土地や庭を整地するための流れや費用を解説!造成・更地との違いも!

解体費用

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

土地や庭を整地するための作業について詳しく紹介します。具体的な内容は整地・造成と更地の違い、整地の種類・流れなどについても解説します。整地の流れや費用、注意点についても説明するので、整地についてあまり分からないという方は、ぜひ参考にしてください。

土地や庭を整地するための流れや費用を解説!造成・更地との違いも!

目次

  1. 整地するための流れや費用を知りたい!
  2. 整地とは?
  3. 整地の主な種類
  4. 整地するための流れ
  5. 整地する時の注意点
  6. 整地するための流れや費用を覚えておこう!

整地するための流れや費用を知りたい!

整地とは凹凸があったり、邪魔な木々などが生えている土地をキレイに整える作業になります。整地の作業内容は多岐に渡るため、工事内容も複雑です。

これから実際に整地を行う方が、業者選びから施工方法について理解をするために分かりやすく解説をします。

整地とは?

整地とは、土地を建築や耕作などに適した環境にするために平らにならすことや、そのようにされた土地です。ここでは詳しく説明します。

土地や庭を平らにならす施工のこと

一般的にはコンクリートガラ・こぶし大の石・木くず・ガラスなどを手や重機ですくってキレイにして、その後に重機で踏み固めることです。

土地や庭の上にある建物が亡くなった時点で行う作業であり、整地を行うことによってその後の作業が行いやすくなります

造成との違い

整地と一緒にされてしまうことが多いものに、造成があります。造成地、などという言葉を聞いたことはないでしょうか?

土地の上にある住居などを解体した後に、土地を平らにすることです。土地に対してその地盤面の形状(主に土)を動かすことにより、何かしらの目的に利用するのが造成です。

造成は「宅地造成等規制法」によって、誰もが自由に行えるものではありません。中規模までの場合には、解体業者や外構業者などが請け負うことが多くなります。

更地との違い

似たようなものでは更地があります。更地は土地の上に建物等ない状態であり、樹木や土地の凹凸大きな石などがあったとしても更地として成立します。

庭や建物を建てる際には、樹木や土地の凹凸はその後の作業の邪魔となりますので整地を行います。

整地の一般的な費用相場

建物を建てる場合に整地が必要なことは分かりますが、空き家などの解体後にも必要です。空き家を解体して整地をしておくことで、売買価格を高くすることが可能です。

  • 地中に埋設されているものの掘り起こし
  • 庭木の根っこの掘り起こし

上記の他に仕上げ費用・傾斜が強い土地などは、作業が難しくなり費用が嵩んでしまいます。整地の仕上げにはいくつか種類があり、相場としては1㎡あたり8,000円~15,000円と幅があります

整地の主な種類

整地と一言でいっても種類があります。作業方法もそれぞれ異なりますので、次の工程の作業を確認した上でどのような方法を選ぶのか決めることになります。

整地の種類①粗仕上げ

粗仕上げは粗整地とも言われていて、もっとも簡単な整地方法です。簡易なので、業者によって仕上内容が異なります。業者選びも重要ですが、どこまでやってもらえるのかを確認しておくことが大切です。

作業内容は、建物の解体後に残っているコンクリートガラ・石(一般的にはこぶし大までを取り除きます)・そのほか木くずやガラス片などを手や重機で取り除きます。その後、土地全体を重機で均したり転圧を行ったりして作業完了となります。

整地の種類②砕石舗装

砕石舗装とは砂利で行う整地を指し、粗仕上げよりも丁寧に整地を行う方法です。より細かいガラや石などの撤去を行い、レベル(土地の高さ)を整えます。

そして砂利や砕石を敷き、重機などで転圧を行います。粗仕上げよりも見た目がキレイに仕上げることが可能です。

整地の種類③真砂土舗装

真砂土(まさど)舗装は砂利整地の1つであり、砕石舗装と方法は同じです。粗仕上げよりも細かいガラや石を撤去し、砕石として敷いた後に重機などで転圧で仕上げます。

真砂土の元とは、西日本などでよく採取される花崗岩(かこうがん)などが風化してできた土です。粗仕上げや砕石舗装と比べてもキレイに仕上がることから、土地売却の際など見た目を重視して使用されます。

整地の種類④土間コンクリートやアスファルトの舗装

整地後に何に使用するかによって、作業方法を変える必要があります。土間コンクリートやアスファルト舗装の場合は、駐車場などに利用する場合に使用されることが多いです。

手順としては砕石舗装などと内容は変わりませんが、砕石舗装後に型枠・メッシュなどを入れてコンクリートやアスファルトで舗装を行います

アスファルトは費用が安く後期も短く、コンクリートの場合には耐用年数が長く補修回数も少ないのがそれぞれのメリットです。コンクリートの場合には、アスファルトに比べて初期費用が高く・工期が長くなります。

アスファルトは補修回数がコンクリートに比べて多くなること、夏場には路面温度が高温になったり変形しやすいなどのデメリットがあります。

整地するための流れ

整地を行うためにかかる費用・種類を紹介してきましたが、一連の流れについても確認をしておきます。大まかな手順は次のようになります。

解体・整地業者を探す

解体費用には決まった金額がありません。1つの業者に依頼してしまうことによって損をしてしまうこともありえます。

いくつかの業者に見積もりを依頼してみて比較検討することもおすすめです。比較を行う際には以下をチェックしてください。

  • 見積内容は詳細まで記載しているか
  • 質問に関してきちんと回答してくれるか
  • きちんと認可を受けているか

紹介した確認事項は基本的なものなので、これ以外にも気になる点などがあればしっかりと確認をするようにしてください。

特に粗仕上げの場合には、整地を雑に仕上げてしまっても粗仕上げといわれればクレームを出せないこともあり、後々問題となってしまいます。「解体費用一式」などで終わらせてあるような見積もりの場合、詳細を提出してもらいましょう。

解体の下準備を行う

  • 除去が必要な有害物質の確認
  • 重機などが搬入でき、作業可能なスペースが確保できるかの把握
  • ライフラインのストップ
  • 工事の申請
  • 足場や飛散防止の養生設置

これらの作業を事前に行ったうえで、解体作業が進められます。近隣に住宅がある場合、近隣の住宅に作業行うことの連絡(作業内容・日程など)を行う必要があります

解体・整地を開始

これらが完了して、やっと整地作業を行うことができます。一般的な解体作業の流れは以下の通りです。状況によっては、紹介した方法と異なる場合もあります。

  1. 建物内部の撤去
  2. 重機を使っての外部取り外し
  3. 廃棄物の仕分け
  4. 廃棄物を処理場へ運搬する
  5. 伐根や不要物の除去
  6. 整地

一般的な建物の取り壊し工事にかかる日数は、7~10日ほどです。その後に整地となり、作業にかかる日数は平均として20日前後となります。その後新たな建築物を建てる場合には、これらの日数を含めて行うことになります。

解体・整地後に必要な書類を提出する

整地が終わると、隣家などに整地完了の挨拶を行いましょう。そして解体整地費用の支払い・建物解体後の登記、などを行います。

建物を解体した後には必ず「建物滅失登記」を行う必要があ、建物がなくなってから1ヶ月以内に行うことが必要です。

この手続きを行っていないと、建物がないにもかかわらず固定資産税納付書が送付されてくることがあります。取り壊し後には速やかに行いましょう。

登記手続きは難しい手続きではありませんが、ケースによっては書類の種類が異なります。土地家屋調査士・不動産登記事務所などに相談してください。

整地する時の注意点

整地する時には注意を必要とすることがいくつかあるので、確認を行い問題などが起きないようにしなくてはいけません。注意点について確認しましょう。

整地の見積もり内容に注意を払う

見積内容については注意をすることが必要です。業者によっては「解体一式」「整地作業一式」などで済ませてしまい、その後手抜き工事を行うような業者もいます。

詳細を記載しないことで、作業を雑に行われてしまうこともあります。詳細をきちんと記載説明してもらう必要があり、内容によっては変更してもらうなどの対応を求めましょう。

インフラ整備が必要な場合がある

畑地や田んぼなどに利用されていた土地や、周囲に宅地が少ない場所の土地などは整地と共に排水路設備を整えることが必要です。そのため、余分に費用がかかってしまいます。

水道・排水経路の確保にかかる費用は、数十万~数百万と高額となってしまう作業です。ここまでの費用をかけても価値のある使い方や高値で売却できる可能性があるのか、考慮して決定するようにしましょう。

自分で整地した土地の利用は慎重に

建物がない場所や庭の一部を自分で整地した場合は、十分な硬化時間を置く必要があります。特に土間コンクリート仕上げにした場合は、1週間ほどの寝かせ期間が必要です。

表面の色が乾いた色で触ってみても、問題がない場合があります。しかし、時間が少ししか経過していない場合は、内部が硬化しておらず敷石などを置くと沈むことがあります。

自力で施工していても無理だと感じた場合には、その時点で業者にお願いするようにしましょう。途中からであれば費用もすべてを依頼するよりも掛からず、通常よりも安く仕上がります。失敗などをしないためには、手順やリスクを把握しておくことが必要です。

整地するための流れや費用を覚えておこう!

整地を行うための手順や工法などについて紹介しました。活用方法によって手法を選ぶことが可能で、売却などをする場合に付加価値が付き高額で売却する事ができます。

業者選びも大切になるので、いくつかの業者に依頼をしてよりよい業者を選びましょう。この記事を参考にして徳をする整地を行いましょう。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました