解体業者の選び方で重要なこと12選!選ぶときにあわせて行いたいこと

解体工事の基本知識

解体業者の選び方を知っておくべき理由

家屋の解体は、選び方を知らないとトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

解体業者には優良施行の業者も多くあります。しかし、法令を遵守しない、高額の追加料金を請求するなど誠意のない業者もあるでしょう。

価格よりも信頼できる業者を選び、トラブルのない家屋解体工事を行うことが大切です。

解体業者の選び方で重要なこと12選

解体業者の選び方は、解体業者のホームページや交付書類の記載内容の確認が基本です。

ホームページでは、許可の保有や施工事例を確認します。必ず明細を記した書面を交付するなど丁寧な対応もチェックするようにしましょう。契約前に納得するまで調べる、または質問することが大切です。

これから、解体業者の選び方で重要なこと12選を紹介していきます。

1:見積書や契約書の内容が分かりやすいか

見積書や契約書の内容に、単価、数量、金額などの内訳や追加料金が明記してあり、わかりやすいかを確認します。

解体工事を一式で表示する業者は、建設リサイクル法で定められた分別解体を行っていない可能性があります。明細のわからない内容の質問に対して、誠意のある対応を行わない場合も同様です。

評判の良い業者で細かい記載がない場合は、再見積りを依頼してから判断すると良いでしょう。

出典:環境再生・資源循環|環境省

見積書をチェックするポイント

解体工事の項目や施工範囲、数量、単価などがわかりやすく記載されていることをチェックします。

解体工事は、足場や養生など仮設工事費、重機を現場まで移動する運搬費などが施工前に必要です。庭や外構は別途算出し、人件費、施工状況の写真代、廃棄物処理費用が発生します。工事完了後の片付け、個別に依頼した内容などの記載も確認項目です。

契約書をチェックするポイント

解体工事の施工内容や契約金額、工事期間及び支払い期限、工事完了の基準などを確認しましょう。

施工業者の会社名と所在地、発注者は契約書の必須項目ですので、必ず確認します。見積書の内容や金額に相違がないかを必ずチェックし、発行日の記載漏れにも注意が必要です。

2:契約書やマニフェストの発行ができるか

見積書だけでなく、契約書や領収書、マニフェストの発行ができるかの確認も解体業者を選ぶポイントです。

マニフェストとは通称「E票」とも呼ばれ、解体後の廃棄物処理が最終処分場で完了したことの証明書類です。発注者が希望するとコピーを受け取れます。

契約書やマニフェストの発行を渋る業者は適正な廃棄物処理を行わない可能性が高く、その他の規定も軽んじる傾向があるでしょう。

3:第一印象の良さ

初回の電話対応や担当者など第一印象は、解体業者の企業体質を表します。

良識ある解体業者の受付や営業担当は、言葉遣いや身だしなみに気を配り、受け答えも丁寧です。家屋の解体に不慣れな相手の対応を心得ているため、書類を使ってわかりやすく説明してくれるでしょう。誠実な対応が行われているかも判断する材料になります。

4:連絡がスムーズにできるか

会社や担当者と連絡がスムーズにできるかは、信頼できる解体業者を選ぶポイントです。

計画性がなく、対応に追われている解体業者は、連絡がスムーズにできていないことが多いです。回答期限を守らない場合は、施工時の対応もルーズになります。

お客重視の会社は、自社電話を転送にする、連絡方法を複数聞くなどそれなりの工夫をしているでしょう。

5:坪単価が安すぎないか

ホームページページや見積書で、坪単価が地域の相場と比較して安すぎる業者は、高額な追加料金やいい加減な廃棄物処理が行われている可能性があります。

解体費用は適正な廃棄物処理や人件費も含まれます。法律を遵守した業務を行うと、相場費用から極端に安い価格設定は不可能だと言えるでしょう。

6:必要な許可や保険に加入しているか確認する

解体工事業の許可や施工中の賠償保険に加入しているかを確認しましょう。必要な許可を取っているかを確認することで、信頼性の高い業者を見極めることが可能です。

保険は、事故などの際に十分な補償を行うことの根拠になりますので、確認しておくと安心と言えるでしょう。

許可の保有確認方法とは

解体工事業などの許可は、500万円以上の業務を行う場合に必要です。ホームページや担当者の名刺に記載された情報で確認しましょう。また、許可証のコピーをもらっておき、役所で情報の紹介を行うとより安心です。

出典:建設業の許可|国土交通省

7:書類関連について曖昧な返答をしていないか

見積書や契約書を発行せず口頭だけの対応や、発行を依頼しても曖昧な返答を繰り返す業者は、信用できないと判断します。

依頼した書面の発行を渋ることや、納得のいく説明ができない業者は安心して業務を依頼できません。書面で確認できなければ、施工終了後に見積りと異なる金額を請求されても反論しづらいでしょう。慌てて契約しないことが大切です。

8:行政処分や指名停止を受けていないかを確認する

たとえ解体工事業許可を保有していても、不正によって行政処分や指名停止措置を受けていないかも確認します。

行政処分や指名停止はそれぞれの都道府県のホームページに公開されます。検索して簡単に確認可能です。最新の情報は、都道府県庁の建設課など担当部署に直接問い合わせましょう。

9:工事を下請けや孫請けに流していないか

解体工事を自社で施工せず下請けや孫請けに丸投げする業者は、施工責任が曖昧になってしまうことがあります。下請けや孫請けは手数料を引いた金額で受注するため、金額に見合った工事ができないことが多いです。

現地調査で営業担当が同席しない場合や、調査員が依頼した業者と異なる際は丸投げを疑いましょう。

10:追加費用について事前に説明があるかどうか

解体工事中の追加費用について、事前に説明があるかは解体業者を選ぶときのポイントです。

現地調査を行っても、施工中に追加費用が発生する場合もあります。見積書や契約書に追加費用の注意書きがあるかを確かめましょう。追加費用がどのようなときに発生するか、発生した場合の解体業者の対応も確認しておきます。

11:工事の進捗状況にあわせた適正な支払い条件を設定しているか

支払い方法が選択できるように条件設定している解体業者を選ぶと、安心して任せられます。

解体工事は一括払いと分割払いの支払いが一般的です。一括払いは、解体完了後に工事代金を支払います。分割払いは施工前と施工中、完了後が多く、マンションなど大型物件の場合は、支払い回数も多く設定されます。

解体工事は施工後の一括払いが多く、施工前に多額の支払いを求める場合は経営が苦しい可能性もあるでしょう。

12:事故やトラブルが発生した際のクレーム対応をチェックする

解体工事中の事故やトラブルへの対応チェックは、起こりうるトラブルの例を確認しておくと良いでしょう。

「もし、重機の振動で隣の家にひびが入ったらどうなりますか」など解体工事でよくある事例で聞くと、チェックに有効です。過去の対応事例や事前の対策、その際の処理なども質問しておくと良いでしょう。

解体業者を選ぶときにあわせて行いたいこと

解体業者を選ぶときは、複数の業者に見積りを依頼し、書類の見落としに注意しましょう。解体業者を選ぶ決め手は価格だけではなく、信頼や安心感も重要です。どれかに偏った選択をすると後悔のもとになります。

これから、解体業者を選ぶときにあわせて行いたいことを紹介していきます。

見積りは複数の業者からとる

見積りは希望する時期の3~6カ月前に複数の業者に依頼します。

多くの解体業者は、現地調査に1時間程度かかります。日程や時間調整を行って、2~3社程度に依頼すると、手間もかかりません。見積書の有効期限や業者の工事スケジュールを勘案して調査を依頼しましょう。

書類を見落としていないか確認する

解体工事終了後に発注者が行う、建物滅失登記の手続きなどの書類の見落としがないかを確認しましょう。

施工前に発注者が行うべき届け出についての説明も業者を選ぶ決め手です。建設リサイクル法に基づく届け出は発注者の義務ですが、解体業者の代行が一般的です。完了後の建物滅失登記の必要書類や手続き代行も同時に確かめます。

出典:建設リサイクル法の対象となる建設工事では届出が必要です!|国土交通省

解体業者は慎重に選ぼう

家屋の解体は経験が少ない方が多いため、解体業者を選ぶポイントを知って、慎重に選ぶことが大切です。

見積書や契約書を必ず受け取り、内容を確認します。連絡がスムーズにでき、クレーム対応や追加料金の発生などわかりにくいことを丁寧に説明する業者を選ぶことがポイントです。

事前にホームページなどで情報収集し、価格と信頼の両面から解体業者を選びましょう。

解体工事の費用っていくらかかる?
見積もりやご相談はお気軽に解体の窓口へ!

  • 物件情報を送るだけで、無料で自動お見積もりができる
  • 追加費用をかけずに、業者を選定することができる
  • 自分で選定するため、しつこい電話営業も一切ない
かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました