家屋調査費用が高額になる3つのケースとは|節約する方法も紹介

解体工事の費用について

家屋調査の目的3つ

家屋調査の目的は、解体工事前に取り壊す周辺の家屋について実施される調査のことを指します。

主な目的としては、「周辺住民とのトラブル防止のため」「追加の出費発生を抑えるため」「比較できる判断材料を取得するため」があります。いろいろなトラブルを防止すれば、この調査に影響することは他にはないと言われています。

ここでは、それぞれの目的を詳しく紹介しましょう。

1:近隣住民とのトラブル防止のため

近隣住民とのトラブル防止のためとは、解体工事後の現場周辺住民からの住宅クレーム時の対応のためです。

工事後に周辺住民よりクレームが生じた場合に、工事前の家屋調査結果として残しておいて、対応時に利用します。また、解体工事により損害が生じた場合にも補償や保険会社への提出用としても利用されます。

具体的には、解体工事後に近隣住民などからの苦情や訴訟が発生した場合に調査内容が説得材料や証拠種類にすることが可能です。これにより、修繕費用や訴訟費用の負担が抑えられます。

特に最近では都市部での近所とのお付き合いがない場合が多くあるため、トラブルも多い傾向にあると言われています。

2:追加の出費を抑えるため

追加の出費を抑えるためとは、解体工事後にトラブル対応で追加の修理費用などをおさえるために、事前に家屋調査を実施します。

家屋調査もいくらかの費用を要しますが、解体工事後に周辺住民とトラブルになってしまい、修繕工事や訴訟などになれば大きな出費と成りかねません。このような、状況に対応するために実施しています。

3:比較できる判断材料を取得するため

比較できる判断材料を取得するためとは、もし近隣住民とトラブルとなった場合の解体工事前の状態と工事後を判断するための情報を取得することです。

解体工事後にトラブルが発生し工事が原因と疑われた場合に、工事前と工事後の情報を開示して双方で確認するためです。もし、家屋調査を実施していなければ解体工事が原因になりかねません。

このような、トラブル予防策として判断材料は取得しておきましょう。

家屋調査の内容とは?

家屋調査の内容とは、建物が木造または鉄筋なのかと、壁の素材などの評価を実施することです。

調査内容は、どのような素材が使われているか、壁や天井、床材なども重要な項目です。トイレや台所の素材や浴室乾燥機なども対象となります。

家屋調査の費用に関する詳細

家屋調査の費用に関する詳細とは、家屋の全景や建具の建て付けなどを調査し、建物が大きいほど費用が高くなります。

なお、家屋調査費用は工事費用とまとめて、施工会社が支払います。ここでは、それぞれの費用について詳しく紹介しましょう。

家屋調査費用の相場は?

家屋調査費用の相場は、家屋調査事務所や家屋の種類、調査する項目により幅がありますが、一般的に約3万円~10万円程度です。

家屋調査費用は、施工会社が調査した会社に支払いします。一般的には、解体工事費用に合わせて計上されます。

調査費用の内訳

調査費用の内訳は、外壁や室内の建具、瓦や屋根材などにまで及びます。

家屋調査の詳しい内訳は、「建物構造及び外部景観調査内訳」で住宅構造が木造か鉄筋か、外壁の割れやヒビの有無、瓦や屋根材のズレ、割れなどです。

「屋内調査内訳」は、建具の建て付けや内装の亀裂、漏水の状況などです。調査には、写真や測定器を使ったり、聞き取り調査も合わせて実施されます。

家屋調査費用が高額になるケース3つ

家屋調査費用が高額となるケースは、調査項目が多くなることや対象の建物が大きくなること、調査会社から家屋までの距離が遠いことなどが原因となっています。

ここでは、家屋調査費用が高額になるそれぞれのケースについて詳しく紹介しましょう。

1:調査項目の数が多い

調査項目の数が多いとは、分譲住宅地などで隣接する調査家屋の数が多く存在する場合を指します。

また、近隣住民との聞き取りで協力が得られず調査が進まないこともあり、その時にすでに、別のトラブルが発生している場合もあると言われています。

2:調査する建物が大きい

調査する建物が大きいとは、家屋調査対象の建物の構造が大きいことで小さい建物より高額費用となるということです。

調査対象家屋や近隣家屋の構造が大きく影響し、平屋が多い場合や2階建て、ビルなどによっても調査費用が高くなってきます。

3:調査現場までの距離が遠い

調査現場までの距離が遠いとは、調査を実施する会社から現場までの距離が遠い場合は移動や機材運搬などが影響を受け費用が高くなるということです。

調査会社を選ぶ場合に、家屋調査現場までの距離が短い会社を選ぶことをおすすめします。

家屋調査費用を節約する方法3つ

家屋調査費用を節約する方法とは、調査項目数を少なくすること、ビルやマンションの場合は共有部分のみを対象とすること、現場に近い業者を選ぶことです。

ここでは、それぞれの費用節約方法を詳しく紹介しましょう。

1:複数の建物をまとめて調査依頼する

複数の建物をまとめて調査依頼するとは、一回に調査する建物の数で費用が変わるので、できるだけまとめて依頼することです。

複数の家屋をまとめて調査実施すると、移動や資材運搬時間が少なくてすむため全体の費用としては、割安になります。

2:ビルやマンションは共用部分のみ調査させる

ビルやマンションは共用部分のみ調査させるとは、家屋調査対象の建物が一般住宅とビルやマンションでは費用が異なるため、その場合は共用部分の調査のみにすることで、金額を抑えることが可能でしょう。

共用部分とされているのは階段、ホールなどのことを言います。

3:可能であれば現場が近い会社を選ぶ

現場からできるだけ近い場所に建つ会社に依頼するとは、移動時間や機材運搬など近い場所であれば割安になるということです。

家屋調査場所と調査会社までの距離が遠いと、交通費や機材運搬時間がかかり割高になる場合があります。そのため、現場にできるだけ近い調査会社を選ぶのも、費用を抑える1つの方法になると言えるでしょう。

家屋調査を依頼する流れ

家屋調査を依頼する流れとは、調査家屋をできるだけ近い会社を選ぶことから始まります。調査会社からの距離が近いと、移動時間や機材運搬の時間が短くなるためです。調査会社を選ぶ際に、この点も考慮してみましょう。

調査会社が決まったら、問い合わせをして先方の指示に従います。施工が決まれば、新築の場合、建物の平面図、立面図などは業者から提供されていますので準備しておきましょう。それ以外の場合は、調査会社が合わせて行うので依頼します。

それ以降は、調査会社が準備から作業行い、調査当日の状況によっては近隣住民の対応が発生することもあるでしょう。調査が終了すれば、調査報告書を受領しすべての工程が完了します。

家屋調査にかかる費用を確認しよう

家屋調査にかかる費用とは、近隣住宅と解体家屋の外壁や建物内部、屋根などの調査に必要な費用のことです。

まず、家屋調査がなぜ必要かは、家屋解体工事による振動などにより近隣住宅へ影響が指摘された場合に、事前調査のデータと解体工事後のデータを照合して、トラブルを終息させるために実施する調査であるからです。

費用内訳は、家屋の大きさや外壁、屋根の状況調査費用になります。平屋建てよりは2階建ての方が割高の費用となります。しかし、ビルやマンションなどでは、共用部分だけの検査となる場合、大きくても割安となるでしょう。

建物内部では、建具や内装、雨漏りや建物の水平などの調査費用で、調査対象項目の数が費用に大きく影響します。

一度に調査する建物の数が、調査費用に大きく影響するため、分譲地などのように、近隣に住宅が多く存在する場合は割高となるでしょう。このような場合には、できるだけまとめて調査すると費用が抑えられます。これは移動時間や交通費の削減に繋がるからです。

この記事では、家屋調査の内容や費用について紹介しました。費用について皆さんの知識を深めてみましょう。

解体工事って何だか難しそう…
色々な業者から営業電話がかかってくるんじゃない?
追加費用を請求されるんじゃない?
解体工事が始めてでも大丈夫かな?

  • 逆オークション制により、解体工事費用がどんどん安くなる!
  • 相場と最安値を比較して、自分で業者を選定できる
  • 現場の立ち合いなしで、詳しい見積もりが出せる
かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました