【体験談】家を解体業者選びの失敗談と、解体工事の業者選びで1番大事なこととは?

解体業者の選び方

今、このサイトを見ているということは、建物の解体を考えていてここにたどり着いたのでしょうか?

実は私も先月、空き家になってすっかり老朽化してしまった実家を解体し、処分したばかりの者です。

最初は当然、解体工事についての知識は全くないし、誰に相談していいかもわからなくて困りました。

とにかくインターネットで「家 解体」「解体工事 業者」などなど、さまざまな関連ワードで手当たり次第に検索しまくって、まずはいろいろ知識を仕入れていました。すると、私と同じように家屋の解体工事を考えて、実際に行ったうえでの体験などもたくさんあったのですが…

そこで気になる「失敗」談をけっこう見かけたのです。

いくつかのケースをご紹介しますね。

よくある解体工事での失敗! ①一括査定サイトに登録してみたら…

一括査定申し込み後、
わずか6分の間に29件の着信が

「数社の解体業者にいっぺんに見積をお願いできる一括査定サイトのようなものを利用したら、驚くほど多くの業者から電話が鳴りまくってとても面倒なことになり、しかも強引に契約を迫られて大変だった」

一括査定サイトというのは、同業の複数業者にいっぺんに見積を依頼できるサイトのことで、ひとつひとつ情報を入力する手間が省け、業者の方から連絡が来るので大変便利なものです。

最近ではさまざまな業種で取り入れられていて、解体工事の業者でも導入しているところが多いのですが、最大のデメリットは「ものすごい数の業者から電話がかかってくる」という点。ひとつひとつに対応して取捨選択できればいいのですが、むしろその手間と時間がかかりすぎてかえって面倒になる場合があります。

また、まだまだ業者選びの検討段階にも関わらず、見積や果ては契約まで強引に迫られることもあるそうです。あまりに少ない選択肢から選ぶのも不安かもしれませんが、多すぎるのも良くない…ということですね。

よくある解体工事での失敗!②選んだ業者の対応が悪かった

「見積に来てくれた業者の担当者がなんとなく怖い雰囲気で、気軽に質問をさしはさめるような感じではなかった。見積書の内容もよくわからないし、契約後は電話をしても、会社も担当者もなかなか連絡がつかなくて、最後まで不安だった。挙句、工事完了後に更地になった土地を確認してみたら、ゴミやたばこの吸い殻が埋められていた…」

対応の良し悪し以前の問題で、これは相当良くない業者にあたってしまったとしか言いようがありません。最初から最後まで不安と悪い予感がつきまとい、最終的にその予感も的中してしまったケースです。

見積や契約に来てくれる担当者は、いわばその会社の窓口、施主に対しての「顔」にあたる人ですよね。その人に対して良い印象を抱けないということは、やはり重大な理由があるわけです。「怖い」というのは感覚的なもののように思えますが、疑問や不安を解決できるような雰囲気ではないほど相手に恐怖を感じるということは、絶対に歓迎できる状況ではありません。

契約後もなかなか連絡がつかないということは、企業としても優良とはとても言えませんよね。しかも工事完了後にゴミを埋め立てていくとは…もう人としての常識を疑うレベルです。

解体工事でのよくある失敗! ③選んだ業者がぼったくりだった

「家の解体工事を考えていたところ、知り合いの不動産屋さんが解体業者を紹介してくれたので、深く考えずにそこへお願いしたところ、あとから調べたら相場よりもかなり高額だったということが判明した」

これはよくあることのようです。

相場をあまりよく調べずになんとなく決めてしまった業者が、実はぼったくりに近い金額で請け負うあまり質の良くないところだった、というお話。

特に知り合いから紹介されてしまうとなんとなくそのまま信用してしまったり、断りづらかったりして、流れでそこにお願いしてしまうということはありそうですよね。

見積の段階で高額請求であることに気づければよかったのでしょうが…相場もきちんと調べていなかったせいもあって、判明したのは工事が完了してしまってから。完全に後の祭りです。

結局、解体工事の業者選びで1番大事なこととは?

これらの失敗経験談から、解体工事の業者選びで重要なポイントが見えてきますね。

まずはきちんと解体工事費用の「相場」と「最安値」を調査・把握しておくべき、ということ。

それから第三者の目線で、業者の実績や率直な口コミなどもしっかりチェックしておくということ。

要はきちんとした情報収集をしたうえでの業者選びが、失敗を少なくするポイントだということなのですが、そこで最初の悩みに戻るわけですよね。「誰に相談したらいいのか、誰に話を聞いたらいいのか」というものです。

きちんとホームページを作っているような業者や、ネットを見れば口コミが簡単に見られるような大手の業者であれば実態を把握しやすいですが、全部が全部そういう業者だとは限りませんし、大々的に宣伝などをしていない小規模なところでも良い仕事をしてくれる業者はたくさんあるはずですよね。

そこで、そのあたりどう調べたらいいんだろう…という悩みにも応えてくれるのが、次項で詳しく説明する「解体の窓口」というサイトです。

オススメは「解体の窓口」!

体験談でも多くの人が口をそろえて「ここがオススメ!」と言い、使っていたサイト「解体の窓口」。上で説明した一括査定サイトとは、一線を画したものなのです。どういう流れで進めていくのかというと…

まず、解体を希望する物件についての情報を入力。
ここまでは従来の一括査定サイトとそんなに変わらないのですが、おもしろいのはここから。業界初の「逆オークション」という形式で、複数の解体業者から見積がどんどん届くのです。

逆オークションとはどういうことかというと、要するに「ウチならこれだけお安い価格でできますよ!」ということを各業者がアピールしてくるわけです。それぞれの業者がどんどん入札してくるので、どんどん安くなる(笑)。

もちろん確認できるのは、解体工事の費用価格だけではありません。業者の実績や強みなどの情報までも一覧で見ることができます。「解体の窓口」でオークションに参加できるのは、厳しい審査基準を満たした業者だけなので、初めから候補に挙がるのは優良企業ばかりというのも嬉しいところ。

さらに良いのは、解体物件の簡単な情報以外、こちらの個人情報は一切業者側に伝わることもなく、「ここにお願いしよう!」という一社を選ぶまでは、直接業者と面倒なやりとりをする必要も全くありません。当然営業電話がジャンジャン鳴るという事態にもならないし、見積金額に納得がいかないのであれば、契約する必要ももちろんありません

こんな時代だから…というニーズに、全て応えてくれるといっても限らない、かゆいところに手が届くサービスなんですね。

試してみたい!でもまだちょっと不安…という方には

いかがでしょうか、この「解体の窓口」。正直いいところづくめのように思えますが、「さすがにいきなりオークションというのはちょっと…」と感じる方がいらっしゃるのも当然でしょう。

そんなときは、まずメールで見積金額が届く「自動シミュレーション」で、自分の解体工事には大体どれくらいかかるのか…ということを知るところから始めてみるのもいいかもしれませんね。

とにかく簡単な情報を入力するだけなので、こちらからやってみてくださいね。

私のように、良い解体業者と出会えることを願っています!

結局、解体費用っていくらかかるの?
今すぐ簡単60秒シミュレーションしよう!

  • 解体工事の費用が、簡単な情報を入力するだけで即わかる
  • 最後まで完全無料、しつこい電話営業も一切なし
  • 詳しい見積もりも、物件の写真を追加で送るだけで、現場立ち合いの必要なし
タイトルとURLをコピーしました