康状態を基準としているのは、団体信用生命保険への加入を義務つけているケースが多いからです。健康状態によっては団体信用生命保険への加入ができないケースもあります。その結果、借入も難しくなることがあります。

35年ローンが組めない可能性もある

住宅ローンの年齢制限で70歳くらいまで申し込める金融機関もありますが、申し込みの時期によっては35年ローンが組めない可能性もあります。

完済年齢が設定されているので、返済期間に上限があるからです。

たとえば60歳で契約するときに、契約する金融機関が設定している完済年齢が80歳の場合は、最長で20年までが返済期間になりますので、35年ローンは難しくなります。

35年ローンを利用したい方は、事前に金融機関が定めている完済年齢を確認しておきましょう。

年齢別の借入期間の目安

住宅ローンは、申し込むときの年齢によって、将来にどのように影響するかなどのリスクも把握しておくことも大切です。

以下の項目では年齢別に借入期間の目安を解説します。

30代で借り入れする場合

30代と若いうちに借り入れする場合は、自己資金は少ないかもしれませんが、最長35年の住宅ローンがほとんどなので、30歳のときに申し込めば65歳で定年で退職するまでに返済が完了します。

30代のうちに借り入れができれば、返済期間に余裕があるので月々の負担も少なく返済計画も立てやすいです。

お子さまがいる方は教育費の積み立てなどをしてローンの返済と両立できるように工夫する必要があります。

40代で借り入れする場合

40代の場合も借入期間は長期間で契約できるため、毎月の負担を少なくすることができます。自己資金がある方も多いので、頭金を多めにいれることで住宅ローンの金額を減らすこともできます。

教育費が重なってしまう時期ですが、お子様が大きくなったあとは費用面でも余裕がもてます。老後資金の積み立てはちゃんとできるように計画を立てたほうがいいでしょう。

50代で借り入れする場合

50代になると、住宅ローンの借入期間が短くなってしまうので、借り入れできる総額も減ってしまいます。また、退職金で返済を考える方もいますが、老後の資金のことを考えてしっかりと計画を立てる必要があります。

健康面でも不安になってくる年齢なので、健康状態によってはローンを組むことができなくなる場合もありますので注意しましょう。

60代で借り入れする場合

60歳で住宅ローンを組むのを検討している方は、老後資金とあわせて資金計画をしっかりと立てる必要があります。

多くの方は年金から返済にあてることになるので、年金がどれくらいもらえるのか把握したうえで、月々どれくらいの返済であれば負担がないのか考える必要があります。

返済計画を立てることが大事

住宅ローンを契約するにあたって、年齢も大事な判断基準ですが、しっかりと無理のない返済をできる計画を立てることが大切です。

若いときに契約をしても、不安定な職業や自己資金が少ないとなにかあったときに返済ができなくなってしまう可能性もゼロではありません。また、子どもがいる場合は教育費以外にも予想外の出費が重なることもありますので、余裕を持った返済計画を立てましょう。

住宅ローンによって、年齢制限は異なりますので、多くの金融機関を比較して自身の状況に合った住宅ローンを選びましょう。

年齢によっては、返済開始後のリスクもそれぞれ違いますので、団体信用生命保険などのホエン商品にも注意しましょう。自分のリスクに対応している保険であるかどうか、保険料はかかるのか、加入は必要なのかなど、金融機関によって違うので比較しましょう。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました