「賦課期日」とは?

解体工事

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

賦課期日(ふかきじつ)について解説します。賦課期日の言葉の意味はもちろん、解体工事や建築工事と密接に関係する、固定資産税や住民税の賦課期日はいつなのか、を詳しく説明!賦課期日を知っておけば、解体・建築のお得なタイミングが分かります。

「賦課期日」とは?

目次

  1. 賦課期日とは「課税要件を確定する基準日」のこと

賦課期日とは「課税要件を確定する基準日」のこと

賦課期日とは、「ふかきじつ」と読み、各種税金の課税要件を確定させるための基準日のことです。税金の種類によって、その日付は変わります。

解体・建築工事に関連する固定資産税と住民税は、その年の1月1日と決まっています。ですので、1月1日時点で所有する建物が建っている、住民登録されていると税金が課税されるということです。

賦課期日の言葉の意味

賦課期日は、税などを負担させるという意味の「賦課」と、約束された日という意味の「期日」が合わさった言葉です。課税要件を確定させる日、という意味になります。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました