コインランドリー経営とは?初期費用や収益性、成功させるポイントを紹介

解体工事

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

解体工事後の土地活用の方法として、手間やコストをかけずに始められる「コインランドリー経営」という方法があります。

コインランドリー経営はアパート経営などのような方法と異なり、手間やコストをかけずに始めることができます。

コインランドリー経営では洗濯や乾燥などのランドリーサービスを提供することで収益を得る経営です。共働き世帯が増えているという背景もあり、コインランドリーの需要が高くなってきているという考えもあるようです。

この記事では、コインランドリー経営を始めようか検討している人に向けて、かかる初期費用や収益性、メリットやデメリットなどについて解説していきます。コインランドリー経営を始める際に知っておくべき内容を一通り知ることができるため、ぜひご覧ください。

▼この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

収入源を増やせる遊休地の活用方法22選!始める際のポイントも紹介
遊休地活用によって使われていない土地を活用して収益を得ることができます。遊休地の活用方法は多様です。この記事では遊休地を活用する方法を、土地の特徴ごとに分けてそれぞれご紹介します。遊休地を活用する際に気を付けるべきポイントについてもご説明...

コインランドリー経営とは?

コインランドリー経営では、コインランドリーのオーナーになりコインランドリーを経営することでお金を得ます。現在コインランドリー市場は成長していますが、同時に参入する人が増えているため、競争が激化しています。

コインランドリーの初期投資

コインランドリーを経営する場合、初期投資はどれくらいかかるのか見てみましょう。コインランドリーには小型店舗もあれば大型店舗もありますが、店舗の大きさによって初期投資にも違いが出てきます。

大型店舗の場合

大型店舗のコインランドリーは、100~200坪の土地に約50坪の店舗を建てることが多いです。これはコンビニと同じくらいの大きさになります。

自分の所有する土地に建物を建ててコインランドリーを経営する場合は、総額で5,000~6,000万円くらいの初期費用が必要です。

初期費用には、建築費・洗濯機・乾燥機・駐車場などの外構工事費・看板工事費・給排水工事費・内装仕上げ工事費などがあります。

50坪の大型店舗にかかる初期投資の例

建築費2,000万円(40万円×50坪)
洗濯機・乾燥機約2,200~2,800万円(洗濯機5台・洗濯乾燥機2台・乾燥機10台くらい)
内装・看板・給排水工事費用など 約800~1,200万円
合計 約5,000~6,000万円

小型店舗の場合

小型店舗は、マンションの1階などに15坪程度の店舗をつくることが多くあります。建物を賃貸してコインランドリー経営を始める場合は、設備費用や内装工事などで2,200~3,000万円くらいかかります。

その他に店舗を借りるための契約締結にも費用がかかります。店舗の賃貸借契約にかかる費用は地域によって異なりますが、保証金・礼金・仲介手数料・前家賃などがあり、これらを合わせると最低でも月額家賃の6カ月分が必要です。

15坪の小型店舗にかかる初期投資の例

洗濯機・乾燥機など約1,400~2,000万円(洗濯機3~4台・乾燥機7~8台くらい
内装・看板・給排水工事費用など約800~1,000万円
賃貸借契約の費用(保証金・礼金・仲介手数料・前家賃)家賃の6カ月分以上
合計約2,200~3,000万円+賃貸借契約の費用

フランチャイズで経営する場合はこの他に加盟金・販促費用・研修費用などが必要になります。

洗濯・乾燥機器代

コインランドリー経営の初期費用で最も多くの費用がかかるのは洗濯機・乾燥機・洗濯乾燥機などの機器代です。

大型のドラム缶型の洗濯乾燥機などは、1台でかなりの費用がかかってきます。1台につき次のような費用がかかります。

洗濯機(縦型の渦巻式):15万~30万円

洗濯機(横型のドラム式):50万~200万円くらい

乾燥機:80万~100万円くらい

洗濯乾燥機:200~300万円くらい

コインランドリー経営の維持費用と収益性

コインランドリーにかかる維持費用を確認しながら収益性について見ていきましょう。維持費用や収益性は店舗の規模によって異なります。小型店舗と大型店舗の維持費用と収益性は次のようになります。

小型店舗

収益15~55万円
売上40~80万円くらい
水道光熱費売上の20~25%
家賃(固定資産税)物件による
人件費3~5万円くらい
雑費1~2万円

大型店舗

収益30~100万円
売上60~150万円くらい
水道光熱費売上の20~25%
家賃(固定資産税)物件による
人件費3~5万円くらい
雑費2~3万円

維持費用には水道光熱費や保険料、固定資産税などがあります。洗濯機などの設備をローンで購入したりリース用品を借りたりしている場合は、さらに追加で費用がかかります。フランチャイズの店舗を経営する場合は、さらにフランチャイズ料がかかる場合もあります。売上からこのような維持費用を引いたものが収益になります。

初期費用を回収できるまでの年数

コインランドリー経営が軌道に乗ると、小型店舗と大型店舗どちらの場合も10年くらいで初期費用を回収できます。

コインランドリーが周辺の住民に認知されて経営が軌道に乗るまでには、1~2年かかります。そのため初期費用を回収するまでにはトータルで11~12年くらいかかります。

利回り

コインランドリーの利回りについて見ていきます。利回りとは、収益性を表す指標です。実際の収益性を知ることができる「実質利回り」は次のように計算できます。

実質利回り=(売上-経費)÷初期投資×100

たとえば、土地を所有している場合で、年間の売上から経費を差し引いた収益が400万円で、初期投資が5,000万円である場合は、実質利回りは8%ということになります。人気のコインランドリーであればこれ以上の利回りになることもあります。

収益性の予測は難しい

アパート経営であれば「このあたりの家賃の相場から考えると、収益はこれくらいだろう」というように収益を予測しやすいのですが、これに対してコインランドリー経営の収益を予測することはとても難しいのです。「このあたりの地域であれば必ずこれくらいの収益が得られる」とは言い切れません。

コインランドリー経営は地道なビジネス

コインランドリー経営は、アパート経営などと比べて売上の規模が小さく、経費もあまりかからず少額で済みます。コインランドリー経営は「薄利多売」のコツコツと稼いでいくビジネスです。

コインランドリー経営ができない土地もある

計画的な街づくりのために、土地の利用用途には決まりがあります。都市の大部分のエリアには、都市計画法で「用途地域」が定められています。その中の「第一種低層住居専用地域」という地域には、基本的にコインランドリーを建てることができません。

その他にも、「第一種中高層住居専用地域」や「第一種住居地域」などでも建てるコインランドリーの面積が制限される場合があります。

コインランドリーの規制は自治体によって異なります。そのためコインランドリーを建てる土地の規制について知っておく必要があります。コインランドリーを建てる土地の規制について知りたい場合は、市区町村役場に問い合わせて確認してみてください。

▼この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

家屋を解体して駐車場にする方法を紹介!節税、土地活用の基礎知識と準備について
空き家を解体などをした後、更地になった土地の活用法は色々ありますよね。新しく家を立てたり、土地を売ったりすることもあります。そんな更地の活用法のひとつに駐車場にするという選択肢もあります。「土地を活用できて、儲けも...

コインランドリー経営で集客しやすい立地

コインランドリー経営はどのような場所で始めるべきなのでしょうか。集客しやすいコインランドリー経営を始めるのにおすすめの立地について確認しておきましょう。利用者が多く見込めて儲かりやすいのは、次のような場所です。

世帯数が多い

そのため働く世代が多く住む住宅街や、アパートやマンションが多く建っている土地は、世帯数が多いということになります。最近のコインランドリーはファミリー層も多く利用するため、単身者用のアパートやマンションにこだわって考える必要はありません。

これまでのコインランドリー経営では単身者の利用客を狙うことが推奨されていました。しかしコインランドリーの利用者層は変化しつつあります。最近では、主婦をはじめとしたファミリー層の利用客を狙った方が利用者の増加につながります。

時間をつぶせる場所がある

洗濯が終わるまでの間、買い物などをして時間がつぶせるような場所が適しています。

スーパーやコンビニ、本屋など、コインランドリーで洗濯している間に時間をつぶせる施設が近くにあると、利用されやすくなります。最近は大型商業施設の駐車場の一角に店舗を構えるコインランドリーも増えています。このようなコインランドリーであれば、洗濯しに来たついでに大型商業施設に寄ることができます。

駐車場がある

車で来店する利用客のことを考えて、近くに駐車場がある土地を選びましょう。布団やカーペットなどの大きなものを洗濯するために、車でコインランドリーへ来る人が多くいます。そのため、近くに車を駐車できるスペースがないと、利用しにくいと感じられ、利用客が減ってしまいます。近くに競合するコインランドリーがなく、遠くから来る利用客も見込める場合などは、広い駐車場を確保できるような土地を探すと、より多くの利用者に来てもらえます。

一方、駅の近くや都市部などの単身者向けや観光地の旅行者向けのコインランドリーであれば、駐車場が必要ないケースもあります。

コインランドリー経営のメリット3つ

コインランドリー経営には手間やコストがかからないなど、さまざまなメリットがあります。コインランドリー経営にあるメリットを3つ紹介します。

管理の手間や人件費がかからない

コインランドリーは利用者がセルフサービスで利用することになります。そのため、基本的に無人で運営することができます。運営において、清掃や集金、釣銭の補充をするくらいで済みます。

人件費は最小限に抑えられます。人を雇わずに個人経営で自ら管理を行うことも可能であるため、この場合は人件費がかかりません。

利用者からの問い合わせに提携企業が対応してくれるサービスもあります。このようなサービスを利用すれば、利用者からの問い合わせにオーナーが対応する手間もかからなくなります。

少ない初期投資で始められる

コインランドリー経営は、空き店舗などを活用することもできます。このような方法でコインランドリー経営を始めれば、アパート経営に比べて少ない初期投資で始めることが可能です。

ただし建物を建てて最新設備を揃える場合は、アパートを建てるのと同じくらいの初期投資がかかるケースもあります。

安定した収益が得られる

コインランドリー経営は、固定客がつけば定期的に利用してもらえるため、安定した収益が得られます。洗濯は生活に必要不可欠であるため、景気に左右されることがありません。

コインランドリー経営のデメリット3つ

さまざまなメリットのあるコインランドリー経営ですが、デメリットもあります。コインランドリー経営を始めるか検討しているのであれば、デメリットについても知った上で検討するべきです。コインランドリー経営にあるデメリットを3つ紹介します。

高い収益は得られない

コインランドリー経営は、軌道に乗るまでに1年以上かかります。また利用客1人あたりのコインランドリー利用金額は1,000円前後で、客単価が安いです。そのため軌道に乗っても、大きく儲けるのは難しいのです。コインランドリー経営では、コツコツと地道に稼いでいかなければなりません。

ライバル店ができると打撃を受けることがある

近くにライバル店ができると、利用客が減ってしまう可能性があります。そのためコインランドリー経営を始めるときの市場調査で十分な集客が見込めたとしても、それがずっと続くとは限りません。

アパート経営の場合は、近くに競合アパートができたからといって簡単に引っ越しできるわけではないため、急に打撃を受けることはありません。これに対して、コインランドリーの利用客は、簡単に乗り換えることができてしまいます。

融資を受けにくい

コインランドリー経営の初期投資を全て自己資金で準備できることは珍しく、一般的に金融機関の融資を利用することになります。

しかしコインランドリーへの融資実績が乏しい金融機関が多いため、好条件で借りにくいことがあります。

そのためコインランドリーのための融資を受ける際は、金融機関を納得させるために、綿密な事業計画書を準備して提出する必要があります。

コインランドリー経営の方法3つ

コインランドリー経営を行う方法には、3つの方法があります。それぞれの方法によって特徴やメリット、デメリットが異なります。それぞれの方法について知った上で、自分に適した方法を選びましょう。

自分で経営する方法

コインランドリーを自分で経営する方法には、オリジナリティを出しやすく、ライバル店と差別化しやすいというメリットがあります。

自分で直接経営する場合は、店舗のレイアウト・資金計画・設備選び・施工企業選び・開業準備まで全て自分で行うことになります。

といってもすべて自分一人で考えなくてはならないわけではなく、コインランドリーの設備を扱っている企業にレイアウトや導入設備などについて相談しながら進めることも可能です。

しかしフランチャイズに加盟して経営する方法のように幅広くサポートしてもらえるわけではなく、大手の知名度を借りることもできないためあまり集客が見込めません。

この方法は、時間に余裕があり、オリジナリティのある店舗を作って自由に経営したい人に向いています。

フランチャイズに加盟して経営する方法

フランチャイズに加盟して経営する方法では、開店準備から稼働後の売上管理まで幅広くサポートしてもらえます。

加盟金やロイヤリティは発生しますが、大手であれば知名度もあるためより多くの集客が見込めます。

ただし導入する設備やサービス内容の面で、自由度に制限があります。そのためオリジナリティは出しにくくなってしまいます。

この方法は自由度よりも手間をかけずにコインランドリー経営を行うことを優先したい人に向いています。

土地をコインランドリー専門企業に貸す方法

コインランドリーの専門企業に土地を貸し出して、コインランドリーの建設から経営まですべて任せるという方法もあります。

この方法であれば手間もコストもかからず、経営が失敗するリスクもほとんどありません。しかし収益性は低くなってしまいます。

この方法は、長期的に土地を活用したい人や、収益性にこだわらない人に向いています。

コインランドリー経営を始めるまでのステップ3つ

コインランドリー経営を始めるまでの流れについても確認しておきましょう。コインランドリー経営を始めるまでの流れを3つのステップに分けて説明していきます。

コインランドリー企業やフランチャイズ本部に相談する

コインランドリー経営を始める際には、コインランドリー機器を購入したり、立地を調査したり、経営プランを立てたり、様々な準備が必要です。

このような準備は自分だけで行うことも可能ですが、多くの人はコインランドリー企業やフランチャイズ本部に相談して始めています。迷ったら、土地活用企業やコインランドリー企業、フランチャイズ本部に相談してみるのがおすすめです。

市場調査をする

コインランドリー経営を行う予定の土地で市場調査を行いましょう。先ほど紹介した「コインランドリー経営で集客しやすい立地」を参考に、いくつかの土地で市場調査を行いながら、コインランドリー経営を行う土地を選定してみてください。

開業を届け出る

店を開業する場合は、保健所へ届け出る必要があります。コインランドリーの場合は「コインオペレーションクリーニング営業施設開設届け」という書類を提出します。その他に「構造設備の概要」や「洗濯機などの配置図」などの書類も提出しなければなりません。このような届け出はコインランドリー企業やフランチャイズ本部に委託することも可能です。

▼この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

トランクルーム経営とは?|経営できる土地や始めるまでの流れなどを解説
解体工事後の土地活用の方法として、「トランクルーム経営」という方法が増えています。トランクルーム経営は、コンテナハウスを設置して、その中のスペースを貸し出して行う事業です。トランクルーム経営は、アパート経営などに向いていない土地で...

コインランドリー経営を成功させるポイント6つ

コインランドリー経営は、アパート経営などと異なり気軽に始められるイメージがありますが、よく考えずに始めると失敗してしまうこともあります。そこでコインランドリー経営を成功させるためのポイントを6つ紹介します。失敗することがないよう、これらのポイントに気をつけてコインランドリー経営に取り組みましょう。

立地を見極める

立地はコインランドリー経営の成功を決める重要なポイントです。十分な集客が望める立地か、長期的に安定した収益を得られるのか、慎重にリサーチしておきましょう。

コインランドリーの専門事業者に依頼して、世帯数やライバル店の状況など市場分析を行ってもらうことも可能です。

ただしコインランドリー市場では新規参入が増えているため、現状ライバル店が少なくても、将来ライバル店が増える可能性があることも意識しておく必要があります。

導入する設備を見極める

初期費用を抑えようと性能が高くない設備を選ぶと、洗浄力が低かったり、乾燥時間が長かったりして、固定客がつかなくなってしまいます。壊れにくいことも重要です。壊れやすいと修理費用がかかるだけでなく、修理中に機会を損し、利用できなかった利用客がライバル店に流れてしまうこともあります。設備のランクや補償内容までしっかり見極めましょう。

コインランドリーの設備には、主に洗濯機・乾燥機・洗濯乾燥機があります。10kg程度の小型機・一番需要のある15~18kg程度の中型機・20kg以上の大型機をそれぞれ何台ずつ設置するのかが重要なポイントです。

コインランドリーに必要な台数をバランスよくそろえることで稼働率がアップします。機械の台数が多すぎても稼働しなければ無駄になってしまいます。しかし機械の台数が少なすぎると待ち時間が長くなり不便な印象を持たれてリピーターが増えません。

導入する設備を選ぶ際は、しっかりとニーズを調査してから選びましょう。スニーカー専用の洗濯機や、ペット用品専用の洗濯機など、様々な種類があります。コインランドリー設備の専門企業や、フランチャイズの加盟店などと相談しながら選ぶのがおすすめです。

ファミリーの多い住宅街にあるコインランドリーであれば、布団などに対応した大型洗濯機の台数を増やすのがおすすめです。単身者の多いアパートが近くにある場合は、小型機の台数を増やしましょう。

建物と駐車場のバランスを見極める

駐車場の広さや配置もコインランドリー経営の成功に関わるポイントです。どのような利用者がどのように来店するのか市場調査をして、建物と駐車場のバランスを見極めましょう。

駐車場の配置はコインランドリーの使いやすさに大きく影響します。重い洗濯物や大量の洗濯物を持ち込む利用客は、駐車場からコインランドリーまでが遠いと来店しません。

コインランドリーに広い駐車場が必須とは限りません。単身者や旅行客が多く利用する場合は、駐車場が必要ない場合も多いです。車を利用しない利用客にとっては、駐車場がない方がすぐにコインランドリー店舗の中へ入ることができます。

ライバル店と差別化する

近くにライバル店が増えても負けないように、ライバル店と差別化をする必要があります。

他の店舗にないような付加価値をつけることで、ライバル店よりも人気を獲得できるようになります。洗濯や乾燥のサービス自体に大きな差がなくても、付加価値をつけることでリピーターの獲得につながります。

ここで差別化のアイデアをいくつかあげます。

女性客をターゲットとしたおしゃれで清潔感のある店舗にする

監視カメラなどでセキュリティ対策をして安心して来店できる店舗にする

洗濯終了時にメールで知らせるサービスをつくる

キャッシュレス決済を導入する

お得なプリペイドカードをつくる

無料WiFiを設置する

カフェスペースを併設する

このように付加価値をつけて固定客を取り込むために工夫することが重要です。人気の店舗はさまざまなサービスを提供しています。

ニーズに合わせたアイデアを取り入れるのがおすすめです。フランチャイズの場合は一定の制約があるため、自分で直接経営する方がオリジナリティを出しやすくなります。

放置しない

コインランドリーは無人でも経営することは可能ですが、完全に放置してよいというわけではありません。「何もしなくていい」と思って放置していると、ライバル店が増えたときに利用客をとられてしまいます。

コインランドリーは衣類を扱うため、ゴミや糸くずが床に落ちてしまうことがあります。利用客に飲み終わったペットボトルを放置されてしまうことも珍しくありません。

ゴミがあっても利用することはできるかもしれませんが、コインランドリーの雰囲気が悪くなってしまいます。

いつでもきちんと清掃が行き届いている状態にすることで、利用客からよいイメージをもってもらえるようになり、固定客がつきます。

忘れ物やクレーム対応をフランチャイズのコールセンターに任せることもできますが、その場にスタッフがいると手続きがスムーズになり対面で丁寧に対応できるため好印象を与えられます。

ある程度の手間をかけて、利用者にとって居心地のよい環境を整備することで、ライバル店による悪影響を受けずにリピーターが来店しやすい店づくりができます。

店舗や施設などと併設する

他の店舗や施設などと併設するという工夫は、利用客の確保に効果的です。コインランドリーで洗濯が仕上がるまでの時間を活用して買い物など他のことをしたいと考える利用客は多くいます。併設してあれば店舗や施設へすぐにアクセスできます。

ここで店舗や施設などと併設するアイデアを紹介します。

スーパーやコンビニとの併設

レストランやカフェなどの飲食店との併設

ボルダリングやアスレチック施設との併設

クリーニング店や服のお直し店などとの併設

このように店舗や施設などと併設することで、他のビジネスとの相乗効果を得ることができ、お互いの店舗にとって良い効果が得られます。

まとめ

コインランドリー経営はアパート経営などの方法と異なり、手間やコストをかけずに始めることができます。コインランドリー経営ではランドリーサービスを提供することで収益を得ます。手間やコストがかからないなどのメリットが魅力です。

初期費用や収益性、メリットやデメリットなどについて知った上で、コインランドリー経営を始めるか決めましょう。

コインランドリー経営を始める際は、この記事で紹介した成功させるポイントなどを参考にして取り組んでみてください。

▼この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

空き地のおすすめ活用方法15選|放置するデメリットや確認することを紹介
相続等で土地を取得したが、税金負担ばかりで困るという方も多いでしょう。人口減少や産業構造の変化で土地の需要も変化しています。インターネットの普及もあり、田舎でテレワークをする例も増えてきました。土地活用のポイントや放置するデメリットについてご紹介します。

こんなお悩みありませんか?
解体工事ってなんだか難しそう…
結局いくらかかるの?
どうやって工事会社を選べばいい?

  • 業者に個人情報が伝わらないで30秒シミュレーションが可能!
  • ユーザー満足度95%でNo.1。厳選された全国工事会社1,000社のみだから安心!
  • 解体工事以外の相続・不用品・土地活用なども全て無料でご相談可能

ご希望の方には専任のオペレーターが解体工事後まで徹底サポートします。しつこい営業電話いっさいなし。

かんたん30秒
その場で価格が分かる簡易見積りシミュレーション
お客様満足度No.1
価格で選ぶならココだNo.1

解体を検討している建物はどれですか?

タイトルとURLをコピーしました