建て替え・新築の違いと費用の相場は?リフォームとの比較も!

解体費用

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

建て替えと新築の違いについて解説します。また、建て替えと新築で費用の相場に、どのような点で違いがあるのかを紹介!そして、リフォームとの比較も行っているので、どの方法を選ぶかの参考にしてください。また、解体費などの費用を抑える方法もまとめています。

建て替え・新築の違いと費用の相場は?リフォームとの比較も!

目次

  1. 建て替えと新築では何が違う?
  2. 建て替え・新築のメリット・デメリットと費用の相場
  3. 建て替え・新築とリフォームの比較
  4. 建て替え・新築の費用を抑えるポイント
  5. 建て替えするなら解体工事の費用を抑えて新築費用に!

建て替えと新築では何が違う?

新築と建て替えという言葉があります、この2つはどのような意味の違いがあるのでしょうか?新築と聞くと、新しい建物をそこに建てることをイメージするかもしれません。しかし、新築の注文住宅を建てるときに「建て替える」と表現されることがあるのです。

新築なのに建て替える、という表現に違和感を感じる人もいるかもしれません。実は、既存の住宅を基礎部分から取り壊して、新しく建てることを建て替えと表現するのです。そんな新築や建て替え、そしてリフォームとの違いについて解説していきます。

建て替え・新築のメリット・デメリットと費用の相場

建て替え・新築のメリットとデメリット

先程触れたように、新築はなにもない更地に造ることで、建て替えは既存の建物を取り壊してすることを意味します。新築のメリットは、すべての条件を敷地全体を使って計画できる点です。建物の配置や間取りも自由にできるのは、大きなメリットになります

しかし、水道の引き込み工事の費用を負担しなければなりません。ちなみに、都市ガスに関してはガス会社が負担してくれます。

建て替えのメリットは、新築よりも低予算で行える点です。老朽化した家を解体して新しく建て替えるのは、引っ越しなどの費用が必要になります。また、解体工事を必要とするため、新しく建てるよりも時間がかかる点がデメリットといえるでしょう。

建て替え費用の相場

建て替え費用の相場ですが、約1,000~4,000万円ほどになります。依頼する業者や内容によって費用は大きく変動するので、しっかりと見積もりを行いましょう。建て替えでは解体費用と2回の引っ越し費用をしっかりと確認するのがポイントです。

新築費用の相場

建て替えと比較すると、新築のほうが少し費用相場は高くなります。新しく建てる場合は、土地の購入の有無が大きく費用に関係するので注意しましょう。土地を同時に購入する場合は、1,000万円ほどの価格の違いが生まれます

建物本体の費用、外構工事や水道管引き込み工事、印紙代などのトータルでの金額をきっちりと確認しておきましょう。

建て替え・新築とリフォームの比較

建て替え・新築とリフォームの違い

では、建て替え・新築とリフォームはどういった違いがあるのでしょうか?建て替え・新築とリフォームの大きな違いは、既存の住宅をどのように扱うかです。リフォームでは、既存の住宅の活かせる部分を活用し、改修することになります

建て替えや新築では、解体工事や更地に建てることになるため、費用もリフォームと大きく異なります。自身が建物を購入するかリフォームするか、メリット・デメリットを踏まえて検討しましょう。

リフォームのメリットとデメリット

リフォームのメリットは建て替えや新築と比較して、費用が安くなる点です。リフォームの費用相場は約300~2,000万円ほどになります。また、解体費は不要で、引越し費用を必要としない場合もあるのです。

工期も建て替え・新築が半年ほどかかるのに対し、リフォームは1ヶ月ほどで行なえます。また、再建築不可物件でも、リフォームなら行うことが可能です。デメリットは、間取りを自由に設計することはできないので、業者とリフォーム内容をよく確認しておきましょう。

費用面の注意点としては、建物の老朽化や耐震補強によって、金額が大きく異なる点です。部分リフォームは築10~20年、大規模リフォームは築20~30年で行うのが目安になっています。より良いリフォームを目指すと、費用も高額になるので十分に検討してください。

建て替え・新築の費用を抑えるポイント

新築費用を安くするコツ

新築費用を安く抑えるコツとして、床面積を減らすことがポイントです。規模や間取りが大きいと、どうしても費用が高くなります。また、門扉や門塀を無くし、不要な外構費用を削りましょう。

できれば、水道の引き込み工事がすでに行われている土地が見つかると費用を浮かせます。そして、住宅設備のグレードを下げることで、全体的な費用が抑えられます。新しく建てるからと張り切って、全体のグレードを上げすぎると、負担も大きくなるのです。

費用を抑えるために、エアコンやカーテン、照明器具などは、自分で支給や工事するのも選択肢です。施工業者によって断られる可能性があるのと、自分でうまく取り付けられないと余分な費用が発生します。

その分、安くなる時期を狙ってセール品を設置することができるので、こちらも検討してみましょう。長い目で見ると、住宅ローンを少しでも安い金利で、金融機関から借入するのも重要です。元金が大きいだけに、0.1%でも違うだけで金額が異なってきます。

建て替え費用を安くするコツ

建て替え費用を抑えるなら、解体費用と仮住まい費用に注目しましょう。解体を行う際は、残置物を減らすことで、家具や不用品の処分費を浮かせられます。また、解体業者は相見積もりを行って、安全のために相場に近い価格帯から選びましょう。

建て替え中は仮住まいを用意し、合計2回の引っ越しが必須です。できる限り小さいマンションなどを借りて、必要性の低い荷物はトランクルームなどに預けましょう。頼めるなら実家で預かってもらったり、仮住まいさせてもらったりするのもおすすめです。

建て替えするなら解体工事の費用を抑えて新築費用に!

建て替えと新築、リフォームとの違いについて解説しました。また、建て替えと新築の費用相場についても紹介しましたが、事前に不用品を処分しておくことで費用を抑えられる点も参考にしてください。

建て替え、新築、リフォーム、それぞれメリットやデメリット、費用や期間も大きく異なります。土地を所有しているかも判断材料になりますし、見積もりの結果も詳しく確認してください。仮住まいなどを含めて、トータルの比較をしっかりと行いましょう。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました