解体工事で用いられるハンドブレーカーとは?

空き家/相続

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

ハンドブレーカーとは、主に建物解体や工事に使用されるコンクリートを削る機械です。どのような種類があるのか、そしてメリット・デメリットについて解説していきます。特徴や種類を知り、自分に合ったハンドブレーカーを見つけることができます。

解体工事で用いられるハンドブレーカーとは?

目次

  1. ハンドブレーカーとはコンクリートを削る際に使われる機械のこと

ハンドブレーカーとはコンクリートを削る際に使われる機械のこと

ハンドブレーカーとは、主に建物の解体工事で使用されている駆動式機械です。主にコンクリートなどを削る際に使用される、手持ち式タイプになっています。現在は作業内容に合わせて、さまざまな種類が存在しています。

ハンドブレーカーは解体工事で使う建設工具のひとつ

ハンドブレーカーが使用されるまでは、ハンマーなどの手作業で解体工事をしていました。ハンドブレーカーが登場し、効率よく作業できるようになりました。現在ではさまざまな解体工事の場面で使われている工具です。

ハンドブレーカー工法の特徴

ハンドブレーカー工法は、ハンドブレーカーを使った解体方法です。ハンドブレーカーは油圧や空気圧により、内部スプリングが駆動。駆動したスプリングに連動して、先端部分を上下させ打撃を与えます。先端部分の打撃の力でコンクリートを削る方法となります。

ハンドブレーカーを使うメリット

ハンドブレーカーのメリットは2つあります。1つ目は幅広い用途で使える点です。今ではさまざまな種類があり、工事にあったハンドブレーカーを使用することで作業効率を上げることができます。

2つ目は狭い場所での作業に適している点です。ハンドブレーカーは長さ70cmほどで、重さ20kg程度の小型機械。そのため、重機が入れないような場所や、建物内の解体に適しています。

ハンドブレーカーを使うデメリット

ハンドブレーカーのデメリットは、作業時の音が大きく粉塵が発生する点です。使用の際は、防音対策や粉塵飛沫対策など周囲に配慮した工事が必要となります。また解体作業を行う作業員も、防塵マスク、メガネ、耳栓などの着用が必要です。

ハンドブレーカーの種類①コンクリートブレーカー

コンクリートブレーカーは、コンクリート建造物や道路などの粉砕に使用されます。空圧式と油圧式で大きく2種類があります。

空気圧は1つのコンプレッサーで複数台使用する時や、コンプレッサーとブレーカーが離れた場所の作業に適しています。作業音が大きく、寒冷地に向いていないので注意が必要です。

油圧式は作業現場が狭く、大きな機械を持ち込めない場合や、寒冷地の連続作業に適しています。

ハンドブレーカーの種類②チッパー・コールピック

チッパー・コールピックは、コンクリートの小斫りやアスファルト粉砕、柔岩の掘削などに適しています。小型軽量のものが多く、持ち運びが比較的しやすいです。また、空圧式と電動式の2種類があります。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました