解体工事にはローンを利用できる?空き家問題についても知ろう

解体工事の基本知識

現在、空き家を所有しているが特に問題も起きていないのでそのままにしている…という方、要注意です。近年、空き家の増加は社会問題化しており、誰もが他人事ではない状況になりつつあるのです。

しかし、すぐに解体工事を行うということになると、工事費用の現金一括払いが難しい場合にはローンは使えるのだろうか…などの疑問も出てきますよね。

今回は、空き家を取り巻く問題点と解体を考えた際のローンの利用について詳しく見ていきましょう。

空き家問題とは

現在、少子高齢化・核家族化・地方の過疎化といった現象が進む中、全国的に空き家が増え続けています。

この先使いみちがあり、きちんと管理されているような空き家であれば問題はないのですが、現状として誰が持ち主かもわからず、朽ち果てていく一方だというものも少なくないようです。

空き家の増加は、所有者やその家族だけの問題にとどまらず、もはや社会問題としても深刻になってきています。どのような問題点が考えられるのでしょうか。

問題点その1 倒壊のおそれがある

木造の家は特に、換気などの管理が行われないと想像以上のスピードで老朽化していくものです。空き家の老朽化が進むと、地震で倒壊したり台風で壁や屋根が吹き飛ばされたりして、周囲の建物や住人に危害を及ぼす可能性があります。

実際、空き家のままにしておいて近隣から苦情が来る、という事例も少なくはないようです。

問題点その2 街の景観が損なわれる

自治体としても軽視できない部分のひとつがこの問題です。手入れのされていない空き家は、建物自体だけではなく土地にも雑草がはびこるなどして、虫や動物の住処になってしまうことも考えられます。見た目だけでも非常によろしくないのです。

問題点その3 治安が悪くなる

景観が悪くなると治安もどんどん悪くなる、という「割れ窓理論」というものがあります。管理されずに割れた窓もそのまま放置していると、さらに窓は割られ、環境が悪化していくとともに住民のモラルも低下していき、やがて重大な犯罪につながっていくという考え方です。環境の悪化は、心の荒廃にもつながっていくのかもしれませんね。

問題点その4 犯罪の誘発

治安の悪化とも関係がありますが、空き家の放置は犯罪につながる可能性もあります。不審者が住み着いたり、放火のターゲットになったりということもよくあることなのです。

このように、空き家の所有者のみにとどまらず近隣の住民、さらに自治体全体も巻き込む問題として重視されつつある空き家問題。軽く考えずに、もし現在管理の行き届いていない空き家を所有している場合は解体も視野に入れた処置を検討してみることをおすすめします。

では実際空き家を解体するとしたら、費用面でどのような課題が出てくるのでしょうか。

解体工事の費用面の問題

まとまったお金を用意するにも限界が

空き家のまま放置しておくと困ったこといろいろ起きてしまう、ということはわかっていても、なかなか解体工事に踏み込めない理由のひとつに、「まとまった現金を用意することが難しい」という問題が挙げられます。

解体工事を請け負う業者は、「工事前に手付金、工事後に残金をそれぞれ現金で支払う」「工事完了後に一括で工事費用を支払う」という条件を提示するのが一般的です。なかなか分割払いやクレジットカード払いに対応してくれる業者というのは、見つからないものなのです。

そのため、解体工事を考える際にはある程度まとまった現金が必要、と考えなければいけないところですが、それにも限界がありますよね。

こんなとき、頼りにしたいのが「ローン」の存在です。

解体工事にローンは組めるのか

住宅の新築には住宅ローンを組みますが、実は解体工事の際にもローンは組むことができるので、まずは安心してください。

解体工事の際に利用できるローンにはいくつか種類があり、ものによっては融資を受けられるようになるまで予想以上の時間がかかります。書類を用意したり、何度も金融機関に足を運んだり…そのため、ローンでの支払いを考えている場合は、早いうちからの準備と行動が大切です。

次項では、解体工事の際に利用できるローンの種類についてひとつずつ解説していきます 。

解体工事で利用できるローン

住宅ローンに組み込む

通常、住宅ローンとは、住宅を新築する際や中古住宅を購入するときに利用できるローンです。もし解体工事の際にこの住宅ローンを利用できるとしたら、それは「建て替え」の場合でしょう。旧宅の解体にかかる費用を、新築工事のローンに組み込むということになるのです。逆にいえば、解体工事のみの場合に住宅ローンを利用することは、基本的にはできません。ここに注意が必要ですね。

また、一般的に解体を請け負う業者と住宅を建てる業者は別です。さらに住宅ローンというのはたいてい住宅が完成するタイミングで融資を受けられるということが多いため、解体業者としては費用の受取が遅くなってしまうことになります。そのため、住宅ローンでの解体費用の支払いは嫌がられる場合もあります。

住宅ローンでの解体工事を考えている際には、解体業者にも早めに相談をしておきましょう。

プロパーローンを使う

プロパーローンとは、銀行「特有の」ローンです。一般的な住宅ローンを組む際には、保証会社の保証を受けることが融資の条件となりますが、プロパーローンはこの保証を必要とせず、融資を行う金融機関がすべてのリスクを負うのです。

そのため、融資を行うかどうかの審査基準は金融機関独自のものだけとなり、保証会社の審査基準は無関係となります。つまりどういうことかというと、保証会社の審査基準に引っ掛かって住宅ローンが通らないといった場合でも、プロパーローンであれば審査に通る可能性が高くなるのです。

もちろん、「審査が甘い」という意味ではなく、あくまで「独自の審査基準がある」ということではありますが、間口が広がる可能性は十分あるということですよね。

ただし、保証会社を必要としない代わりに保証人や連帯保証人を立てなければいけないという条件があります。また、金利も高めに設定されていることが多いため、必ずしもメリットばかりとはいえません。取り扱っている金融機関も多くはないので、利用を考える際にはあらかじめしっかりと下調べが必要です。

フリーローンを使う

フリーローンとは、使用目的が基本的に自由なローンです。地方銀行や信用金庫のほか、大手銀行でも用意しているところは多いため、使い勝手がいいといえるでしょう。担保や保証人も不要というものがほとんどです。

その分、融資を受けられる上限額は住宅ローンなどと比べて低いなどの特徴もありますが、解体工事ではそこまで高額になることは少ないため、フリーローンでも十分対応できるといえます。

空き家解体ローンを使う

先述した通り、空き家の増加は社会問題となっています。こういった現状を踏まえて、全国各地の自治体から空き家問題解消・地方創生の要請を受けて、さまざまな金融機関で「空き家解体ローン」という商品が取り扱われています。

名前の通り、空き家解体を目的に利用できるローンで、担保や保証人は不要かつ金利も非常に低めに設定されており、ローンとしてはかなりハードルが低いのが嬉しいところです。

細かい利用条件や金利、必要書類については各金融機関で大きく違いがあるため、あらかじめ調べておくといいでしょう。また、プロパーローンやフリーローンともよく比較しながら検討したいですね。

まとめ

空き家を放置しておくことは、環境面や安全面においてとても問題点が多いのですね。いざ解体を考える際には、さまざまなローンの選択肢があります。いろいろ比較検討して、最適なものを選ぶようにしたいですね。

結局、解体費用っていくらかかるの?
今すぐ簡単30秒シミュレーションしよう!

  • 解体工事の費用が、簡単な情報を入力するだけで即わかる
  • 最後まで完全無料、しつこい電話営業も一切なし
  • 詳しい見積もりも、物件の写真を追加で送るだけで、現場立ち合いの必要なし
タイトルとURLをコピーしました