実家の取り壊し費用について|安く抑える方法や補助金制度も紹介

解体工事の費用について

実家の取り壊しは早めに判断しよう

両親が亡くなった後などに、生まれ育った実家を取り壊す必要に迫られることがあります。

「思い出の詰まった実家を取り壊すのは寂しい」という思いを抱く方もいますが、それと同時に「何から手をつければ良いのか分からない」「費用がかさんだらどうしよう」などと、不安な気持ちが押し寄せることでしょう。

とはいえ、実際に実家を空き家になったまま長期間放置すると、維持費がかさんでしまいます。さらに、建物の倒壊や、泥棒などの犯罪のリスクもあります。そのため、実家の取り壊しはできるだけ早く判断したいところです。

この記事では、実家の取り壊しに必要な費用などについて紹介していきます。実家の処理に困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

実家の取り壊し費用について4つ

家屋の解体費用は、高額となるケースが多い傾向にあるでしょう。また、正しい知識がないまま業者に解体を依頼し、実行してしまうと、必要以上の金額を払うことになってしまうこともあります。

実家の解体費用をできるだけ安く抑えるために、まずは取り壊しに必要な費用について理解していきましょう。 ここからは、実家の取り壊しにかかる費用について、4つの項目に分けて紹介していきます。

これから実家の解体をしようと考えている方は、以下の内容をみながら、費用をイメージしてみてください。

1:取り壊し費用の内訳

まずは、解体費用の内訳です。高額となることの多い取り壊し費用ですが、その内訳は、重機の費用や取り壊し時の仮囲い、防水パネル、人件費などです。解体に使う物品費用だけでなく、事務手数料など諸々の手続きなどにも費用がかかります。

2:坪単価は常に同じではない

取り壊し費用は坪単価で計算されます。そして、この坪単価は常に同じ額とは限りません。安ければ2万円程度で、高いと4万円程度になります。

坪単価は、家屋の基礎構造によって決まります。頑丈な鉄筋コンクリート造の家屋は、木造家屋よりも解体費用が高くなります。つまり、実家の作りが木造であるのか、それとも鉄骨造や鉄筋コンクリート造であるのかで坪単価が変わってくるのです。

3:取り壊し費用が高くなる要因

できるだけ安く実家の取り壊しを進めたいものですが、どうしても取り壊し費用が高くなってしまう場合があります。ここからは、取り壊し費用が高くなる要因を紹介していきます。実家にあてはまる状況がないか、チェックしてみてください。

家屋の基礎構造

先にお伝えしたように、解体費用の坪単価は同じとは限りません。解体費用は家屋の基礎構造によって異なり、木造家屋よりも鉄筋コンクリート造など頑丈な構造の家屋が、費用が高くなる傾向にあります。実家の構造がどのようなものなのか、事前に調べておきましょう。

重機が入れず工期が長引く

家屋によっては、狭い道路の先にあり、大きな重機が入れないものもあります。重機が入れない場所にある家屋に対しては、人の手やチェーンソーなどによる手壊し解体が行われますが、重機に比べると威力が弱いため、どうしても時間がかかってしまいます。

時間がかかると人件費がかさむため、取り壊しにかかる費用もかさんでいきます。このような理由から、重機が入れず工期が長引く場合にも、取り壊し費用が高くなるのです。

4:固定資産税に注意

実家の取り壊しを行って家屋がなくなり、空き地になると、固定資産税特例措置を受けられなくなります。解体によって税率が変わるため、現在払っている固定資産税の金額より、高い額を払わなければならなくなるのです。

解体にかかる直接の費用以外で、このような出費も考えられるため、注意が必要です。

実家の取り壊し工事での6つの補助金制度について

自治体の補助金制度を活用すれば、実家の取り壊し作業を安くおさえることも可能です。

では、取り壊し費用に関する補助金制度には、どのようなものがあるでしょうか。ここからは、実家の取り壊し工事に使える6つの補助金制度について紹介していきます。補助金制度を使って実家の取り壊し費用を節約したい方は、以下の内容を参考にしてください。

1:税金の滞納がない

実家の取り壊しには、それまでの税金の支払い状況が関係しています。これまでに税金の滞納があった場合には、補助金を受け取ることはできません。税金の滞納がないということが、補助金制度の対象であることの条件となります。

2:新築を建てるための取り壊しでない

補助金制度を受けるには、家屋の解体理由が新築を建てるための取り壊しでないという条件もあります。つまり、実家の跡地に新築で家を建てる場合などは補助金制度を利用できません。

3:老朽家屋である

実家が老朽家屋である場合、建物の破損や建物が倒れることにより、人的被害が起こることがあります。このような状況の古い家屋は、補助金制度を受けられる可能性があるでしょう。

4:耐震診断補助

耐震基準制度が変更された昭和56年以前の建物である場合、災害による倒壊の可能性があるでしょう。そのため、家屋の強度を調べる耐震診断に対して補助金が出る自治体もあります。

5:アスベストの補助

アスベストは吸引することで健康被害が及ぶ可能性があります。古い建造物の一部にアスベストが使われている場合は、アスベストの補助制度を自治体から受けることができます。

6:特別控除や減税措置

家屋を取り壊してから敷地を売った場合に、特別控除や減税措置を受けることができます。しかし、特別控除や減税措置を受けるためには期限や該当の敷地を貸していないといった条件もあるため、注意が必要です

実家の取り壊しで近隣住民とトラブルにならないために

実家の取り壊しをする際に、近隣住民とトラブルになることもあります。取り壊しをする際の騒音や振動などが原因で、近隣住民からクレームが寄せられることがあるのです。

しかし、適切な対応や気配りをすれば、トラブルを避けることもできるでしょう。ここからは、実家の取り壊しで近隣住民とトラブルにならないための方法をまとめていきます。先手を打って対応し、近隣住民とのトラブルを回避しましょう。

ご近所へ挨拶をする

解体作業が始まる前に、ご近所へ挨拶をするようにしましょう。「〇日に取り壊しを行います」という事実をお知らせするのと同時に、「騒音等でご迷惑をおかけします」と伝えます。

また、場合によっては業者の方に一緒に挨拶に行ってもらうと良いでしょう。現場に出入りする方の顔が見えることで、近隣住民の不安が緩和されます。

事前に一言あるのとないのとでは大違いです。近隣住民の方には工事期間にストレスを与えてしまうため、少しでも心象が良くなる努力をしましょう。

挨拶状や手土産を用意する

ご近所へ挨拶をすることに加え、手土産を持参したり、不在に備えて挨拶状を用意したりすることをおすすめします。

挨拶状の内容に関しては、解体工事の日時や場所、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」といった内容を書くと良いでしょう。

実家の取り壊し費用を抑える方法3つ

先に紹介した補助金制度などを活用しても、取り壊し費用が高額となることがあります。ここからは、実家の取り壊し費用を抑える方法を3つご紹介します。「少しでも取り壊し費用を安く済ませたい」という方は、以下の内容を参考にしてみてください。

1:複数の業者から見積もりをとる

実家の取り壊し費用を安く抑えるためには、複数の業者から見積もりをとることがおすすめです。複数の見積もりを比較することで、解体にかかる費用の相場が分かり、法外に高い見積もりを提示してくる悪徳業者を避けることもできるでしょう。

2:家財処分は自分で行う

取り壊しをしたい実家の内部に、家財道具が残っている場合もあります。家財道具の処分に業者を利用するという方法もありますが、業者を手配すると費用が高くなってしまいます。そのため、家財処分は自分で行うと費用を抑えられるでしょう。

3:ハウスメーカーを通さない

家屋の解体をハウスメーカーを通して依頼すると、費用が高額になることがよくあります。これは手数料や仲介料がハウスメーカーに支払われるためです。

ハウスメーカーを通せば業者とのトラブルを回避できるといったメリットもありますが、「壊すものに高額な費用を払うのはもったいない」と考える方もいることでしょう。

取り壊し費用を安く抑えたい場合には、ハウスメーカーを通さずに直接業者に依頼することがおすすめです。また、直接業者に取り壊しを依頼すると、業者に要望を伝えやすいというメリットもあります。

実家の取り壊しの際は費用について理解し信頼できる業者を選ぼう

ここまで、実家の取り壊し費用について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

実家の取り壊し費用の内訳には、重機にかかる費用などがありました。また、取り壊し費用が高額になる理由としては、家屋の基礎構造や現場に重機が入れないことが挙げられます。

そして、実家の取り壊し費用を安く抑えるための工夫についてもお伝えしました。自治体による補助金制度を利用すれば、解体費用を抑えることが可能です。

この記事で紹介してきた通り、工夫次第で解体費用を抑えることはできますが、解体費用に関して知識がないと、悪徳業者につけこまれて必要以上の費用を払ってしまうことなどが懸念されます。記事を参考にしながら解体費用について理解し、信頼できる解体業者を選びましょう。

解体工事って何だか難しそう…
色々な業者から営業電話がかかってくるんじゃない?
追加費用を請求されるんじゃない?
解体工事が始めてでも大丈夫かな?

  • 逆オークション制により、解体工事費用がどんどん安くなる!
  • 相場と最安値を比較して、自分で業者を選定できる
  • 現場の立ち合いなしで、詳しい見積もりが出せる
かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました