クローズ外構のメリットとデメリットは?オープン外構との違いも

解体工事

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

クローズ外構のメリットと費用面などのデメリットをまとめました。クローズ外構を計画する前に、考えておきたいことやオープン外構とクローズ外構の違いも詳しく解説します。クローズ外構の特徴も紹介しているので、参考にしてください。

クローズ外構のメリットとデメリットは?オープン外構との違いも

目次

  1. クローズ外構のメリットとデメリットを解説
  2. クローズ外構とは?
  3. クローズ外構のメリット
  4. クローズ外構のデメリット
  5. クローズ外構で後悔しないようにデメリットも把握しよう!

クローズ外構のメリットとデメリットを解説

外部からの視線を遮断したい場合に検討されるエクステリアプランとして、クローズ外構が挙げられます。視線を遮断できるため、自宅の敷地内でバーベキューやガーデンを楽しみたい人におすすめです。

本記事では、クローズ外構のメリットやデメリットをまとめました。後悔しないクローズ外構を行うために考えておくべきことも解説しているので、参考にしてください。

クローズ外構とは?

クローズ外構の特徴と定義

近隣住民との境界線を明確にしたい場合や、通行人の視線を避けたい場合に検討されるエクステリアプランがクローズ外構です。クローズ外構は、ブロック塀や植栽、フェンスなどで敷地を囲みます。

クローズ外構といっても、高いブロック塀で視線を完全に遮断する方法や、フェンスでほどよく視線を遮る方法など、さまざまな方法があります。

クローズ外構を作る前に考えておきたいこと

後悔しないおしゃれなクローズ外構を作る前には、設計段階からエクステリアの配置を考えておく必要があります。特に、新築住宅の場合、建物に重点を置いて打ち合わせが行われるため、外構プランをおざなりにしてしまう人も多いでしょう。

外構プランをおざなりにしたことで、新居に移住後に後悔することもあります。また、建売住宅も外構プランが別になっており、後悔する人も少なくありません。

外部コンセントや水栓は後から追加できますが、駐車場や駐輪場のスペースについては設計段階から考えておく必要があります。

また、近隣住宅とのデザインバランスも配慮しましょう。自分の好みのデザインにすることも大切ですが、印象の強いデザインが地域の景観を崩してしまい、トラブルに発展するケースも考えられます。

オープン外構との違い

エクステリアプランとして、オープン外構があります。オープン外構は、開放感のある外構プランで敷地と境界線にブロック塀や植栽などのエクステリアを設けません

全くエクステリアを設けないオープン外構もありますが、低いブロックや植栽を設置するオープン外構もあります。

オープン外構は、狭い敷地でも開放感を感じさせてくれ、敷地を広く見せてくれます。駐車場などの空きスペースも設置しやすいというメリットもあります。

オープン外構は、圧迫感がなく、室内からも外の景色を楽しめます。また、おしゃれな建物や庭を通行人に見てもらえるため、見せる外構としても人気があります。オープン外構は、ブロック塀などのエクステリアを使用しないため、コストも比較的安く抑えられます。

最近では、駐車場にのみシャッターゲートを設けるなどといった、オープン外構とクローズ外構の中間ともいえる、セミクローズ外構を採用している家庭も増えています。

クローズ外構のメリット

メリット①プライバシーが守られる

クローズ外構は、壁や塀で住宅が囲まれているため、外部からの視線が届きません。プライバシーが守られるため、他人の視線を気にすることなく過ごすことが可能です

隣接する住宅からの視線も感じにくいため、自宅の庭でバーベキューやガーデンパーティーを家族で楽しめます。

また、他人の視線が届かないところに、洗濯物を干したいと考える人も少なくありません。塀で囲まれたクローズ外構は、庭に洗濯物を天日干しすることも可能です。

室内にいる場合も、カーテンを閉める必要がないため、室内に太陽の光を入れられ、家族がのびのびと過ごせます。

メリット②防犯性が高まる

防犯性を高めるために、クローズ外構を採用する人も多いでしょう。クローズ外構は門扉を設置することが多く、家族はもちろん、配達人や来客も門を通過する必要があります。そのため、不審者が敷地内に侵入する際も門扉を通らなければなりません。

大きな門扉を設置したり、門扉の周辺にカメラを付けることで、さらに防犯性を高められます。防犯性を高めるために、あえて高い塀を設置しても良いでしょう。

しかし、高い塀の場合、1度侵入されると、外から中の様子が分からないため、不審者の発見が遅れるというデメリットもあります。防犯対策でクローズ外構を検討している場合は、不審者に侵入された後のことも考えておく必要があります。

メリット③子供やペットが飛び出すリスクを減らせる

子供やペットのいる家庭は、庭で遊んでいる子供やペットが庭から飛び出さないか、常に監視する必要があります。オープン外構は庭に仕切りなどがないため、道路に子供やペットが飛び出し、事故に巻き込まれることも考えられます。

しかし、クローズ外構は塀やブロックで囲まれているため、子供やペットが道路に飛び出すリスクを減らせます。門やフェンスを設置したクローズ外構にすることで、おしゃれで安全性の高い外構が完成します

メリット④近隣住宅との境界線が明確になる

オープン外構は、公道や近隣住宅の境界線が曖昧になりがちです。フェンスや壁がないと誤って敷地内に侵入されることや、近隣住民が荷物を置いてトラブルに発展することもあります。

このような近所トラブルを防ぐためにも、近隣住宅との境界線を明確にする必要があります。壁やフェンスなどで敷地を囲むことで、それぞれの敷地や境界線を明確にできます。

メリット⑤おしゃれな外構工事を楽しめる

クローズ外構は、おしゃれな外構工事を楽しめるというメリットもあります。クローズ外構は、フェンスやシャッターなどのエクステリアのデザインにこだわることも可能です。選ぶエクステリアによっては、おしゃれで重厚感のあるクローズ外構が完成します。

クローズ外構のデメリット

デメリット①圧迫感がある

自宅の窓から外の景色を楽しみたいという人も少なくありません。クローズ外構は敷地を囲ってしまうため、室内から景色を見られず圧迫感を感じることがあります。特に、狭い敷地の場合は建物のすぐ近くに塀ができるため、圧迫感を感じやすくなります

デメリット②視野が狭くなる

クローズ外構は、視野が狭くなるというデメリットも挙げられます。塀がなければ開放的に外の景色が楽しめますが、クローズ外構にすることで視野が狭くなり、外の様子を確認しづらくなります

デメリット③費用がかかる

クローズ外構は、敷地を塀やブロックで囲む必要があるため、想像以上に資材が必要になります。クローズ外構によっては、通行人からの視線を遮るために、高い塀やブロックを設置することになります。もちろん、高い塀やブロックは通常のものより費用が高くなります。

また、敷地を植栽で囲み、クローズ外構を行う人も少なくありません。植栽は、最初の工事費用だけではなく定期的に手入れを行う必要があるため、メンテナンス費用がかかります。また、植栽の落ち葉の除去など、費用だけではなく手入れも大変です。

クローズ外構に使用する資材は、耐久年数に応じてメンテナンスも必要になるため、数年おきにかかるメンテナンス費用を計算しておきましょう。

デメリット④駐車場などの空きスペースの確保が困難

敷地内に駐車場や駐輪場などの空きスペースを確保したい人にとって、クローズ外構はデメリットとなります。クローズ外構は、塀を設置することで敷地の面積が狭くなります

そのため、駐車場や駐輪場などのスペースを確保したい場合は、クローズ外構のプランの段階で駐車場などのスペースが十分に確保できるか確認しておきましょう。

デメリット⑤近隣への配慮が必要

クローズ外構を行う場合は、近隣への配慮も必要になります。防犯目的として、高い塀や稲垣を設置する人も少なくありません。

しかし、防犯対策で設置した高い塀や稲垣は、近隣住民との交流を拒絶していると捉えられてしまい、トラブルに発展することがあります

また、近隣の住宅の窓を塞いでしまうほど、高い壁を設置する際は注意が必要です。窓を塞いでしまうと相手の住宅の日当たりにも関係し、トラブルの元になります。

トラブルに発展すると、工事自体を後悔してしまうこともあります。クローズ外構で目隠しを考えている場合は、植栽などを使ってさりげない目隠しを検討しましょう。

クローズ外構で後悔しないようにデメリットも把握しよう!

クローズ外構のメリットやデメリットについて、詳しく解説しました。後悔のない、おしゃれなクローズ外構を完成させるには、駐車場などの空きスペースやコスト面の確認が必要です。

また、近隣住民とのトラブルに発展し、後悔するケースもあるため、施工までにしっかりと計画を行う必要があります。クローズ外構で後悔しないように、メリットだけではなく、デメリットもしっかりと把握しておきましょう。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました